******************《水彩画教室のご案内》*****************
実家の喫茶店の空き日(水曜・金曜・日曜)を利用して、水彩画教室をやっています。 初心者から経験者まで各々に見合った指導をいたします。水戸市内又は近辺の方で 水彩画を描いてみたいと云う方は是非どうぞ!! 詳しくはこちらをご覧下さい。→《水彩画教室

2022年04月12日

JWS 透明水レシピ5

第11回日本透明水彩会展はお陰様を持ちまして終了いたしました。
お忙しい中、会場に足を運んで下さいました皆様、ありがとうございました!
今回、会場でも先行販売されていましたJWSの「透明水彩レシピ5」がアマゾンの西洋画部門でベストセラー1位となりました!
メンバーそれぞれの新作とこだわりの画材が紹介されております。
また、紙、絵具、筆などの基本的な知識や選び方なども満載!
面白くて隅から隅まで読んでしまいました<img src=" width="16" height="16" />

私は水彩紙コーナーの執筆を担当しています。
ぜひお手に取ってご覧ください!!<img src=" width="16" height="16" />




amazon_best.jpg



posted by Baian at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2022年04月05日

JWS展 明日から!

明日、4月6日(水)から4月12日(火)まで東京の丸善丸の内本店4階ギャラリーにて「第11回JWS日本透明水彩会展」が開催となります。
入口付近には人気の小品コーナーもございます。
こちらは即売となっておりますので、お目当ての作家さんの作品はお早めに!!
7日の午前11時からは電話で作品を購入もできるようになっています。
03-5288-8881まで、タイトルと作家名をお伝え下さい。
代表電話なので、ギャラリーへと繋いで下さいと一言お願い致します。
以下私の展示作品となります。

作品1 タイトル「雪どけの町 」 サイズ:35.0 × 49.5cm

藤枝しげと 雪どけの町.jpg

作品2 タイトル「遠い記憶 」 サイズ:45.5 × 30.5 cm

藤枝しげと 遠い記憶.jpg

小品1 タイトル「 新たな朝 」SMサイズ 額・マット付 22,000円(税込み)
藤枝しげと 小品1  新たな朝.JPG

小品2 タイトル「 春の日 」SMサイズ 額・マット付 22,000円(税込み)
藤枝しげと 小品2  春の日.JPG
posted by Baian at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年03月27日

コットン50%

少し前にコットン25%配合の「ファブリアーノ・ウォーターカラー」とコットン50%配合の「ファブリアーノ5」のコールドプレスで描いたえをUPしましたが、今度は「ファブリアーノ5」のラフ(荒目)です。
ファブリアーノの荒目はアルシュやウォータフォードの荒目よりさらに荒い凹凸な質感
コットン紙の描き心地を残しながらも、リフトや修正は楽な紙です。
表面強度もあり、マスキング液やマスキングテープも問題ありません。
コットン100%のアルティスティコと比べると濃い色の重ね塗りは下層の色が動いて濁りが出る場合があるので手早くやる必要があると感じました。

【春の裏筑波-旧筑波鉄道(現りんりんロード)より-】
紙:ファブリアーノ5 Rough/サイズ:21.5cm×30.0cm

春の裏筑波.JPG

桜は紙の白を残しながら空を塗って、後からピンク系で着色し、その後薄紫系で影色を付けています。
山や樹木に重なる部分はこちらで白を入れてます。
ガッシュのホワイトはハイライトなどによく使用しますが、後から色を重ねたい時はこちらの方が向いている気がします。
もう10年以上使ってますが、ドロドロしてきたら水を加えてもOKなのでなかなか無くなりません(笑)

Dr.Ph.Martin's ドクターマーチン ブリードプルーフホワイト 1オンスビン 29.5ml

414FXQ9KqnL._AC_SL1000_.jpg
posted by Baian at 15:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 画材

2022年03月21日

青系追加

固形のパレットに青系の色を追加した。
追加したということは泣く泣く削除した色もある訳ですが..。
以前から使っている絵具ですが、チューブを一々探すのが面倒なのでパレットに出しておくことにしました。
追加したのは以下の3色

@マンガニーズ・ブルー ノーバ(ホルベイン)
Aデルフト・ブルー(シュミンケ)
Bインディゴ(ウィンザー&ニュートン)

※クリックで拡大↓
new_color.png

@は明るい青だが青系にしては染み込まず後からリフトが容易に出来る絵具。スカッと抜けた青い空には便利だし、乾燥した後もリフトで柔らかなエッジが出しやすい。

Aはオランダの都市デルフトの陶器に使われた青。何とも言えない深みのある色合いでなかなか混合で出すのが難しい。ムラになりにくい色なので私は夜景などにもよく使う。

Bは草むらなどの濃淡を付ける時、最も暗い部分の彩色に有効。イエロー系との混色で鮮やかなグリーンから深く強いグリーンまで巾広く作ることが出来る。

風景を描く絵描きとしてはグリーンの絵具は2色しかパレットに入れてないので、他の絵描きさんよりは少ない方かもしれません。
それよりも黄やオレンジと青の混色で作るグリーンが好きだ。
さらに補色の赤や茶を加え、水加減の濃淡でバリエーションは無限に広がる。

※クリックで拡大↓
colorsample.JPG
posted by Baian at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 画材

2022年03月18日

第11回日本透明水彩会展のお知らせ

今年もまたこの季節がやってまいりました。
私の所属するJWS(日本透明水彩会)の本展が4月にあります。
例年より1週間ほど早い開催となります。

2022年4月6日(水)〜4月12日(火)、丸善・丸の内本店4階ギャラリーにてJWS 11回本展を開催いたします。会員の新作60点を展示致します。そしてJWS「透明水彩レシピ」第5弾を会場にて発売する予定です。今回は「画材」がテーマ!メンバー30名の愛用する画材やオススメの画材が満載。会場ではレシピ5に掲載された作品が各メンバー1点は展示されておりますので併せてご覧になって頂けると幸いです。
また会場入口には毎回人気の小品コーナーも設置。こちらは即売となっておりますのでお目当ての作家さんがいらっしゃいましたらお早めに!
2022_11会展dm1.jpg
2022_11会展dm2.jpg
posted by Baian at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2022年03月15日

コットン25%

前回に続き新しい紙を試しています。
ファブリアーノ社(日本代理店はクサカベ)から出ている
「ファブリアーノ・ウォーターカラー」という
セルロースパルプと25%のコットンを配合した水彩紙。

前回の「ファブリアーノ5」はコットン50%配合でしたが
それと比較するとやんわりウォッシュが紙の繊維に浸透するコットン紙の感じはほぼなく、紙の表面に溜まったウォッシュが徐々に乾燥していく感じと申しましょうか、ま〜パルプ寄りの感じだと思います。
価格がファブリアーノ5の半値なので仕方ないかなとは思います。
紙質は白く、発色は良いです。


【瓜連の小径】
紙:ファブリアーノ・ウォーターカラー Cold Press/サイズ:23.0cm×31.0cm
瓜連の小径.jpg
posted by Baian at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2022年02月28日

春の陽気

昨日辺りから昼間はかなり春らしさを感じられる様になりました。
偕楽園の梅も一気に開花するかな?
このまま暖かくなって欲しい〜
なんせ灯油が自分の中で過去を振り返っても最高値なのは間違いなし
昼間暖房をせずにいられるだけでも随分と違うのです。

イタリアのファブリアーノから出ている水彩紙。
現在、日本ではコットン100%の「アルティスティコ・エキストラホワイト」とコットン50%配合の「ファブリアーノ5」、同じくコットン25%配合の「ファブリアーノ・ウォーター」が代理店のクサカベから出ています。
私が好きなコットン100%の「アルティスティコ・トラディショナルホワイト」は取り扱いがない様です。

以前コットン50%配合の製品は「クラシコ5」は「ファブリアーノ5」に名称が変わったみたいです。
今回荒目と中目のサンプル紙が手に入ったので描いてみました。
アレ? 前のクラシコ5とは色が違うかも〜
真っ白に近いですね、コレは!
ちなみに荒目と中目ではエンボスの風合いがけっこう異なります。

描き心地は悪くないですね。リフトも抜けるし、修正は容易です。
アルティスティコが徐々に絵具が紙の繊維に浸透していくのに対し、ある程度湿っている時間はありますが、それを過ぎるとあっという間に乾く感じ。
滲みやボカシはタイミングは少し難しく感じました。
リフトが抜ける紙にしては重ね塗りも安心して出来るので印象です・


【春の下小川】紙:ファブリアーノ5 Cold Press/サイズ:22.0cm×30.0cm
常陸大宮市(旧山形町)

春の下小川(久隆川).JPG
posted by Baian at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2022年02月25日

YAVA! 今月初投稿

YAVA!
「ヤバッ!」って曲がBABYMETALのナンバーにありますが
コロナが一向に収まる気配がないとか、
ロシアがウクライナに理不尽な侵攻をしたりとか、
色々世間ではヤバいことになっておりますね。
私事ではこのブログも今月何も投稿していなかった訳で
かなりヤバいことになっておりました(;´∀`)

ま、言い訳がましいですが急なお仕事が入ってしまい
まったく絵が描ける状態ではなかったのです。
下の作品は昨年教室のデモで描き掛けになっていたのを
仕上げてみました。

【白方の遊歩道より】東海村
紙:キリマンジャロ・ブライトホワイトCold Press/サイズ:25.5×33.5cm

白方の遊歩道より.JPG

ファブリアーノから出た新しい水彩紙を試すことが出来たので、
興味のある方はホームページの水彩紙レビューをご覧ください!
posted by Baian at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2022年01月17日

大島Pの水鳥たち

今年初めて大島公園を散歩。
12月に来た時より白鳥の数は43羽となり少し増えていました。
例年並みなのかな?

DSCF5830s.jpg

こちらはまだくちばしも黒く羽根がグレーな若い集団
1羽だけ大人の引率
DSCF5825s.jpg

カモ達
DSCF5836s.jpg

そしてこの公園の中にたった1羽だけいるアヒル君。
以前はもう少し数が居たと記憶していますが、現在はこの1羽だけになってしまいました。
他はみな渡り鳥なので、夏になるとこの子だけが残ります。
DSCF5834s.jpg

種族が違うのでいつも1羽で過ごしていますが、
今は他の水鳥もたくさんいて賑やかな時期。
はたして嬉しいのか迷惑なのか??

posted by Baian at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年01月06日

雪やこんこん

昼過ぎたくらいから白いものがぽつりぽつり

久々に雪が降ってきました。
昨年は雪を見た記憶がないので2年ぶりぐらいでしょうか。

DSCF5821s.jpg

DSCF5820s.jpg

積雪はないかな?と思っていたのに
このあと7〜8cm積もったので、Wifeは仕事場に車を置いて電車で帰宅。
仕方がないので駅まで迎えに行ったのですが、
実は私もノーマルタイヤ。
以前は冬になるとスタッドレスに履き替えてましたが、
もうタイヤが古く買い替えねばなりません。
この辺は1年に1〜2度降るか、まったく降らないかなので、
スタッドレスにしても溝をすり減らすばかりで買うのを躊躇してしまいます。
スキーはとうの昔に行かなくなってしまったし・・
ただ雪が降ったあとのロケハンはしたいしな〜
まぁ積雪が無くとも凍結した路面は恐いので備えをするに越したことはありませんね。


posted by Baian at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記