******************《水彩画教室のご案内》*****************
実家の喫茶店の空き日(水曜・金曜・日曜)を利用して、水彩画教室をやっています。 初心者から経験者まで各々に見合った指導をいたします。水戸市内又は近辺の方で 水彩画を描いてみたいと云う方は是非どうぞ!! 詳しくはこちらをご覧下さい。→《水彩画教室

2023年07月29日

小作品続きます

猛烈な暑さが続いております。
我が家は平屋なので、午後から夕方まではエアコン付けていても暑いです。
水分補給はこまめにせねば〜あせあせ(飛び散る汗)
当分小さなサイズの作品が続きます。

初めて行った「那須どうぶつ王国」
こちらは熱帯の森のコモンマーモセット。
オリもなく身近で自然な展示が面白かった。

〈見たな!〉
Common marmoset/Nasu Animal Kingdom
Watercolor / Sennelier C/P 15.2×21.5cm
見たな!_コモンマーモセット.JPG
posted by Baian at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2023年07月24日

微妙にサイズ変換

前々回UPしたR293から矢又川へ抜ける土手で見付けた家。ツタの絡まる木々と同化してる様だった。

ほぼA4サイズで描きました。
以前、紙メーカーさんからサンプルで頂いた9インチ×12インチ(22.9mm×30.5mm)のブロック紙がけっこう余っている。
四方7〜8mmマスキングテープを貼るとA4サイズに近い描画面になります。
完成後、マスキングテープを剥がして四方3mmくらいカットすると(カットしても3〜4mmの白い縁取りは残る)A4のクリアファイルに作品を保存出来るので、わずかですがサイズ変換して描いてみました。
額縁は「太子」288×378mmまたは「A3」297×420mmでマット調整でしょうか。

〈木に包まれた家〉
栃木県 那珂川市
Watercolor / Fabriano 5 Rough 21.5×29.5cm
木に包まれた家.JPG
posted by Baian at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2023年07月19日

鷲子田んぼ

先日、那須へ行く途中で昼食に立ち寄った美和の道の駅「北斗星」から国道293号を少し西へ行った辺りの景色。
常陸大宮市 鷲子(とりのこ)
こんな時期に田植えする苗もあるんですね〜

それにしても暑〜あせあせ(飛び散る汗)
しばらくは小さなサイズにラフタッチで短時間で描いてみようかなと思っております。

Rough Sketch〈七月の早苗〉
Torinoko HItachiOmiya City Ibaraki Japan
Watercolor / Fabriano Artistico C.P 19.5×26.5cm

rough-sketch_20230719_七月の早苗.JPG
posted by Baian at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2023年07月16日

矢又川

茨城から県境を越え栃木に入った辺り。
R293に沿って流れる全長5〜6kmの那珂川の支流。
夏の緑と川段のせせらぎが心地良い。
車で走ってるだけでは橋しか見えないので、歩いて降りてきてラッキー♪

〈矢又川のせせらぎ〉

Nakagawa City Tochigi Japan
Watercolor / Arches Rough 27.0×37.0cm
矢又川のせせらぎ.JPG

矢又川map.JPG
posted by Baian at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2023年07月06日

むらさめ

日光の山を背にした矢板の水田に通り雨。
湿った風が夏の匂いを運んで来る。

雨は予めマスキングしておいた箇所と
跡からデザインカッターでスクラッチした箇所があります。

〈青田の叢雨〉
栃木 矢板市
Watercolor /Waterford White C.P 39.5×30.5cm

青田の叢雨.JPG
posted by Baian at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2023年06月25日

偶には余所の国

日本の田舎風景ばかり続いたので、たまには海外の風景。
フランス マンシュ県、高速を降りてモン・サン・ミッシェルに向かう途中での一コマ。
看板の文字を見るとキャンプ場やホステルが立ち並んでいる様子。
手前はMenuの看板があるのでレストランでしょうか。

〈クルティルの田舎宿〉
Courtils Mance Normandy France
Watercolor/ Arches Rough 30.0×40.0cm

クルティルの田舎宿.JPG
posted by Baian at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2023年06月19日

真夏の畑

国道461号線沿い..以前に塩原に行く途中、車窓から見た大田原の田園風景。
緑の深い地として知られている地域。
時期は7月末、もっとも暑い頃でした。
背景の山...名前は知らないけど面白い形でした。
なぜか農道の交差点がスロープになっていたけど手前に用水路でもあったのかな?
畑の葉は先に畑全体にグリーンで濃淡を出しながら着彩し、後から土のラインをドライブラシで描き入れた。

〈蒼い田園〉
Ohtawara City Tochigi Japan
Watercolor / Arches Rough 27.0×37.0cm
蒼い田園.JPG
posted by Baian at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2023年06月17日

偶にはこんな題材

教室は今月は自由課題。生徒さんの持ってきたネタを描かせてもらった。
描き慣れないモチーフなのでちょいと手間取りました。
でも描いてみないと細かいところ分からないしね。
ガラスの器に入ったビー玉やおはじきの色が床に落ちる影にも溶け込んでいるのが涼しげですよね♪
ほんのりグリーンがかった白いアジサイも季節感漂いますが、幾重にも重なった小さな花びらは難しいな〜(^^;
いずれまたチャレンジしてみたい題材でした。

〈涼〉
Watercolor / Fabriano Artistico C.P 44.5×31.0cm
涼.JPG
posted by Baian at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2023年06月10日

梅雨入り

関東甲信も梅雨入りが発表されましたね。
ジメジメしたイヤ〜な季節と思われている方も多い事でしょう。
でも私はその跡の猛暑の方がもっと嫌い
今なら天気は悪くても絵はそれなりに描けますからね〜

今回の作品は幼少の頃、メダカを捕りに来たスポットのひとつ。
那珂市からひたちなか市にかけて流れている那珂川の支流「早戸川」
水戸に引っ越す前通っていた市毛小学校の裏手にも流れていました。
なんだかんだもう半世紀前の思い出ですよ。
護岸工事が進んで簡単には降りられなくなってしまいましたね。

〈早戸川の記憶〉
 Fabriano5 Rough 21.5×29.5cm
早戸川の記憶.JPG
posted by Baian at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2023年05月25日

耐光性

今月はやはり田んぼの作品ばかりになってしまった。
この時期じゃないと水への反映は見ることが出来ないので仕方ありません。


畔の手入れをする農夫。もう直ぐ手前の田植えが始まるのだろう

〈稲待つ水田〉
那珂市
Match Basic Color / Waterford White C.P 37.0×26.5cm
稲待つ水田.JPG


マッチ透明水彩絵の具(Basic Color)で4枚描いた。分かったのはどんなメーカーの絵の具を使ってもいつもの自分の絵になってしまうという事だろうか。
自分が画面におきたい色味に混色していくので、結果そうなってしまう。

マッチは発色、絵の具の伸びが良く、混色を繰り返しても濁りにくい。暗い色を混ぜれば彩度もきちんと落とせる。
使い勝手に問題は感じないが、マゼンタの退色が著しいとの実験結果をとあるサイトで見付けてしまった。
それ以外の色は大丈夫だと思いますが..。
カドミウムやコバルトなど使用せず環境に優しい顔料、人体に安全な絵の具作りがモットーのブランドなので堅牢度は高価な他社の絵具と比べるのは酷かもしれません。
そもそも染料系や蛍光色などのカラーは耐光性は低い傾向にあるので要注意です。

少し前までは外の野立て看板とかみると赤い色が抜けているのをよく見掛けましたね。とにかく赤いペイントは色抜けが顕著だった。最近はカッティングシートで看板を作る事が多いので以前ほどではないですが...。

趣味で描いている分には問題はないのですが、原画の販売や長期保存したいのであれば話は別です。日の当たる場所や蛍光灯に長時間晒される部屋に絵を飾ってもらって色抜けしてしまったら大変なことになります。
もちろん販売する作品にはUVカットのスプレーを施したり、UVカットのアクリルを使ったりの配慮は必要だと思いますが、厳しい耐光テストをクリアーした絵の具を使った方がいいに越したことはありませんね。
ホルベインとかはチューブに「*」の耐光性マークが1〜4個表示されています。
これを機に自分でも色々とテストしてみようかと思います。
posted by Baian at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩