******************《教室開講のご案内》*****************
実家の喫茶店の空き日(水曜・金曜)を利用して、水彩画教室をやっています。 初心者から経験者まで各々に見合った指導をいたします。水戸市内又は近辺の方で 水彩画を描いてみたいと云う方は是非どうぞ!! 詳しくはこちらをご覧下さい。→《水彩画教室

2022年07月27日

鷲子1

常陸大宮市 以前の美和村から栃木の那珂川町に向かって
国道293号線「常陸太田・那須烏山線」が走っているが、それに沿って流れる「緒川」あたりの田園風景が好きである。
最終的に御前山で那珂川と合流する小さな川だが所々架かる橋や段々畑、農業用の小屋、寄棟の民家など田舎風景のロケハンにはもってこいの場所である。
道の駅みわ 「北斗星」で食べる天ぷら蕎麦も楽しみの一つだ。

こ〜んな感じの風景が広がってます。
2018-07-30_12-17-06_s.jpg

2018-07-30_12-17-36_s.jpg

城壁の様な石垣が面白くて描いた1枚

〈鷲子の夏1〉
Fabriano5 C/P 22.0×30.5cm
鷲子_夏1.JPG
posted by Baian at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2022年07月23日

大暑&丑の日

戻り梅雨から一転、厳しい暑さが戻ってきました。
いよいよこれからが夏本番
本日は「大暑」で「土用の丑の日」
大暑は二十四節気の丁度中間
1年の中で最も暑い時期で
各地で打ち水が行われ涼を得るイベントが盛んらしい
今年は土用の期間に丑の日が2度あるとか!?
「二の丑」といって次は8月4日だそう。
鰻はもう何年も食べてないなぁ〜
せめてこんな絵で気分だけでも..。

〈鬼怒川の田舎料理屋〉
日光市
Waterford White C/P 30.8×39.5cm

鬼怒川の田舎料理屋.JPG
posted by Baian at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2022年07月16日

JWS17人展出品作

横浜 関内の「画廊楽」にて【JWS 17人展】が開催中です!
全部で110点以上の展示となっております。お近くのお越しの際はぜひお立ち寄りください!
2022年 7/11(月)〜7/17(日)11:00 - 18:00、最終日は16:00まで。
以下、私の出品作8点のうちの7点です。小品1点は写真撮り忘れ(^^;


〈水入れの時〉1F展示
水入れの時.jpg

〈雪の鳥居〉1F展示
yukinotorii.jpg

〈黄色い絨毯〉1F展示
黄色い絨毯.jpg

〈落 日〉1F展示
process04.jpg

〈初 雪〉2F展示
もず.jpg

〈いい湯だな♪〉2F展示
いい湯だな♪.jpg

〈霧の朝に〉2F展示
霧の朝に.jpg

posted by Baian at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2022年07月14日

シーサー

溶ける様な暑さが続いておりましたが、ここへ来て戻り梅雨なのか少しだけ過ごしやすい感じです。
各地で局所的な大雨もあり被害も出ているみたいですね。
何事もほどほどが良いのですが..。

少し夏っぽい絵を。
沖縄に行った時に見たシーサー
屋根の上に鎮座しているのが何とも良いですね♪
厄除けの守り神なんですが、ちょっと可愛い黒ハート
実はブーゲンビリアの花はここには無かったんですが、
他の写真からひろって描いてみました。

【屋根上の守護神】紙:アルシュ Cold Pressed/サイズ:30.0cm×39.5cm
屋根上の守護神.JPG
posted by Baian at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2022年07月11日

3年ぶりの横浜

JWS17人展が横浜の関内で催されております。
なので前日に乗り込み、開催初日にWifeと行ってきました。

コロナ以前は年に3〜4回、ワークショップで来ていた横浜。
気がつけば3年ぶりですわ!
関内の駅からほど近いホテルに1泊
部屋ナンバーはコチラ
偶然とは言え我々には馴染み深い数字
IMG_20220710_131145.jpg

先ずは中華街で腹ごしらえ
DSC_0103.jpg

IMG_20220710_133146trim.jpg
日曜という事もありかなりの人出
くっそ暑いので1本路地を入り、適当な店に入店。
もうね、食べ放題とか無理なんですよ
1000円くらいのセットで十分なのです。

DSC_0099.jpg

IMG_20220710_134844.jpg

あっさり味で美味かったです、「龍海飯店」
DSC_0101.jpg

次 元町。 バッグ屋さんや洋品店やら宝飾店など
DSC_0111.jpg

およそ私には縁のないお店が並ぶ
Wifeいわく「やっぱりチャーミングセールじゃなくちゃね!」
今はそうではないらしい。

私はグロッキー
IMG_20220710_160029.jpg

ホテルに戻りしばし休憩
晩ご飯は歩いて1分のこちらのお店で。
fireburg.jpg

ハンバーグ 150g
DSC_0114.jpg

無謀にも250g & ライス大盛り
困っております(;´∀`)
IMG_20220710_202020.jpg

何とか平らげたが、カロリー消費のために埠頭まで散歩。
夜の横浜、美しいなぁ〜
DSC_0123.jpg

DSC_0117.jpg

2日目 モーニング 1Fジョナサンにて。
食ってる写真ばかりで申し訳ございません<(_ _)>
DSC_0126.jpg

画廊楽のオープンは午前11:00から。
今日は初日、どれだけのお客様がお見えになるのか..。

外観
DSC_0135.jpg

1階展示
1F-1.jpg

1F-2.jpg

1F-3.jpg

2階展示
2F-1.jpg

2F-2.jpg

1階、2階、小品コーナー、全部で116点の作品が並んでおります!
横浜講座の生徒さんのうち6名の方とお会い出来ました。
皆さん、ご高覧頂きましてありがとうございました!
画廊のオーナー様からも色々と話しを伺え、貴重な時間を過ごさせてもらいました。

私は15時まで在廊し、帰る前に再び中華街で腹ごしらえ
今日もめっちゃ暑い!(*´Д`)
辛いものがうまい!...けど、チト辛過ぎました。
DSC_0146.jpg

DSC_0147.jpg

くぅ〜〜、キンキンに冷えた生ビールが
染みわたるね〜♪
IMG_20220711_154005.jpg

食後は山下公園のベンチでまったりと過ごす
修学旅行の高校生がかなり来てました。
DSC_0153.jpg

こちらは数年前に宿泊したホテルニューグランド
海風が心地好い♪
さぁ、ぼちぼち帰るとしましょう
DSC_0152.jpg
posted by Baian at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年06月30日

懐かしのマッチ

先ほどニュースを見ていたら
昔、飲食店などで無料で置かれていたブックマッチが
今月分の受注分で製造終了となるそうである。
国内では製造を請け負っているのはその1社だけらしく
現在では2ヶ月に1度だけ機械を動かす程度とか。
喫煙者も激減し、お店の情報はネットで見る時代なので
需要が無いのでしょう。

そう言えば実家の喫茶店でも作ったっけ。
昔のそんなものが何気に入ってる引き出しを開けてみると..
ありました。コレ!
      ↓
WOODHOUSE_ブックマッチ1.JPG

開くとこんな感じでMAPが印刷してある

WOODHOUSE_ブックマッチ2.JPG

裏表紙には住所と電話番号が入ってました。
色んな喫茶店のマッチを集めたりした記憶がありますね。
マッチを擦った時の火薬のにおいが良いんだよね。
ジッポのオイルとかもね。
自分も煙草をやめてしまったので使うことが無くなってしまった。
こんな物が少しずつ姿を消していくのは寂しいけど
時代の流れには逆らえません。
このマッチを見るとあの時代やお袋のことを思い出す。
大事にとっておくとしよう。


posted by Baian at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年06月29日

JWS 17人展 in YOKOHAMA

JWS(日本透明水彩会)の17人展が横浜の「画廊 楽」にて
開催されます!!
最寄りの駅はJR 関内駅になります。

自分は1階ギャラリーに3点、2階ギャラリーに3点、
小品コーナーに2点の計8作品を出展致します。
ご都合の良い方はぜひご高覧下さい!!

ちなみに私は初日7/11(月)11:00〜15:00くらいに
在廊する予定です。

【日 時】 2022年7月11日(月)〜17日(日)
      11:00〜18:00 最終日16:00まで
【場 所】 画廊 楽 
      神奈川県横浜市中区翁町1町目3番地小原ビル1階・2階
                     Tel:045-681-7255

                     https://gallery-raku.com/
出品作家
野島朱美 平澤薫 藤枝しげと 中野瑞枝 村上豊 青木美和 松林淳 菊地和広 清水恵 CindySun 畑尾洋子 宮ア慎二郎 松江利恵 湯川晴美 加藤ノブヤ 小林啓子 くどうさとし


2022_17人展_dm1.jpg

2022_17人展_dm2.jpg


posted by Baian at 09:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2022年06月25日

マット

額縁の中に入るマットの話です。
ちょっと気になったので
自分用のメモとしてここへ書いておきます。

自分が最も多く使う額は半切サイズと三々サイズなのですが、
それ用のマット(ワーグマン HB-43 2mm厚、溝付)を
1枚ずつ近所の画材店に注文したところ、その請求額に唖然としました。
前にも頼んだことがあるので、注文時に値段を聞かなかったのも
いけなかったのですが..。
2枚合わせて6,500円オーバー
えらい高いですねと言うと、それでも2割引きとか!?
溝付なのでマットを製造するメーカーにカットを依頼するので
どうしても割高になってしまうとか。
運賃も入ってないので、これ以上どうしようもないとの弁。

実はその前にたまに利用する画材サイトで同じ物で金額を調べて
ありました。ネットでの見積金額を確認した後で電話でも確認したので間違いありません。
半切用が1,402円、三々用が1,485円です。これは税込み金額です。
2枚合わせて2,887円。
その差額は倍以上という事になります。

近所の画材店を利用するのはそれなりにメリットがあります。
色々と相談に乗ってくれるし、ちょっとした無理も聞いてもらえます。
大きな画材サイトと地方の画材店が価格で勝負にならないのは
こちらも承知しているので、少しぐらいの差は気にしていません。
つまり持ちつ持たれつということです。

ですが、これだけの差があるとそういう訳にはいかないので、
次回からはこのマットに関しては画材サイトを利用することにします。
色付きのマットなどは作品と直に合わせてみないと分からない事もあるので、少し遠いですが大きな画材店はマットを常に在庫してるので、そちらを利用したいと思います。
posted by Baian at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 画材

2022年06月07日

水張りしたら早めが吉

田んぼの絵が続いております
一ヶ月くらい前に水張りしておいたウォーターフォード紙ですが..
サイジング駄目になっていて参りました(-_-;)
JWSの「透明水彩レシピ5」に水彩紙の執筆をして
水彩紙の保管について描いたばかりなのに
この有り様でお恥ずかしいかぎり。
空気中に晒しておいた訳ではないけれど、この時期描く直前に水張りした方が良さそうです。

教室用に描いたもの。
〈初夏の下菅谷〉
ウォーターフォード ナチュラル C/P 30.5×40.0cm
初夏の下菅谷.JPG
posted by Baian at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2022年05月19日

水引く水田

5月も半ばを過ぎたので、田植えも大詰めを迎えているの時期のはず。
...と思っていたけど、雨ばっかり降ってロケハン出来ず早くしないと苗が大きくなってしまうとソワソワしておりました。
天候が回復したすき間をねらって近くの田んぼを散策してきました。
家から車で5分〜10分走った辺りですが
まだまだ知らないポイントがこんなにもあるのかと嬉しくなった次第であります。

DSCF6296_s.jpg

DSCF6308_s.jpg

DSCF6388_s.jpg

ここはまだ水を引いて田植えの準備段階。
水を張ってから1週間くらいは土を馴染ませるみたいですね
    ↓
DSCF6342_s.jpg


【水入れの時】紙:アルシュRough/サイズ:34.5cm×51.0cm
水入れの時.JPG
posted by Baian at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩