******************《教室開講のご案内》*****************
実家の喫茶店の空き日(水曜・金曜)を利用して、水彩画教室をやっています。 初心者から経験者まで各々に見合った指導をいたします。水戸市内又は近辺の方で 水彩画を描いてみたいと云う方は是非どうぞ!! 詳しくはこちらをご覧下さい。→《水彩画教室
********《横浜講座のご案内》********
横浜で1日講座を行います。 (場所は上大岡駅から徒歩2分、赤坂孝史さんの教室です) 秋の湖畔風景を透明水彩の技法、手順で 空気感を意識しながら描いていただきます。 ご興味のある方、ぜひご参加ください!! 日時:2017年11月12日(日)    11:00〜16:00 場所:横浜市港南区上大岡1-17-26 KTMビル503 〈京急上大岡駅から徒歩2分〉 定員:10名 受講料:6,000円 お申込み、お問い合せはメール又はお電話にて!! メール:sf_watercolor@yahoo.co.jp
yokohama_workshop.jpg

2017年08月04日

路地裏

前回に引き続きこちらも神戸。
北野異人館、デンマーク館の裏側辺りの路地

kobe_ijinkan_uradoori.JPG

ひっさびさにワットマンに描いてみたが、
濃い色が思うように乗せられないな〜
水彩の場合、乾くと2〜3割薄くなるので、そこを予測して
少し濃いめに塗りますが、この紙はその差がさらに大きく感じる。

ワットマンと言うのは英国の水彩紙
英国王室認定とかの由緒ある紙でしたが、4〜5年前に製造中止となり
廃盤になりました。

whatman.jpg

白く柔らい紙肌でにじみ等の発色が綺麗に出る特徴があり
そこそこ人気の水彩紙でしたが、サイジングがきつく最初のウォッシュは
弾いてしまう癖のある紙で、マスキングも出来ないので
海外ではアルシュなんかは日本とは比較にならないほど安いですから
徐々に需要がなくなってしまったのでしょうか?

元々得意でもないのに、そんな紙をブロックで5冊も
買いだめしてしまったものだから大変
たま〜に使わないと(^^;
posted by Baian at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年08月02日

ハーバーランド夜景

8月に入り猛暑が続いておりますが、
今年は10月まで暑いとかいう噂も..(;´Д`)
皆様、お身体ご自愛を!

偶には夜景と思い
5月に泊まった神戸のメリケンパークオリエンタルホテルのバルコニーから眺めた
日が沈んだ直後の向いの風景を描いてみました。
なので、空は真っ暗というよりは青っぽい感じでした。
海面に映る観覧車や遊覧船の灯りがきれいでした。

フェイスブックの方にもUPしましたが、あまり「いいね!」は付きませんね
時間掛けた割には過去最低かも〜(涙
いずれ又リベンジ!...の予定

〈神戸ハーバーランド〉
Waterford White C/P 30.0X40.0cm
Harborland_kobe.JPG
posted by Baian at 15:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2017年07月30日

好物

年に2〜3度涸沼へロケハンに行きますが、
季節や時間さえ違えど
場所はほぼ同じ辺りを回ってるみたいで..。

例えばここは今年5月の初めころの涸沼の景色を描いたスケッチ
A4サイズで1時間くらいで仕上げたもの。

hinuma_boat.JPG

そしてこちらは約5年前に描いた作品。冬の夕方の景色

hinuma_yuukei.jpg

あり!?
っと思った方は鋭い!
何となく似てませんか?ボートが。

普通の笹船っぽいものは沢山停泊してるのですが、
こんなボートは意外に少ないんですよね
多分同じボートではないかなー?
エンジンが表から見えてないとゆーか。
そもそもエンジンが無いのか、構造は知りませんが
フォルムが美しい♪

描いてる時は気が付かなかったけど
5年経って、また同じものを描いたかと思うと
好みって変わらないのですね〜(;'∀')

posted by Baian at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2017年07月28日

田植えスケッチ

今年のは春から初夏にかけてとても短く感じました。
いや..年々そんな感じが。

そして展示会が3つほどあったので、あまりロケハンいけませんでした。
そんな中、わりと近くで田植えをしていたのでこれ幸いと描いたのですが、
画板に貼りつけたまま忘れていました(^^;

こちらはスマホで撮った写真。
実際はもっと明るい感じ
2017-05-08_17-08-08_trim1_s.jpg

このままでは絵的に寂しいので
画面奥に停まってた軽トラを手前の田んぼに持ってきました。
苗を植える人物も配置し、一人は赤い作業着にしてグリーンの中での
ワンポイントとしました。
この自由さが絵画の良い処
水面の映り込みが効いてるんではないでしょうか?

sketch_may.jpg

ファブリアーノ・トラディショナルホワイト コールドプレスA4

posted by Baian at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2017年07月17日

スタジオ〜♪

昨日はスタジオでバンドの練習。
我が家からは車で2〜3分のところ。

雰囲気はこちらでどうぞ!

通称Lスタはライブステージをそのまま使っているので
全員客席に向かって立つ形で演奏します。
本番じゃないので、キーボードとボーカル以外は返しがないから
音のバランス取りは面倒ですが、臨場感があるので私は好き。
スタジオは他にRとSがあります。

フルメンバーは6名ですが、一人お仕事だったのでこの日は5人。
Wife以外は10代の頃から何だかんだと一緒に演ってる連中(;'∀')

メンバー機材を撮ってみました。

私のギター。いつもはフェンダーだけど、今日はギブソンのレスポールスペシャル♪

band_guitar.JPG

こちら足元のエフェクター
band_effect.JPG

来るたび楽器が変わるベースマン。本日はアリアプロ往年の名器とか??

band_bass.JPG

Wifeのキーボード、RolandのVR-760。

band_key.JPG
ステージでの使いやすさを重視したモデルで、
左がオルガン部、中央がピアノ部、右がシンセ部と視覚的にも分かり易い。
実はコレ、鍵盤の弾けない私がバンドのために購入したものであります(涙

最後はドラ息子。
基本的にスタジオのドラムセットを使いますが、スネアやシンバル、ペダルなどは
自分のものを持ってきてるみたいです。あ、カウベルとかも♪
band_dr.JPG
posted by Baian at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2017年07月15日

カタログ

5月にイタリアのファブリアーノで開催された
水彩フェスティバルのカタログが届きました。

2017-07-16_13-09-50_s.jpg

約50カ国の水彩作家が参加していて
A4横で576ページとかなりずっしりと重いです。
各国の画家さんの素晴らしい作品が堪能出来て
見ているだけで色々と勉強になりますね〜♪
一般的には手に入れづらいのがちょっと残念ですが...。

ちなみに私は294ページに載ってま〜す
プロフィール写真はパレットを持って描いてる図で撮ったのだけれど、
顔しか出てね〜じゃん
だったらカメラ目線で撮ったのに(笑)
2017-07-16_13-12-52_s.jpg

posted by Baian at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2017年07月14日

感謝!

神田の〈木ノ葉画廊〉での 魅惑のドローイング展」
終了いたしました。

ご覧頂きました皆様、誠にありがとうございました<(_ _)>

展示したのはこちらの4作品でした♪

「小さな宙」
chiisana_sorai.JPG

「窓辺のサボテン」
Cactus_of_the_window_scan_s.jpg

「Twilight Waltz」
Twilight_Waltz.JPG

「初夏の青柳」
shoka_aoyagi.jpg

posted by Baian at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2017年06月30日

レトロです

もう話題になって半年以上が経過してますが、
2016年度のキネマ旬報ベストテンで日本映画部門で見事1位
に選ばれた映画
「この世界の片隅に」
を観てきました!!

逆光のガラス面に貼られたポスター
見えね〜
IMG00285.jpg


もうず〜っと気になっていて
なかなか映画館に足を運べないままで半ば諦めていたのですが、
調べたら県内に1件だけ上映しているところが!!

土浦セントラルシネマズ

すっごいところでした。
何が凄いって、まるで昭和40年代くらいにタイムスリップ
したかの如く、レトロ感満載なのでした。
それ風に作っているのではなく
本当に古いんです!( ̄▽ ̄;)

そして・・
空いてます。
私たちは平日の12:30〜上映のに行ったのですが、
いくら平日の昼とは言え
完全な貸し切り状態ってのは初めての経験でした。

エンドロール中!
IMG00288.jpg

なにより驚いたのは、私たち夫婦だけと確信したのか
時間前に始まってしまいました。
CMやその他の予告などは一切なし
しょえ〜、スクリーンに黒筋状の汚れが数か所( ̄▽ ̄;)
感動の映画が終わり、エンドロールで余韻に浸る間もなく
照明オン!
びっくりしました〜。
話のネタに体験したい方はぜひ!!

ちなみに映画は本当に素晴らしかったです♪
posted by Baian at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年06月29日

キビシ〜

この絵は来週からの展示会に出す予定で制作していましたが、
Wifeに感想を求めたところ
どこを見てよいのか分からない
との厳しいお言葉を賜りあえなく断念しました。

元ネタは教室にいらしてる生徒さんが撮ってきた
秋の観音沼の景色です。
静寂な湖面へ映りこむ秋色を表現したかったのですが、
Wifeには伝わらなかったようです。
まだまだ修行が足りません涙ぽろり

画面上部から垂れ下がる葉っぱと
水面の藻の様なもの、左の水草をマスキングして
水面へ映りこむ様々な色をウェットインウェットで
描き込んでいきます。
こういう場合、必要な色は前もって作っておきます。
一発勝負なので緊張の連続でしたが
まぁまぁの出来ではないでしょうか?

その後マスキングを剥がし、葉の明るい色を入れ
木の枝はドライブラシで描き込んでいます。
枝や幹の映り込みは水面の揺らめきを出しながら
一気に筆を入れます。
最後に平筆に水を付け固く絞った後、水平方向に動かして
リフト(色抜き)してやると、さらに水面らしく見えてきます。

出品できないのは返す返すも残念ですが..(笑)

〈湖畔の彩〉
アルシュ Cold Press 33.0cmX42.0cm

kohan_no_sai.JPG

そしてこちらは先週教室の課題でデモった作品
〈岩間の水車〉
ウォーターフォードホワイトCold Press 39.0cmX30.0cm
iwama_waterwheel.jpg
posted by Baian at 22:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 水彩

2017年06月24日

水面、空、水芭蕉

梅雨入りして2週間ほど経過しましたが、
まだそんなには降ってませんね〜
これからが本番なのでしょうか?

今月の頭にお知らせ致しましたが、7/3より7/13まで
神田の木ノ葉画廊での企画展に参加します。
その中に展示予定の1枚が仕上がりましたのでUPします。

これまでも何度か描きましたが
初夏の水芭蕉をモチーフにした作品。
私はあまり花だけというのは描かないのですが、
水芭蕉は水面とセットでなければ成り立たないので
お気に入りの題材です♪
又、水面を描く事で同時に映りこむ空も表現できるのがミソです。

お近くの方は原画をご覧いただければ幸いです!(^^

《小さな宙》
アルシュ Cold Press 39.5X29.0cm
chiisana_sorai.JPG
posted by Baian at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩