******************《教室開講のご案内》*****************
実家の喫茶店の空き日(水曜・金曜)を利用して、水彩画教室をやっています。 初心者から経験者まで各々に見合った指導をいたします。水戸市内又は近辺の方で 水彩画を描いてみたいと云う方は是非どうぞ!! 詳しくはこちらをご覧下さい。→《水彩画教室

2015年07月13日

暑くなってきました

久々の更新です^^;

毎日よく降るな〜と感じていた先週
少し肌寒いくらいでしたが
打って変わって猛暑の様相
土曜は笠間で35.2℃だったそうな!
これってもう梅雨明け?

ここ1ヶ月くらいは色々あって忙しい
しばらく絵は描けそうにもありません

こちらは「二十三夜尊桂岸寺」(にじゅうさんやそんけいがんじ)
のとなりにある保和苑のアジサイが咲く景色
江戸初期から保和園→保和院→保和苑と変わっているらしい
私らは子供時分からお寺も庭園も一括りにして「さんやさん」
と呼んでいます。

〈保和苑にて〉
アルシュ荒目36.5×27.0cm
howaen_1s.jpg
posted by Baian at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2015年06月26日

八郷からの筑波山

少し前の時期の風景ですが、旧八郷町(現在は石岡市に合併)から見た
筑波山です。
男体山と女体山の頂があるので、見る場所によって色々な表情を
見せてくれますね♪
日本百名山の中では一番標高が低いそうですが、
それでも県内では2番目に高い山
陽が傾き逆光気味のところを描いてみました。

アルシュ荒目36.5×26.5cm
yasato2s.jpg
posted by Baian at 01:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2015年06月15日

あじさい

昨日は母の6度目の命日でした。
月日の経つのは早いものですね

彼女が好きだった紫陽花を描きました。

ガクアジサイの一種でしょうか?
白地にうっすら染まったピンクの花びらが可憐です♪

アルシュ荒目 26.5×26.5cm
gakuajisai_1s.jpg

そして明日は母の誕生日なので
これから実家の紫陽花を少し切ってお墓参りに行ってきます。
それにしても今日は暑い〜
posted by Baian at 14:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2015年06月08日

無題

先週末に描いたものを2点

1枚目
ひたちなか海浜鉄道(旧湊線)の車内の一コマ
この路線は新しい車両の他に、昭和に日本各地で活躍したディーゼル機関車を
買い取りメンテナンスして走らせてるんですよね。
イベントの時などはそんなレトロ感溢れる車両を連結して運転したりするので
うれしくなって乗ってしまう(^^♪
板張りの床が温もりを感じさせてくれます。
運転席が見えるので、マニアにはたまらないかも!
この日は小さな女の子が窓の外をずっと眺めていました。

〈海へ〉
アルシュ荒目 26.5×26.5cm
hitachinaka_kaihintetsudou.JPG

2枚目
これは昨日描いたやつ
勝田の津田から水戸の青柳に抜ける私の通勤路
田んぼの苗も日に日に伸びて水面が殆ど見えなくなってきた。
この場所は季節ごとに何度か描いてますね
30分で一気に仕上てみました
私は短時間でのスケッチは荒目の紙が好き
凹凸があるので、筆や絵具のさじ加減で白い部分が残せるし
絵具の食い付きが良いので
わりと濃い目の部分も1回のストロークで決められます。

〈初夏の青柳〉
ウォーターフォードホワイト荒目 36.0×26.5cm
30min_aoyagi_1s.jpg

posted by Baian at 12:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 水彩

2015年06月03日

風邪に注意!

南の方はいよいよ梅雨入りしたみたいですね〜
ジメジメの季節到来雨
私はそんなに嫌いじゃないけどね。
どちらかというと真夏のカァ〜晴れって暑さの方が苦手

湿気の多い時期は紙の保管に要注意!
あ、水彩紙の話です。
長期間出しっぱなしにしておいて
紙が湿気を吸うと表面のにじみ止め(サイジング処理)が劣化して
絵具を塗った時にまだらになってなってしまいます。
この事を「紙が風邪を引く」と言います。
そうなるともう使い物になりません

と、知ったかぶりで書きましたが
私はまだソレを経験したことがありません。
知識として頭に入ってるだけなのですが
水彩仲間からは時々そういう話を聞きます。

なので梅雨時に限らず紙の保管にはかなり神経質になってます。
とにかく我家は湿気がひどい
以前、額装用のマットを画材屋さんの袋に入れたまま
押入れの前に置いておいたら
ぶよぶよになってしまった!
袋の中は信じられないほど水が貯まってたし^^;
紙は注意してたのに迂闊でした。

水彩紙を買うとブロック紙もシート紙もビニール袋に入ってるので
それをチャック付きの密閉パックに入れます(100均で売ってる)
そしてダンボールに収納し、乾燥剤を入れておく
さらにビニール袋で包む・・と、まぁそんな具合。
そこまでしなくとも、ある程度注意した方が良いでしょうね
今年は何種類か空気中にさらしておいて実験してみようかな?
結果はいずれまたご報告♪

最近、グリーンの絵ばかり続いたので
少し赤みのあるものが描きたくなりました。

静峰公園に咲いてた山つつじ
アルシュC/P 35×25cm

tsutsuji_2s.jpg


posted by Baian at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2015年05月16日

早苗の季節

先週田んぼへロケハンしたネタで1枚描いてみました。
早苗もすぐ伸びてしまって
水田の映りこみがキレイなのはこの時期だけですね。

久々にウォーターフォード紙のナチュラルを使用。
ホワイトに比べると発色は落ち着いた感じになりますが、
乾燥には少し余裕が出ます
しか〜し!この暑さのせいでしょうか?
家の中なのにあっと言う間に乾いてしまい焦る焦る(^_^;)
油断大敵だ〜ね。
透明水彩は濡れてる間にやらなきゃならん事も多い
後から手も入れても濁すだけ
そこの見極めはけっこう大事
諦める勇気も時には必要
どーせ誰にもわかりゃしない
そこは自分の胸にしまっておきましょう(笑)

〈春の歌〉
Waterford natural C/P 39.5×24.5cm
motoyonesaki_sanae.jpg

そういえば、乾燥を遅らせるメディウムってあったな〜、なんだっけ?

ここからは紙のお話し。
水彩紙の中でもアルシュ(仏)とかウォーターフォード(英)は絵具の定着が良く
重ね塗りしても下の色が溶けてしまう事はありません。
逆に一度乾いてしまうと拭き取りや修正は難しいという性質があります。
ただ、後から真っ白に抜くなんて自分の場合まずやりませんから
(そういう場合は最初にマスキングしますので・・)
下地の色を若干残しながらリフトアウトするのには、私にはこの2種類の紙が
使いやすい。
その次がファブリアーノ・アルティスティコ(伊)とラングトン・プレステージ(英)かな?
パルプ紙ではハーネミューレ(独)が好き
国産の水彩紙は原料がコットンでもパルプでもスカッと抜けてしまい
サイジング処理(にじみ止め)も私には合わないのが多いですね。
posted by Baian at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2015年05月15日

夏だね

いや〜毎日お暑い日が続いておりますね。
5月半ばでこの有様じゃ真夏はいったいどうなってしまうのやら。

家に飾ってる絵がわりかし秋っぽいのが多いので
この時期に合ってるものが欲しくなって
水芭蕉の絵を描いてみました。
以前描いたのは嫁入りしちゃったので、それとは少し
アングルを変えたものを..。

水芭蕉の花言葉は「美しい思い出」「変わらぬ美しさ」だそうですが、
白い部分は花じゃなく葉が変形したものだそうです。

(Memories)
Arches C/P 42.0X38.5cm
memories_1s.jpg

posted by Baian at 02:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2015年04月30日

半分スケッチ

4月もいよいよお仕舞いですね
去年もそうだったけど、雨の日が多かったような・・

連休を前にして日本列島は真夏の様な気温
タンスから半袖を引っ張り出してしまいました。

せっかくの晴天なのでスケッチでもしようと
七ッ洞公園まで行ってきました。

027s.jpg

う〜む..も少し春らしい景色を期待してたのだが
一面グリーンで、もはや初夏の色合い
この辺にしましょうか♪

035s.jpg

ここはもう何度も描いているので
偶には違った場所がいいかなと思い
遊歩道から外れて茂みの中へ入ってみたのですが・・
ぐにょ〜〜
い..いきなりつっぱえてしまいました。

042s.jpg
表面は乾いて見えても下はぐちょぐちょ
靴の中まで泥水が〜(:_;)
ちなみに〈つっぱえる〉とは、関東北部、東北の方言らしく
ドブ、雪、泥濘などにはまる、落ちる、つまづく..などを
意味する言葉で私は子供の頃から使ってるのですが
Wifeにはまったく通じませんでした(笑)

045s.jpg

テンション下がりながらも下描き、下塗りまで済ませたのですが
あまりの暑さと腹痛に見舞われあえなく退散
ま、雰囲気だけはつかめたので
続きは家で描きました^^;

ファブリアーノ・トラディショナルホワイト
コールドプレス 36.5×25.5cm
little_streams.jpg
posted by Baian at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2015年04月15日

JWS展終了

〈第5回日本透明水彩会展〉無事終了しました〜
会期中は不安定なお天気(ほぼ雨or雪)にもかかわらず
3000人近くのお客様にご来場頂きました!!
本当にありがとうございました<(_ _)>
そしてJWSの本
〈透明水彩レシピ〉も当初の予想を大きく上回る売れ行きに
我々も驚いております。
いや〜ホントありがたいですね(^^♪

来年は東京 丸善 丸の内本店ギャラリーでの開催となります!

今回私は初日と最終日に会場に行きましたが
搬入、ワークショップ、搬出と相まって、あまり写真撮れなかったので
仲間が撮った写真を拝借(^_^;)

2日間だけ晴れました晴れ
JWS_02.jpg

600人近く入った日も!!
JWS_01.jpg

こちらは最終日
搬出後、会場にいたメンバーで記念撮影
JWS搬出.jpg


IMG00550.jpg
posted by Baian at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2015年04月08日

2015 JWS展

横浜 赤レンガ倉庫にて
第5回 日本透明水彩会展はじまりました!

poster.jpg

こちらは前日搬入日に撮った外観
IMG00524.jpg

1号館2階です。
こちらは受付の様子
info.jpg
あいにくの雨でしたが、初日から沢山のお客様が足を運んで
くださいました。

tenji.jpg
総勢32名、約200点のバラエティー豊かな透明水彩画が
並んでます!!

tenji1.jpg

こちらは私のスペース
今回は6点展示しております♪
shige_tenji.jpg

会場内では先日お知らせした画集「透明水彩レシピ」を
4/10の店頭販売に先駆けて販売しております。
ありがたい事に実に来場者の3分の1の方がお買い求めくださってる様です

book.jpg

初日の午前中は赤坂孝史さん
午後はくどうさとしさん、そして私のワークショップが行われました。
短い時間でしたが、参加者の皆さん一生懸命描いてくださいました(^^♪
実は私もかなり緊張していましたが
終了後に「とてもためになりました」と嬉しいお言葉をいただけたので
ホッと一安心
workshop2015.jpg

展覧会は4/13日(月)まで開催してますので
お近くの方、横浜方面へお出かけの方で水彩画に
ご興味のある方はぜひご高覧くださいませ!!
4/7〜4/12は10:00-18:00
4/13最終日は10:00-16:00です。


posted by Baian at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2015年03月15日

久々絵です

気が付けばしばらく絵を載せてませんでした。
描いてなかったわけではないのですが・・
色々とあって
落ち着いて描く時間がとれません^^;

まとめてアップしちゃいます。

以前描いた秋田の田んぼ
まだ田植え前の景色
少し大きなサイズに描きました。
今ひとつパッとしない出来栄えに・・

Arches C/P 53.0X36.0cm
Nikaho.jpg


こちらはインド製の手漉きの水彩紙に描きました。
超荒目で表面がボサボサの紙でマスキング、リフト、
スクラッチ等一切出来ない代物ですが、ふわっとした仕上がりが
面白い

Nujabi handmade paper 35.5X26.5cm
shimogou_nujabi.jpg

次は会津 飯盛山からの眺望
これも以前描いたものを違うアングルで描いてみました。
少し近景の処理に課題が残りました

〈雪解けの街〉

  Arches Rough 52.0X37.0cm

Yukidoke_no_machi.jpg


そして昨日描いた作品

ちょっと早いですが夜桜です。
実景ではなく、私のイメージでやってみました。

たまにはいいんじゃない♪

一応モチーフとして、偕楽園の好文亭と

千波湖畔を参考にしてます!


〈月夜に・・〉

  Arches Rough 27.0X36.5cm

Tsukiyoni_in_the_moonlight.jpg


posted by Baian at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2015年02月18日

狭いんです

相変わらずの亀更新です。
三寒四温の不安定なお天気が続いてますが
皆さんお風邪など召してないでしょーか?

私が住むこの辺りでは、まだ雪が積もったのは見てません
今年はもう降らんのかな?
結局ノーマルタイヤのままです。
て〜か、昨年スタッドレスを路肩にヒットしてパンクさせて
しまったので、そのまんまなのよねん^^;

昨年に続き
4月に赤レンガ倉庫でJWS(日本透明水彩会)展が開催されます。
そろそろDMが出来そうなので、詳しくは後日載せますが
今年はかなり大きなイベントになる予定

ぼちぼち作品を用意しなくてはいかんのですが
いつも5号〜6号に描くことが多いので
今回は10号くらいのも2点くらい出そうかなと思ってます。
実は私は家で絵を描く時、机に乗せて作業する事はあまりしません。
私の作業スペースは畳2帖ぐらい
そもそも大きな机を置く場所がありません(;_;)
足を組んで、その上に画板を乗せて描きます。
その方が画板の角度がフリーになって好きなのです。
でも少し大きめのサイズだとなかなかそうもいきません。
イーゼルに立てかけるしかないので、ちょっと不便ですね〜
ん?ふつー逆?
ま、慣れた描き方が一番なので..^^;

〈三反田水景〉
アルシュ荒目 36×55cm
mitanda_suikei_boat_scan.jpg
posted by Baian at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2015年02月09日

まだまだ寒いですが・・

横浜でのWSも無事終わり、図面の仕事も一段落したので
昨日はのんびり絵を描きました。
毎度ですが、都会へ行くと全身筋肉痛(笑)
普段いかに歩いてないかです^^;

明日はかなり冷え込むらしい
寒いのはやだね〜
ここのところ雪の絵が続いたので
少し春らしい絵でも・・
偕楽園下の桜川の風景
ぼとぼち観梅のシーズンですね♪

〈春まぢか〉
ウォーターフォードホワイトC/P 1/4Sheet
harumadika.jpg

建物の屋根にかぶさった梅はマスキングしちゃいましたが
少々うるさくなったでしょうか?
塗り残してさらっと着彩してもよかったかもしれません。
土手の色味が今ひとつパッとしなかったので
最後にレモンイエローをさしたら春らしくいい感じになりました。
ラウニーのレモンイエロー、なかなか良いです♪
posted by Baian at 14:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2015年02月07日

横浜ワークショップ

5日、6日と泊まりがけで横浜行ってきました!
そごう9階にある〈ギャラリーダダ〉さんが主催する
「けいちつ会」の皆さんの展示会が催されており、
その一環としてのワークショップなのですが、
メンバーの中から約半数の12名の方が参加されました。

5日の昼頃から大雪の予報が出ていたのですが・・
ほんの少しパラついた程度で、後は小雨
翌日はピーカン晴れ
よかった、よかった!!(^^

会場は市民フロアのミーティングルームです
lesson1.jpg

今回のお題は【静かな湖面の風景】

以前、描いた福島県南会津の観音沼をチョイスしました。
3時間しかないので、デモを15分×4回で1時間
残りの2時間で受講生に描いてもらいます。
一応、手順が分かる資料は作っていったので
一気に描いてしまいたいのだけれど
憶えきれないと思ったので..。

〈Process1〉下描き、マスキング
p-2.jpg

〈Process2〉下塗り
p-4.jpg

〈Process3〉上塗り、反映
p-5.jpg

〈Process4〉仕上げ
p-7.jpg

時間ギリギリまで皆さん頑張りました!
大方仕上がったので、ホッ..(´。`)

今日の出来不出来は大して重要ではありません
描き方を知ってもらえればOK
やはり反復練習が大事なので
もう1度お家でじっくり描いてみて欲しいですね♪
その後は展示会場で皆さんの作品を講評させて頂きました。

lesson2.jpg

講座前の午前中、少し時間があったので
ホテルから横浜港まで歩いてブラブラしてきました。

ランドマーク、赤レンガ方面
yokohama1.jpg



横浜税関
yokohama_tax.jpg



大桟橋
yokohama_oosanbashi.jpg


yokohama_right.jpg

開港資料館
yokohama_kaikoukinenpark.jpg


お洒落なカフェだな〜
ちょっと西欧の雰囲気♪
cafe.jpg


お!見覚えのあるお店「カンファー・ツリー」です
早いからまだ開いてないのねー
camp1.jpg

・・と思っていたら、お店のおばちゃん登場
すみません、今日は時間ありませんので写真だけ(^^
camp2.jpg
posted by Baian at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2015年01月18日

塵も積もれば..

先週描いた絵です。
会津若松市
アルシュC/P 27.0cm×36.5cm

雪響.jpg

最初にこんな感じでマスキングしてます。
Aizu_masking.jpg

今週は図面引かなければならないので
絵はお休み。

ホームページにアップした絵が400作を超えました。
今見るとけっこう恥ずかしいのも多々ありますが、
ま〜記録として残しておきましょう。
500を超えたら少し整理しようかな。
数年経った時に現在のものが、あちゃ〜と思えるくらい
レベルアップしてれば良いのですが..。

フェイスブックのお友達も2000人になった。
2012年の1月からだから、丁度3年になります。
自分からはあまりリクエストを出さないので
ぽつりぽつりという感じですが、
ニュースフィード(他の人の投稿)を見るのが大変になってきました。
気が向いた時にチェックしますが、けっこう時間を取られるので
ほどほどしないとね〜

resize0157.jpg



posted by Baian at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2015年01月13日

画家のパレットVol.7

〈画家のパレット7〉

久々に画家のパレットで〜す!!
以前の1〜6を見たい方は左上の検索ボックスに”画家のパレット”
と打ち込んでボタンを押してもらえれば出てきます。

今回は英国の画家、ロバート・ブリンドレーさん
水彩・油彩・アクリル・パステルと何でも描かれる作家さんですが
水彩画はDVDも出ていて、私も2本持っています。
まさに正統派といった描き方で
ハイライトをマスキングしたら、だいたいの目安の色で画面全体を
ファーストウォッシュで塗ってしまいます。
1度乾かした後、丁寧に透明感のあるウォッシュを重ねていきます。
この辺りは同じ英国の画家デビッド・カーチスさんとよく似ています。
異なる点は
デビッド・カーチスさんがパレットで素早く混色して画面に色を置いて行く
のに対し、ロバート・ブリンドレーさんは3つぐらいパレットを用意し、
最初に色を作ってしまいます。

以下はパレットの色。
クレイグ・ヤング製のパレットを使ってます。

クリックすると大きくなります
robert_palette.jpg

1.ローシェンナ
2.オーレオリン
3.カドミウムイエロー
4.イエローオーカー/最近はここにカドミウムオレンジ
5.カドミウムレッド
6.パーマネントローズ
7.パーマネントマゼンタ
8.バーントシェンナ
9.ローシェンナ
10.セルリアンブルー
11.コバルトブルー
12.ウルトラマリン
13.コバルトバイオレット
14.ライトレッド
15.コバルトターコイズ
16.ビリジャン
17.コバルトグリーン
18.コバルトターコイズライト

絵具なしだとこ〜んな感じ
right_handed_Craig_Young_Palette_Box.jpg

robert_brindley3.jpg

robert_brindley4.jpg

robert_brindley5.jpg

ホームページで他の作品も見られます。

www.robertbrindley.com

こちらはFacebook
posted by Baian at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2014年12月22日

雪景色

先週の件で
正直まだまだ尾を引いておりますが・・

それでも日常は流れて行く

昨日はバンドの連中と忘年会
夏のライブ以来の顔合わせでしたが
久しぶりに笑った笑った
やはり仲間はいいもんです♪

そう言えば、先週描いた絵をアップするのを忘れてました。
日に日に気温も下がり
日本海側はかなりの大雪の様子
そんなニュースを聞きながら描いてました。
今日は冬至だとか?
夕食にカボチャを食べたよ
ゆず湯にも入らないとね!

〈Snowing..〉
紙:ラングトン・プレステージ荒目 1/4シート
snowing.jpg


posted by Baian at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2014年12月03日

今年もあとわずか

いよいよ師走に入りました。
来年は未年? ぼちぼち年賀状も考えなければなりません
印刷面倒なので印刷屋さんに頼んでしまおうかな〜

猫の介護でほとんど外出できない日々が続いております。
仕事その他の業務は自宅PCで間に合うのでいいのですが..。
合間を見て近くの公園をロケハン
だいぶ落葉してきましたね〜

前回に続き、七ツ洞公園から
<Good bye Autumn>
アルシュ荒目 1/4sheet
goodbye_autumn.jpg
posted by Baian at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2014年11月25日

Green color

私はグリーンの絵具はあまり使いません
一応持ってはいますが、木々の着色などには殆ど用いず、
水面に深みを出したい時にブルーと混色したり、薄く上塗りする時に
使います。
パレットに出してるのはフーカーズグリーンとビリジャンのみ。
その他にW&N社のペリレーングリーンもありますが、これはグレーとして使ってます。

木々を着色する基本色はこの6色
001.JPG

左からシュミンケのトランスルーセント・イエロー、
トランスルーセント・オレンジ
W&Nのパーマネント・アリザリンクリムソン、バーントシェンナ、
フレンチ・ウルトラマリン、ウインザーブルー

既製の緑色を使うより、微妙な変化が出せて好きなんですよね♪

この絵も上の6色で描きました。
〈遊歩道〉
水戸市七ツ洞公園
アルシュ コールドプレス 40.0×29.5cm
yuuhodou_nanatsudou.jpg
posted by Baian at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2014年11月20日

ガッシュで描いてみた

かれこれ10年ぐらい前になりますが、ガッシュという絵具を買いました。
グァッシュとも書きます
透明水彩を始める以前の事
何でかはハッキリ憶えてないけど多分仕事で使おうとしたんだと思います。
水彩には大きく分けて透明と不透明があって
このガッシュ、ポスターカラーなどは不透明に属します。
顔料の粒子が粗く、光の屈折率が大きいので下地の色を透過しません。

ここ最近、絵仲間がガッシュで作品をUPしていたので
私もやってみようと棚の奥から引っ張り出してみた。
2,3色固まってしまってましたが、後は無事でした。

005.JPG

紙は何にしようかな〜?
学生の頃ポスターカラーを使ってた時はケント紙でしたが、
持ってないので、普段あまり使わないホワイトワトソンを使ってみよー。
この紙、絵具の定着が今ひとつで重色に向かないので私は苦手ですが
割と安価で生徒さんが使ってたりするので一応在庫してるのです。

で、いざ描き始めたものの
厚塗りというか不透明感が全然出せず仕舞い
透明水彩の明るいところから暗いところへ
白は紙の白を活かし、絵具の白は極力使用しない..という呪縛から
逃れられないワタクシ
仕上がってみたら、普段の絵と何も変わらんのでした。
でもいい事発見!
ガッシュも水をたっぷり使えばボカシや滲みが出来るんですね〜(笑)
そこそこ透明感も出ます。
ま〜、それではガッシュ使う意味がないので
次は白たっぷりのコテコテでやってみようと思います^_^;

高萩の国道461号線、花貫から横川に抜ける途中で見た風景です
ホワイトワトソン 33.8×25.4cm
takahagi_scan2.jpg

posted by Baian at 23:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 水彩