******************《教室開講のご案内》*****************
実家の喫茶店の空き日(水曜・金曜)を利用して、水彩画教室をやっています。 初心者から経験者まで各々に見合った指導をいたします。水戸市内又は近辺の方で 水彩画を描いてみたいと云う方は是非どうぞ!! 詳しくはこちらをご覧下さい。→《水彩画教室

2018年01月16日

小さいサイズは

小さなサイズを水張りする時は(A4サイズ以下)
画板に4方を5cm間隔でホチキス止めして、乾かした後
1cmくらいマスキングテープを貼って描くことが多いです。

季節外れですが..
秋に描いた小さなスケッチ〈鷲子の赤い橋〉

Sketch 16.0×23.5cm Fabriano Ex-white C/P
Hitachiomiya city Ibaraki Japan
torinoko_redbridge_sirohuchi.JPG


posted by Baian at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2018年01月10日

2月の横浜講座

昨年11月に引き続き横浜での講座案内です!
まだ3席ほど空きがありますので、お近くの方は是非!!

2018年、2月11日(日)に横浜(上大岡)にて講座をやります。
透明水彩らしい滲みやスパッタリングを使った技法で
「梅のある景色」を描いてみませんか!

お問い合せ・お申し込みはメールまたはお電話にて!!
メール:sf_watercolor@yahoo.co.jp
電話:090-3248-5930


※クリックするとおおきくなります!
DM_yokohama_2018feb.jpg
posted by Baian at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2017年12月29日

気分が乗ったら

教室の課題として2回に分けてやるつもりだったのに
家に帰ってから
2回目が待ちきれずに仕上げてしまった作品。
生徒さんには申し訳なかったですが、
一気に描けそうな
最後までノンストップで行っちゃいたいような
そんな時ありますよね?
もしそんな瞬間がおとずれたなら
絶対にその期を逃してはいけません
それは目に見えない何かが降りてきてるのかも...
ごはんを食べてもいけません
電話はもちろん、宅配便が来ても出なさんな
だってそのウォッシュが途中ならすべてが台無し

〈初冬の里山〉
Arches C/P 26.0×38.0cm

hatsuhuyunosatoyama.jpg

posted by Baian at 02:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2017年12月23日

教室の生徒さんが撮ってきてくれた写真から描きました。
いや、描かせていただいたと言うべきでしょうね。
ひたちなか市中央を流れる「中丸川」
靄った川面、早朝に何度も行ってやっと撮れた写真だそうです。

水彩紙はもう廃版で手に入りませんが
英国の「ワットマン水彩紙」を使いました。
こういうモチーフにはぴったり!
とても柔らかな紙質でマスキングも不可なので、
洗ったり、擦ったり、削ったりと何でも応えてくれる
アルシュやウォーターフォードに慣れてしまうと、
非常に使いにくいけど
グラデーションやにじみはとても綺麗に発色します。
私は使いかけと未開封のスケッチブックを数冊保有しているので、
まだ数年はいけそうです(^^)v

空や水面はとにかく水をたっぷりと引いて
コバルトブルー、パーマネントローズ、ローシェンナを
グラデーションした後、遠景を柔らかくぼかし込みました。

〈霧の朝に〉

Watman C/P 21.5×29.5cm
misty_morning4.JPG
posted by Baian at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2017年12月19日

パレットの色

教室にはいつもこの2枚のパレットを持っていきます。
異なった課題を描いてる生徒さんがいるので1枚じゃ間に合わないからですが..
微妙に中身が違っています。
深い意味は無く現在はこうなっているだけで、気分次第で替えたりもします。
外国製の高価な絵具が多いので、
あまり同じものは勧めませんが、コバルトブルーだけはネオやチントなどの代替品は全く色が異なるので
国産でも全然問題ないので本物をお勧めしています。
良くパレットの色を聞かれますが、稀にど忘れするのでメモがてら色名UP。

番号ふってあります。拡大してご覧ください
palette_number.jpg

Schmincke→シュミンケ(ドイツ製)
Winsor & Newton→ウィンザー&ニュートン(イギリス製)
Holbein→ホルベイン(日本製)
Daler Rowney→デーラー・ラウニー(イギリス製)
Rembrandt→レンブラント(オランダ製)


1. Translucent Yellow (Schmincke) トランスルーセントイエロー
2. Translucent Orange (Schmincke) トランスルーセントオレンジ
3. Cadmiun Yellow (Winsor & Newton) カドミウムイエロー
4. Cadmium Orange (Winsor & Newton) カドミウムオレンジ
5. Cadmium Red (Winsor & Newton) カドミウムレッド
6. Alizarin Crimson (Winsor & Newton) アリザリンクリムソン
7. Permanent Rose (Winsor & Newton) パーマネントローズ
8. Opera (Holbein) オペラ
9. Manganese Violet (Schmincke) マンガニーズヴァイオレット
10. Mauve (Schmincke) モーブ
11. Green Gold (Winsor & Newton) グリーンゴールド
12. Hooker's Green (Winsor & Newton) フーカーズグリーン
13. Viridian (Winsor & Newton) ビリジャン
14. Cobalt Turquoise (Winsor & Newton) コバルトターコイズ
15. Cerulean Blue (Winsor & Newton) セルリアンブルー
16. Cobalt Blue (Winsor & Newton) コバルトブルー
17. French Ultramarine (Winsor & Newton) フレンチウルトラマリン
18. Helio Turquoise (Schmincke) ヘリオターコイズ
19. Perylene Green  (Winsor & Newton) ペリレーングリーン
20. Lemon Yellow (Daler Rowney) レモンイエロー
21. Aureolin (Winsor & Newton) オーレオリン
22. Raw Sienna (Holbein) ローシェンナ
23. Burnt Sienna (Winsor & Newton) バーントシェンナ
24. Burnt Umber (Holbein) バーントアンバー
25. Ultramarine Violet (Schmincke) ウルトラマリンヴァイオレット
26. Payne's Grey (Winsor & Newton) ペインズグレー
27. Neutral Tint (Winsor & Newton) ニュートラルチント

28. Cadmium Lemon (Winsor & Newton) カドミウムレモン
29. Cadmiun Yellow Pale (Winsor & Newton) カドミウムイエローペール
30. Cadmium Red Deep (Holbein) カドミウムレッドディープ
31. Permanent Alizarin Crimson (Winsor & Newton) パーマネントアリザリンクリムソン
32. Quinacridone Mazenta (Winsor & Newton) キナクリドンマゼンタ
33. Winsor Violet〈Dioxazine〉(Winsor & Newton) ウインザーヴァイオレット
34. Winsor Blue〈Green Shade〉(Winsor & Newton) ウインザーブルーグリーンシェード
35. Phthalo Blue Red (Rembrandt) フタロブルーレッド
36. Cobalt Turquoise Light (Winsor & Newton) コバルトターコイズライト
37. Cobalt Green (Winsor & Newton) コバルトグリーン
38. Cobalt Violet Light (Holbein) コバルトヴァイオレットライト
39. Shadow Green (Holbein) シャドーグリーン

posted by Baian at 15:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2017年12月11日

いつもの通勤路

自宅から仕事場へ向かう道。

何年も通っていても車に乗ってると気が付かない景色がある。
偶には降りて少し離れて見ると新しいモチーフに巡り合えるかも♪

ちょうどここはひたちなか市、那珂市、水戸市の境辺り
多分那珂市の後台かな?

〈柔らかな光〉
Waterford C/P 29.5×38.5cm
Yawarakanahikari.JPG
posted by Baian at 13:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 水彩

2017年12月10日

師走になりました。

いよいよ12月です。
気が付けばすでに十日を経過(^^;
年の瀬は何かと忙しい〜

来年の干支は戌か〜、ぼちぼち年賀状用意せねばな〜
どうしていつも切羽詰まらんとやらんかな〜(-_-;)
で、イヌを描いてみる。
が、やっぱ難しい

〈My name is Bell〉20.0×15.0cm
bell_trim.JPG

名前は「ベル」
20年くらい前、突然実家にやって来た迷い犬。
ゼーゼー息が荒いので獣医に診せると、7才くらいだが
フィラリア持ちなので、そう長くはないとの診断でした。
結局、薬をやりながら母の営む喫茶店入口脇に犬小屋を置いて飼うことに。
その後10年以上長生きしました
骨太で見た目はちょっと恐そうだったけど
愛嬌があり性格は温和でお店の常連さんにとても人気者でした♪

posted by Baian at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2017年11月22日

柔らかな水流

本日の教室デモンストレーション。

生徒さんのスナップから描きました。
千葉県で最近話題の場所だそうです!
わざと画面には入れてませんが、本当は上がアーチ状の岩になっていて、
洞窟の様になってます。

画面上から差す光
  水の柔らかな流れ
    水面に溶け込む黄・紅の彩色

季節や時間で様々な表情を魅せてくれそうな良さげなところですね♪

紙:ラングトン・プレステージ荒目 35.0×27.0cm
kameiwa_demo_trim.JPG

マスキングは画面左手前の葉っぱと水しぶきだけやりました。
光の差した明るい部分は塗り残し
岩肌の暗い部分を一気に筆を入れるのがミソです。
岩からの柔らかな水流は白のガッシュで薄く入れ
所々強めではっきりした流れをカッターでスクラッチしました。

posted by Baian at 21:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 水彩

2017年11月13日

横浜講座

昨日は横浜での講座でした。
お題は「空気感のある湖畔風景を描く」
参加者の皆さん、デモと手順の資料を見ながら一生懸命
描いてくださいました。お疲れ様でした!

私は普段から使っている技法でも
初めて経験する方も多かったみたいで
少し時間が足らなかったかな?
最後はデモで行程を見てもらいましたが
何かをつかんで頂けたらとても嬉しいです(^^♪

次回は2月に雪景色を予定しております。
詳細が決まりましたら、こちらのブログでもお知らせ
しますので、是非どうぞ!!

subject.JPG

kouzashiryou.JPG

ws_photo1.JPG


ws_photo2.JPG
posted by Baian at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2017年10月27日

秋の段々畑

昨日、今日と秋晴れが続いております晴れ
洗濯もたまっていたので良かった!
水彩紙の水張りも5〜6枚やってしまいました♪
おっと!風邪引かないように保管には注意ですな。

こちらは今週、教室で描いたデモ。
生徒さんが撮ってこられた写真から描きました
「秋の段々畑」と書きましたが、棚田かな?
遠くに赤く点々とあるのはヒガンバナ
場所どこでしたかね〜?
Yさん、見てたら教えてくださいね(^^;

ラングトン・プレステージ荒目 26.0×36.0cm
tanada_inekariato.jpg

3年くらい前にイギリスの画材サイトから買ったラングトン・プレステージの荒目が
まだ残っていたのでそれを使用。
確かデーラー・ラウニー社で作ってる水彩紙だと記憶してますが、
けっこう好きですこの紙
日本で買うとアルシュ並みに高いのでいずれまた仕入れたい。




posted by Baian at 15:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 水彩

2017年10月23日

紙が風邪をひく

教室デモ。
秋の七ツ洞公園のスナップから描きました。
・・が!
水彩紙がどえらい風邪ッ引きになってました(-_-;)

水彩様に使う紙はサイジングというドーサ処理がされていて
水や絵具を塗った時にすぐにしみ込まず、乾燥するまでに時間があるので
滲みやボカシ、重ね塗りなどが出来る様になってるのですが、
長い時間空気中にさらしておくと湿気などを吸って
その表面ドーサ液がダメになってしまい、絵具を塗った時にまだらになってしまいます。

紙の保管には気を付けているのですが、
画板に水張りした後、しばらく放置していたかも知れんですね。
リフティング(乾燥した後部分的に絵具をふき取ること)
が出来ずに難儀しました。
水張りした画板もすぐに描かない時は保管に気を配らねば〜あせあせ(飛び散る汗)

ウォータフォードホワイト中目 26cm×37cm
aka_nanatsudou.JPG

posted by Baian at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2017年10月21日

ライスライン2枚目

秋の長雨という言葉がありますが、
こうも降り続くといい加減にしてくれという感じですね(;´Д`)
気分もすぐれませんな〜
週末は台風もやって来そうだし..
晴れまで、あと2〜3日の辛抱でしょうか。

先だっての栃木への旅行ネタからもう1枚
大田原のライスラインから見た景色を描きました。

アルシュ荒目 27.0×37.0cm

nishinasu.JPG
posted by Baian at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2017年10月08日

ライスラインから1枚

先日の旅行ネタから1枚描きました。
西那須のライスラインを走行中
交差点を通り過ぎる一瞬
ハッとこの景色が目に入ってきました。
そのまま行ってしまったら後悔しそうだったので、
わざわざUターンして写真を撮ったのでした。

【ライスラインの花たち】
アルシュ荒目 26.5×36.5cm

cosmos_riceline.JPG
posted by Baian at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2017年09月22日

教室デモ2点

教室でのデモを2点

どちらもフランスからのネタです!
・・と言うと如何にも自分で行った風ですが、
生徒さんが旅行中撮った写真からです。

最近はブログネタに困ってUPをさぼりがちなので
これからは教室で描いたものも時々載せようと思います。
ただし、あくまで生徒さんに手順を見てもらう為のものなので、
端折っている部分や完成させてないのも多いですが..。

田舎の小路 France

Fabriano Artistico Ex-white C/P 26.0×34.0cm 
france_redroof.JPG

元写真
motif_2017_summer.JPG

フランスの何処かの橋。

Fabriano Artistico C/P 26.0×36.0cm
demo_francebridge.JPG
元写真
motif_bridge補正.jpg
posted by Baian at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2017年09月16日

講座のお知らせ

《講座のお知らせ》


横浜で1日講座を行います。
(場所は上大岡駅から徒歩2分、赤坂孝史さんの教室です)
秋の湖畔風景を透明水彩の技法、手順で

空気感を意識しながら描いていただきます。
ご興味のある方、ぜひご参加ください!!


日時:2017年11月12日(日)
   11:00〜16:00


場所:横浜市港南区上大岡1-17-26 KTMビル503

〈京急上大岡駅から徒歩2分〉


定員:10名

受講料:6,000円


お申込み、お問い合せはメール又はお電話にて!!
メール:sf_watercolor@yahoo.co.jp
FBをご覧の方はメッセージでのお問い合せもお受け致します。


yokohama_workshop.jpg

posted by Baian at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2017年09月14日

教室デモ

いつも教室では何回かに制作過程を分けて
私がデモをしてその後を追いかけていただきますが・・
たまに一気に最後まで描くのを見ていただく事があります。

着彩手順の全体の流れとしては
最後まで通した方が分かりやすい場合もありますね。
短い時間なので、あまり手の込んだことは出来ないですが、
絵具の混ぜ方や筆の運び方を見てもらいたいのです。

こちらは昨日のデモ
大子袋田の秋口の景色です!

アルシュ細目 5号

fukuroda_from_bridge.JPG
posted by Baian at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2017年09月09日

小さな小さな宙

先日、オーダーをいただいた水芭蕉の絵。

完成しました!!

本日無事にご注文主へお渡しすることが出来ました。

元々の絵が「小さな宙」という題名でした。
こちらは半分サイズですが
構成も少し変えていますので、もちろん1点ものです!

題名は
「小さな小さな宙」
アルシュ細目  28.5×19.5cm

chiisanasora_harf.JPG
posted by Baian at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2017年09月07日

フィンガーペインティング

何を考えていたのか
ふと閃いてしまいました。
指だけで透明水彩って描けるのか?

で、やってみました。
モチーフは描きなれている筑波山の見える風景
新しい生徒さんが入ってくると最初の課題にしてます。

finger_paint.JPG

所要時間1時間、A4サイズ
意外に描けるもんですね。
細かい部分は爪を使ってますが、女性の様に細い指に長い爪があれば
さらに自由でしょうね。
まぁ、わざわざやる事でもないですが、筆わすれちゃった時には良いかも(^^♪

そしてこちらが筆で描いたもの。
demo_mt_tsukuba.JPG


posted by Baian at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2017年08月24日

描き始めました

8月に入ってから不安定な天候が多く
夏が苦手な私としては、このまま涼しくなってくれれば有難い
と思っていたのですが、ここに来てからまた暑さがぶり返してきました。
日照時間が足らず農作物が不作になるのが回避できれば
良しとしましょう!

7月に神田の木ノ葉画廊での展示会に行ってくださった方から
嬉しい注文が入りました。
私の作品で水芭蕉を描いたものを気に入って頂けたそうなのですが、
お部屋に飾るには少し大きいので
小さいサイズで描いて欲しいとの有難いオーダー♪

Sさん、ありがとうございます。
多少構図を変え、ハーフサイズで描き始めました!
もうしばらくお待ちくださいませ!!

order.JPG



posted by Baian at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2017年08月14日

お盆です

お盆真っ最中!
・・ですが、最近町の盆踊り大会とか
あまり見かけなくなりましたね。
ちょっと寂しい気がします。

ここ数年我が家はお墓参りと両家に挨拶へ行くぐらい
どこへ行っても混雑してるしね
わざわざ遠くへ出掛けるパワーは無くなりました。

NHKの連ドラ「ひよっこ」には
茨城県北部の田舎風景や農家が出てきますね。
あの様な長閑な景色がいつまでも見られると良いのですが...。
下の絵は常陸大宮市にある蕎麦屋さんに行った際、
その近くにある農家の道端に赤い花(名前知らず)が
咲いていたので納屋と一緒に写真に撮っておいたネタを描きました。

ウォーターフォードホワイト中目 F4

omiya_farm.JPG



posted by Baian at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩