******************《教室開講のご案内》*****************
実家の喫茶店の空き日(水曜・金曜)を利用して、水彩画教室をやっています。 初心者から経験者まで各々に見合った指導をいたします。水戸市内又は近辺の方で 水彩画を描いてみたいと云う方は是非どうぞ!! 詳しくはこちらをご覧下さい。→《水彩画教室

2022年09月25日

水彩画講座 (横浜)のご案内

皆様、いかがお過ごしでしょうか。
この度3年ぶりに横浜にて水彩画講座を行いますのでご案内申し上げます。
場所は「港南地区センター」となります。
広い会場ですのでお一人に付き1台のテーブルでご受講いただけます。
オンラインではなく皆さんにお会いしてワークショップが行えるのが楽しみです。

今回のテーマは
「秋の彩りと川面を描く」です!
横浜方面の方、ぜひお申し込みください!!

秋の彩りと川面を描くDM1.jpg
posted by Baian at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2022年09月22日

秋の蕎麦畑

お彼岸に入りました。
暑さ寒さも彼岸までと言いますが、朝晩は冷え込むように
なりました。
夜は虫の音が心地良い♪

先々週、常陸大宮方面へそばを食べに行った際、
そば屋さんの蕎麦畑が目の前に広がっていました。
花も小さく収穫はもう少し先と言う感じでしたが、
大きな木が後ろにそびえ立った構図が気に入ったので
描いてみました。
ちょっと何の木か分からなかったんですが、
木の背丈に比べて幹が細かったですね。
知ってる方は教えてください。
(※前々回の投稿写真参照)

遠景は細かく描き過ぎず
ポイントは蕎麦の葉の遠近感をしっかり付ける
ことにあるかなと思います。
最後に色の統一感を出すためレモンイエローを薄く溶いてグレージングしました。


〈大きな木と秋蕎麦〉
紙:ウォーターフォード ホワイトCold Press/サイズ:39.0cm×31.0cm

大きな木と秋蕎麦.JPG
posted by Baian at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2022年09月11日

秋の気配

先週大宮へ行った際ロケハンした景色から描きました。
稲穂が実った風景に赤トンボを入れてみました♪

【秋の使い】
紙:キリマンジャロ・ブライトホワイトCold Press/サイズ: 26.2cm×34.8cm

秋の使い.JPG
posted by Baian at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2022年08月25日

残暑お見舞い申し上げます

暦の上では(立秋を過ぎた)もう秋
天文的には秋分からなのでもう少し先ですね。
少しずつ暑さが和らいできましたが、例年以上に残暑は長引くとか。
まだまだ熱中症には注意です晴れたらーっ(汗)
茨城県植物園内の日差しが強い路面を描きました。
人物入れた方が良かった様な気もしますが...
誰も歩いてなかったあせあせ(飛び散る汗)

〈夏の日差し〉
那珂市 茨城県植物園内
アルシュ荒目 19.2×24.8cm

夏の日差し.JPG

写真では暗部がつぶれていて分かりにくいですね。
2016-09-04_13-16-12trim.jpg
posted by Baian at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2022年08月12日

百色山2

お盆休みに入りました。
台風が近づいていますね、暴風雨に警戒せねばなりませんが、気温が下がって身体は少し楽です。

前回使用したファブリアーノ紙の残り半分に書きました。
何度も描いてますが、水戸光圀が百種類の植樹をしたとされる三反田の百色山の風景。
名称に「山」が入ってますが、山などではなく那珂川の中州です。
近くにある下水処理場のタンクを入れなければ、江戸初期とさほど変わらない景観なのかも。
ファブリアーノ紙(アルティスティコ)はコットン紙にしてはリフトがやり易いので、マスキング液を使わずとも後から筆を使って水面の反射を抜いたり、遠景の竹竿を白く抜いたりが比較的楽に出来るので、水景色にはよく使います。

〈浄化タンクと三反田水景〉
紙:ファブリアーノ・トラディショナルホワイトCold Press/サイズ:24.0cm×34.0cm
浄化タンクと三反田水景.JPG
posted by Baian at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2022年08月02日

酷暑あせあせ(飛び散る汗)

エアコンの効きが今一つで日中は何も出来ない。
PCもヤバそうなので電源OFF。今日も37℃まで上がる予報
本当に危険な暑さです。
真夏は自宅で絵を描くのは午前中のみとなってしまう。
皆様、水分補給は小まめに取ってお過ごしくださいませ!

鷲子の夏シリーズ 第2弾
後ろの山の樹木はから刷毛で暈しながら描きました。

〈鷲子の夏2〉
Torinoko Hitachiomiya city Ibaraki Japan
Fabriano Artistico C/P 34.0×24.0cm

鷲子_夏2.JPG
posted by Baian at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2022年07月27日

鷲子1

常陸大宮市 以前の美和村から栃木の那珂川町に向かって
国道293号線「常陸太田・那須烏山線」が走っているが、それに沿って流れる「緒川」あたりの田園風景が好きである。
最終的に御前山で那珂川と合流する小さな川だが所々架かる橋や段々畑、農業用の小屋、寄棟の民家など田舎風景のロケハンにはもってこいの場所である。
道の駅みわ 「北斗星」で食べる天ぷら蕎麦も楽しみの一つだ。

こ〜んな感じの風景が広がってます。
2018-07-30_12-17-06_s.jpg

2018-07-30_12-17-36_s.jpg

城壁の様な石垣が面白くて描いた1枚

〈鷲子の夏1〉
Fabriano5 C/P 22.0×30.5cm
鷲子_夏1.JPG
posted by Baian at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2022年07月23日

大暑&丑の日

戻り梅雨から一転、厳しい暑さが戻ってきました。
いよいよこれからが夏本番
本日は「大暑」で「土用の丑の日」
大暑は二十四節気の丁度中間
1年の中で最も暑い時期で
各地で打ち水が行われ涼を得るイベントが盛んらしい
今年は土用の期間に丑の日が2度あるとか!?
「二の丑」といって次は8月4日だそう。
鰻はもう何年も食べてないなぁ〜
せめてこんな絵で気分だけでも..。

〈鬼怒川の田舎料理屋〉
日光市
Waterford White C/P 30.8×39.5cm

鬼怒川の田舎料理屋.JPG
posted by Baian at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2022年07月16日

JWS17人展出品作

横浜 関内の「画廊楽」にて【JWS 17人展】が開催中です!
全部で110点以上の展示となっております。お近くのお越しの際はぜひお立ち寄りください!
2022年 7/11(月)〜7/17(日)11:00 - 18:00、最終日は16:00まで。
以下、私の出品作8点のうちの7点です。小品1点は写真撮り忘れ(^^;


〈水入れの時〉1F展示
水入れの時.jpg

〈雪の鳥居〉1F展示
yukinotorii.jpg

〈黄色い絨毯〉1F展示
黄色い絨毯.jpg

〈落 日〉1F展示
process04.jpg

〈初 雪〉2F展示
もず.jpg

〈いい湯だな♪〉2F展示
いい湯だな♪.jpg

〈霧の朝に〉2F展示
霧の朝に.jpg

posted by Baian at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2022年07月14日

シーサー

溶ける様な暑さが続いておりましたが、ここへ来て戻り梅雨なのか少しだけ過ごしやすい感じです。
各地で局所的な大雨もあり被害も出ているみたいですね。
何事もほどほどが良いのですが..。

少し夏っぽい絵を。
沖縄に行った時に見たシーサー
屋根の上に鎮座しているのが何とも良いですね♪
厄除けの守り神なんですが、ちょっと可愛い黒ハート
実はブーゲンビリアの花はここには無かったんですが、
他の写真からひろって描いてみました。

【屋根上の守護神】紙:アルシュ Cold Pressed/サイズ:30.0cm×39.5cm
屋根上の守護神.JPG
posted by Baian at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2022年06月29日

JWS 17人展 in YOKOHAMA

JWS(日本透明水彩会)の17人展が横浜の「画廊 楽」にて
開催されます!!
最寄りの駅はJR 関内駅になります。

自分は1階ギャラリーに3点、2階ギャラリーに3点、
小品コーナーに2点の計8作品を出展致します。
ご都合の良い方はぜひご高覧下さい!!

ちなみに私は初日7/11(月)11:00〜15:00くらいに
在廊する予定です。

【日 時】 2022年7月11日(月)〜17日(日)
      11:00〜18:00 最終日16:00まで
【場 所】 画廊 楽 
      神奈川県横浜市中区翁町1町目3番地小原ビル1階・2階
                     Tel:045-681-7255

                     https://gallery-raku.com/
出品作家
野島朱美 平澤薫 藤枝しげと 中野瑞枝 村上豊 青木美和 松林淳 菊地和広 清水恵 CindySun 畑尾洋子 宮ア慎二郎 松江利恵 湯川晴美 加藤ノブヤ 小林啓子 くどうさとし


2022_17人展_dm1.jpg

2022_17人展_dm2.jpg


posted by Baian at 09:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2022年06月07日

水張りしたら早めが吉

田んぼの絵が続いております
一ヶ月くらい前に水張りしておいたウォーターフォード紙ですが..
サイジング駄目になっていて参りました(-_-;)
JWSの「透明水彩レシピ5」に水彩紙の執筆をして
水彩紙の保管について描いたばかりなのに
この有り様でお恥ずかしいかぎり。
空気中に晒しておいた訳ではないけれど、この時期描く直前に水張りした方が良さそうです。

教室用に描いたもの。
〈初夏の下菅谷〉
ウォーターフォード ナチュラル C/P 30.5×40.0cm
初夏の下菅谷.JPG
posted by Baian at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2022年05月19日

水引く水田

5月も半ばを過ぎたので、田植えも大詰めを迎えているの時期のはず。
...と思っていたけど、雨ばっかり降ってロケハン出来ず早くしないと苗が大きくなってしまうとソワソワしておりました。
天候が回復したすき間をねらって近くの田んぼを散策してきました。
家から車で5分〜10分走った辺りですが
まだまだ知らないポイントがこんなにもあるのかと嬉しくなった次第であります。

DSCF6296_s.jpg

DSCF6308_s.jpg

DSCF6388_s.jpg

ここはまだ水を引いて田植えの準備段階。
水を張ってから1週間くらいは土を馴染ませるみたいですね
    ↓
DSCF6342_s.jpg


【水入れの時】紙:アルシュRough/サイズ:34.5cm×51.0cm
水入れの時.JPG
posted by Baian at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2022年05月02日

またまた田植えの季節

GW真最中、近くの田んぼで田植え始まりました♪
早苗の時期は短い
どうしてもこの季節はソワソワしてしまう^^;

水彩画用和紙「白鳳」(アワガミファクトリー)に描きました。

〈早苗月〉
Hitachinaka City Ibaraki Japan
Hakuhou C/P 20.0×28.5cm

早苗月.JPG
posted by Baian at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2022年04月28日

趣向を変えて

実家の喫茶店の出窓。
父が一日おきに営業している変な店だ。
空き日は水彩画教室で使わせてもらっている。
偶には見たままのものを描いてもらおうと
水曜教室の生徒さんに店の好きな場所を選んで描いてもらっている。
私は入口わきの出窓を選んだ。
花はすべて造花である。
お客さんの土産物なのか?かつてピンク電話があった場所には木彫りのおじさんが鎮座している。

〈午後2時の窓辺〉
Kilimanjaro Watercolor Paper 27.5×38.5cm
午後2時の窓辺trim.jpg
posted by Baian at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2022年04月16日

春のスケッチ

久々に教室の生徒さん達とスケッチに行ってきました。
本当は季節毎に描きに来たいところだが、コロナ禍や私自身の都合が付かなかったりでなかなか出来ないでいる。
今回は描くポイントが豊富な七ツ洞公園。

これが全体図
※クリックで拡大
七ツ洞公園全体図.JPG

早めに着いて先に描いてた生徒さんはダムA脇の岩場から井戸のフォリーを描いていたが、私と他の生徒さんはダムBの中央にある東屋を中心に置いたやや俯瞰の構図を丘になっている竹林からねらってみた。
七ツ洞spot_wright.png

赤丸の竹林からこの方向を描く
描いている写真を撮り忘れてしまいました(-_-;)

陽が照ったり陰ったりとちょっと不安定なお天気。
午前と午後でも水面の光は異なる。

午前
午前.jpg

午後
午後.jpg

私は正味2時間半ぐらい描いたでしょうか。
こんな感じに仕上げました。

アルシュ荒目 27.0×37.0cm
sketch_七ツ洞東屋.JPG
posted by Baian at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2022年04月12日

JWS 透明水レシピ5

第11回日本透明水彩会展はお陰様を持ちまして終了いたしました。
お忙しい中、会場に足を運んで下さいました皆様、ありがとうございました!
今回、会場でも先行販売されていましたJWSの「透明水彩レシピ5」がアマゾンの西洋画部門でベストセラー1位となりました!
メンバーそれぞれの新作とこだわりの画材が紹介されております。
また、紙、絵具、筆などの基本的な知識や選び方なども満載!
面白くて隅から隅まで読んでしまいました<img src=" width="16" height="16" />

私は水彩紙コーナーの執筆を担当しています。
ぜひお手に取ってご覧ください!!<img src=" width="16" height="16" />




amazon_best.jpg



posted by Baian at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2022年03月18日

第11回日本透明水彩会展のお知らせ

今年もまたこの季節がやってまいりました。
私の所属するJWS(日本透明水彩会)の本展が4月にあります。
例年より1週間ほど早い開催となります。

2022年4月6日(水)〜4月12日(火)、丸善・丸の内本店4階ギャラリーにてJWS 11回本展を開催いたします。会員の新作60点を展示致します。そしてJWS「透明水彩レシピ」第5弾を会場にて発売する予定です。今回は「画材」がテーマ!メンバー30名の愛用する画材やオススメの画材が満載。会場ではレシピ5に掲載された作品が各メンバー1点は展示されておりますので併せてご覧になって頂けると幸いです。
また会場入口には毎回人気の小品コーナーも設置。こちらは即売となっておりますのでお目当ての作家さんがいらっしゃいましたらお早めに!
2022_11会展dm1.jpg
2022_11会展dm2.jpg
posted by Baian at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2022年03月15日

コットン25%

前回に続き新しい紙を試しています。
ファブリアーノ社(日本代理店はクサカベ)から出ている
「ファブリアーノ・ウォーターカラー」という
セルロースパルプと25%のコットンを配合した水彩紙。

前回の「ファブリアーノ5」はコットン50%配合でしたが
それと比較するとやんわりウォッシュが紙の繊維に浸透するコットン紙の感じはほぼなく、紙の表面に溜まったウォッシュが徐々に乾燥していく感じと申しましょうか、ま〜パルプ寄りの感じだと思います。
価格がファブリアーノ5の半値なので仕方ないかなとは思います。
紙質は白く、発色は良いです。


【瓜連の小径】
紙:ファブリアーノ・ウォーターカラー Cold Press/サイズ:23.0cm×31.0cm
瓜連の小径.jpg
posted by Baian at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2022年02月28日

春の陽気

昨日辺りから昼間はかなり春らしさを感じられる様になりました。
偕楽園の梅も一気に開花するかな?
このまま暖かくなって欲しい〜
なんせ灯油が自分の中で過去を振り返っても最高値なのは間違いなし
昼間暖房をせずにいられるだけでも随分と違うのです。

イタリアのファブリアーノから出ている水彩紙。
現在、日本ではコットン100%の「アルティスティコ・エキストラホワイト」とコットン50%配合の「ファブリアーノ5」、同じくコットン25%配合の「ファブリアーノ・ウォーター」が代理店のクサカベから出ています。
私が好きなコットン100%の「アルティスティコ・トラディショナルホワイト」は取り扱いがない様です。

以前コットン50%配合の製品は「クラシコ5」は「ファブリアーノ5」に名称が変わったみたいです。
今回荒目と中目のサンプル紙が手に入ったので描いてみました。
アレ? 前のクラシコ5とは色が違うかも〜
真っ白に近いですね、コレは!
ちなみに荒目と中目ではエンボスの風合いがけっこう異なります。

描き心地は悪くないですね。リフトも抜けるし、修正は容易です。
アルティスティコが徐々に絵具が紙の繊維に浸透していくのに対し、ある程度湿っている時間はありますが、それを過ぎるとあっという間に乾く感じ。
滲みやボカシはタイミングは少し難しく感じました。
リフトが抜ける紙にしては重ね塗りも安心して出来るので印象です・


【春の下小川】紙:ファブリアーノ5 Cold Press/サイズ:22.0cm×30.0cm
常陸大宮市(旧山形町)

春の下小川(久隆川).JPG
posted by Baian at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩