******************《水彩画教室のご案内》*****************
実家の喫茶店の空き日(水曜・金曜・日曜)を利用して、水彩画教室をやっています。 初心者から経験者まで各々に見合った指導をいたします。水戸市内又は近辺の方で 水彩画を描いてみたいと云う方は是非どうぞ!! 詳しくはこちらをご覧下さい。→《水彩画教室

2023年01月24日

Vol.7 オンライン水彩画講座のご案内

皆さん、いかがお過ごしでしょうか?
まだまだ寒い日が続きますので体調管理が大切ですね。

さて今回は冬のオンライン講座のご案内です!
テーマは「雪降る里山の風景を描く」です。
二つのモチーフを合わせて雪景色を描いていきます。

Youtubeで私の制作過程動画を見ながら受講していただけます。
モチーフの写真と完成画像、下描きガイドを送りますので
ご自宅でお好きな時間に動画を見ながら描いていただけますので
Youtubeの視聴が可能な方であればどなたでもOK!
完成した作品の画像を送っていただき講師が添削してお返しします。

雪降る里山の風景を描く_dm.jpg

◆お申し込み・お問い合わせはメールにて!

メール:sf_watercolor@yahoo.co.jp


受講料は4,000円(税込み)となります。
お申し込み頂いた方には
講師の指定口座をお知らせしますので講座費をお振込みください。
ご入金確認後、資料と動画のURLを送付いたします。


※また第6回までの各講座も受講申し込み可能です。
受講を逃された方はそちらもご検討ください。
詳細は私のホームページでご確認ください。

https://www.shigeto-fujieda.com/
posted by Baian at 09:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2022年12月18日

涸沼川

先日、笠間市内に用事があったのでグーグルナビ任せで行ってみた。
我が家はひたちなか市の田彦近辺
ルートは水戸市内を通らず、城里方面を山越えして笠間市内に抜けるというもの。
山越えは大袈裟かもしれないが、かなり上り下りはある。
私のオンボロ軽ワゴンには過酷な道のりだが、信号も少なく混雑する水戸の町中を走らずに時間も早く到着できる。
(ただし陽が落ちると真っ暗なので明るいうちしか私は走りませんが..)

そのルートの最後の頃、もう少し走ると国道50号にぶつかる辺りの景色が良かったので車を降りて写真を撮った。
県道61号線沿いの小川がある素朴な風景である。
後から調べてわかったのだが、この川はあの涸沼にそそぐ「涸沼川」
涸沼川は笠間の国見山を水源とし涸沼に流入した後、那珂川と合流する。ここは上流の方で川幅はかなり狭い。

生徒さんから頂いたウォーターフォード・ナチュラル荒目の紙に描いてみる。
川の上部にあるグリーンがもっと鈍い方がよかったな〜と反省。

〈初冬の涸沼川〉
Watercolor / Waterford Rough 26.3×36.7cm

初冬の涸沼川.JPG
posted by Baian at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2022年12月04日

アオサギ描いてみました。

本日も大島公園へお散歩。
白鳥の数は13羽に増えていましたハートたち(複数ハート)
DSCF7010s.jpg

アヒル君も元気です。
DSCF6997s.jpg

池の端っこの方で細長い鳥を確認。
どうやらアオサギみたいです。
DSCF6976s.jpg

ここでは初めて見るかも〜
なるべく間近で見ようとそろりそろりと近寄りますが、警戒心が強いのかすぐに飛んで行ってしまう。
DSCF6991s.jpg

ならば...飛んでしまった瞬間も撮ってみる。
DSCF6929_trims.jpg

こちらの写真と↑
こちらの写真↓を組み合わせて...
DSCF6977_trim.jpg

描いてみたのがコチラの作品。
【Fly away】
アルシュ Cold Press 30.0×40.0cm
fly away.JPG
posted by Baian at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2022年11月10日

水彩画教室(水戸市)の生徒さん募集中です!!

新たに日曜(第1、第3日曜日 13:30〜15:30)教室はじめます!!

※平日お仕事または学校へ行かれている方などを対象に新たに日曜日の教室を始める事に致しました。現在生徒さん募集中です!!

※平日(水曜または金曜)も欠員が出ましたので生徒さん募集しております。見学も可能ですのでご希望の方はご連絡ください

水曜(第2、第4水曜日 13:30〜15:30)2名募集!!

金曜(第1、第3金曜日 14:00〜16:00)3名募集!!

お電話またはメールにてお問合せください。
TEL: 090-3248-5930
メール:sf_watercolor@yahoo.co.jp


ダイヤ詳しくはこちらをご覧ください!!

posted by Baian at 13:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2022年11月04日

三三に合う描画サイズ

これまでよく描いていた紙のサイズは
「大衣(だいころ)の額縁に合う中判紙の4分の1サイズ28cm×38cm」
「半切(はんせつ)」の額縁に合うF6号31.8cm×41.0cm」
が多かったきがしますが、
最近は↓サイズに描くことも多くなってきました。
「三三(さんさん)」の額縁に四方5cm巾のマットだと
描画サイズは35.0×50.0cmくらいになります。
変形の8号くらいでしょうか。
どうもF8だと縦横の比率が風景には合わないです。
海外のブロック紙の14インチ×20インチ(36cm×51cm)なら
縦横のバランスも良くこの額がびったしです。
三三の額縁はまだ2本しかないんだけどね(笑)

〈柔らかな光〉
MIto city Ibaraki Japan
Watercolor / Arches Rough 35.0×50.0cm

柔らかな日差し.JPG
posted by Baian at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2022年10月19日

秋桜のあるネタ

ここのところどんよりした陽気が続いてましたが、今週は秋晴れの清々しいお天気となりそうです晴れ
気分が乗ればスケッチも良いかも!アートぴかぴか(新しい)

昨日は4回目のワクチン接種をしてきました。
過去3回はモデルナ社製でいずれも発熱しましたが、今回は初のファイザー社製。
今のところ少し腕が痛いくらいで済んでおります。

以前ロケハンした偕楽園公園のネタで描いてみました。
秋桜が綺麗だったのですが
やっぱちょっと花は苦手ですかね〜^^;
ま、雰囲気だけでも。

〈秋の桜川〉
紙:ウォーターフォード ホワイトCold Press/サイズ:30.0cm×39.5cm
秋の桜川.JPG
posted by Baian at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2022年10月09日

サイジングがキツイ時は

サンプルで頂く紙は自分が普段あまり使わないF4サイズが多い。
なのでどうしても溜まってしまう。
でも気楽に描きたい時はいいですね。これはファブリアーノ・ウォーターカラーというパルプにコットン25%を配合した紙。
この紙はサイジング(滲み止めの処理)がキツイ
サイジングが強い紙はウォッシュが弾かれてしまう事があるので、そういう紙は水刷毛などで表面を洗った後、キッチンペーパーなどで軽く押さえて乾かしてから描くと絵具の乗りが良くなることがあります。
これはそのまま描いちゃったけど(笑)

〈休日〉ひたちなか市 大島公園

Hitachinaka City Ibaraki Japan
Watercolor/Fabriano Watercolour C/P 23.0×31.0cm
休日.JPG


posted by Baian at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2022年10月02日

久慈川 堤防沿い

秋らしい陽気になってきました♪
那珂市 本米崎にある久慈川沿いの景色
ここは10年くらい前にも描いたことがある場所。

〈堤防脇の菜園〉
ウォーターフォード ナチュラル中目 30.0×40.0cm

堤防脇の菜園.JPG
posted by Baian at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2022年09月25日

水彩画講座 (横浜)のご案内

皆様、いかがお過ごしでしょうか。
この度3年ぶりに横浜にて水彩画講座を行いますのでご案内申し上げます。
場所は「港南地区センター」となります。
広い会場ですのでお一人に付き1台のテーブルでご受講いただけます。
オンラインではなく皆さんにお会いしてワークショップが行えるのが楽しみです。

今回のテーマは
「秋の彩りと川面を描く」です!
横浜方面の方、ぜひお申し込みください!!

秋の彩りと川面を描くDM1.jpg
posted by Baian at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2022年09月22日

秋の蕎麦畑

お彼岸に入りました。
暑さ寒さも彼岸までと言いますが、朝晩は冷え込むように
なりました。
夜は虫の音が心地良い♪

先々週、常陸大宮方面へそばを食べに行った際、
そば屋さんの蕎麦畑が目の前に広がっていました。
花も小さく収穫はもう少し先と言う感じでしたが、
大きな木が後ろにそびえ立った構図が気に入ったので
描いてみました。
ちょっと何の木か分からなかったんですが、
木の背丈に比べて幹が細かったですね。
知ってる方は教えてください。
(※前々回の投稿写真参照)

遠景は細かく描き過ぎず
ポイントは蕎麦の葉の遠近感をしっかり付ける
ことにあるかなと思います。
最後に色の統一感を出すためレモンイエローを薄く溶いてグレージングしました。


〈大きな木と秋蕎麦〉
紙:ウォーターフォード ホワイトCold Press/サイズ:39.0cm×31.0cm

大きな木と秋蕎麦.JPG
posted by Baian at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2022年09月11日

秋の気配

先週大宮へ行った際ロケハンした景色から描きました。
稲穂が実った風景に赤トンボを入れてみました♪

【秋の使い】
紙:キリマンジャロ・ブライトホワイトCold Press/サイズ: 26.2cm×34.8cm

秋の使い.JPG
posted by Baian at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2022年08月25日

残暑お見舞い申し上げます

暦の上では(立秋を過ぎた)もう秋
天文的には秋分からなのでもう少し先ですね。
少しずつ暑さが和らいできましたが、例年以上に残暑は長引くとか。
まだまだ熱中症には注意です晴れたらーっ(汗)
茨城県植物園内の日差しが強い路面を描きました。
人物入れた方が良かった様な気もしますが...
誰も歩いてなかったあせあせ(飛び散る汗)

〈夏の日差し〉
那珂市 茨城県植物園内
アルシュ荒目 19.2×24.8cm

夏の日差し.JPG

写真では暗部がつぶれていて分かりにくいですね。
2016-09-04_13-16-12trim.jpg
posted by Baian at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2022年08月12日

百色山2

お盆休みに入りました。
台風が近づいていますね、暴風雨に警戒せねばなりませんが、気温が下がって身体は少し楽です。

前回使用したファブリアーノ紙の残り半分に書きました。
何度も描いてますが、水戸光圀が百種類の植樹をしたとされる三反田の百色山の風景。
名称に「山」が入ってますが、山などではなく那珂川の中州です。
近くにある下水処理場のタンクを入れなければ、江戸初期とさほど変わらない景観なのかも。
ファブリアーノ紙(アルティスティコ)はコットン紙にしてはリフトがやり易いので、マスキング液を使わずとも後から筆を使って水面の反射を抜いたり、遠景の竹竿を白く抜いたりが比較的楽に出来るので、水景色にはよく使います。

〈浄化タンクと三反田水景〉
紙:ファブリアーノ・トラディショナルホワイトCold Press/サイズ:24.0cm×34.0cm
浄化タンクと三反田水景.JPG
posted by Baian at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2022年08月02日

酷暑あせあせ(飛び散る汗)

エアコンの効きが今一つで日中は何も出来ない。
PCもヤバそうなので電源OFF。今日も37℃まで上がる予報
本当に危険な暑さです。
真夏は自宅で絵を描くのは午前中のみとなってしまう。
皆様、水分補給は小まめに取ってお過ごしくださいませ!

鷲子の夏シリーズ 第2弾
後ろの山の樹木はから刷毛で暈しながら描きました。

〈鷲子の夏2〉
Torinoko Hitachiomiya city Ibaraki Japan
Fabriano Artistico C/P 34.0×24.0cm

鷲子_夏2.JPG
posted by Baian at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2022年07月27日

鷲子1

常陸大宮市 以前の美和村から栃木の那珂川町に向かって
国道293号線「常陸太田・那須烏山線」が走っているが、それに沿って流れる「緒川」あたりの田園風景が好きである。
最終的に御前山で那珂川と合流する小さな川だが所々架かる橋や段々畑、農業用の小屋、寄棟の民家など田舎風景のロケハンにはもってこいの場所である。
道の駅みわ 「北斗星」で食べる天ぷら蕎麦も楽しみの一つだ。

こ〜んな感じの風景が広がってます。
2018-07-30_12-17-06_s.jpg

2018-07-30_12-17-36_s.jpg

城壁の様な石垣が面白くて描いた1枚

〈鷲子の夏1〉
Fabriano5 C/P 22.0×30.5cm
鷲子_夏1.JPG
posted by Baian at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2022年07月23日

大暑&丑の日

戻り梅雨から一転、厳しい暑さが戻ってきました。
いよいよこれからが夏本番
本日は「大暑」で「土用の丑の日」
大暑は二十四節気の丁度中間
1年の中で最も暑い時期で
各地で打ち水が行われ涼を得るイベントが盛んらしい
今年は土用の期間に丑の日が2度あるとか!?
「二の丑」といって次は8月4日だそう。
鰻はもう何年も食べてないなぁ〜
せめてこんな絵で気分だけでも..。

〈鬼怒川の田舎料理屋〉
日光市
Waterford White C/P 30.8×39.5cm

鬼怒川の田舎料理屋.JPG
posted by Baian at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2022年07月16日

JWS17人展出品作

横浜 関内の「画廊楽」にて【JWS 17人展】が開催中です!
全部で110点以上の展示となっております。お近くのお越しの際はぜひお立ち寄りください!
2022年 7/11(月)〜7/17(日)11:00 - 18:00、最終日は16:00まで。
以下、私の出品作8点のうちの7点です。小品1点は写真撮り忘れ(^^;


〈水入れの時〉1F展示
水入れの時.jpg

〈雪の鳥居〉1F展示
yukinotorii.jpg

〈黄色い絨毯〉1F展示
黄色い絨毯.jpg

〈落 日〉1F展示
process04.jpg

〈初 雪〉2F展示
もず.jpg

〈いい湯だな♪〉2F展示
いい湯だな♪.jpg

〈霧の朝に〉2F展示
霧の朝に.jpg

posted by Baian at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2022年07月14日

シーサー

溶ける様な暑さが続いておりましたが、ここへ来て戻り梅雨なのか少しだけ過ごしやすい感じです。
各地で局所的な大雨もあり被害も出ているみたいですね。
何事もほどほどが良いのですが..。

少し夏っぽい絵を。
沖縄に行った時に見たシーサー
屋根の上に鎮座しているのが何とも良いですね♪
厄除けの守り神なんですが、ちょっと可愛い黒ハート
実はブーゲンビリアの花はここには無かったんですが、
他の写真からひろって描いてみました。

【屋根上の守護神】紙:アルシュ Cold Pressed/サイズ:30.0cm×39.5cm
屋根上の守護神.JPG
posted by Baian at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2022年06月29日

JWS 17人展 in YOKOHAMA

JWS(日本透明水彩会)の17人展が横浜の「画廊 楽」にて
開催されます!!
最寄りの駅はJR 関内駅になります。

自分は1階ギャラリーに3点、2階ギャラリーに3点、
小品コーナーに2点の計8作品を出展致します。
ご都合の良い方はぜひご高覧下さい!!

ちなみに私は初日7/11(月)11:00〜15:00くらいに
在廊する予定です。

【日 時】 2022年7月11日(月)〜17日(日)
      11:00〜18:00 最終日16:00まで
【場 所】 画廊 楽 
      神奈川県横浜市中区翁町1町目3番地小原ビル1階・2階
                     Tel:045-681-7255

                     https://gallery-raku.com/
出品作家
野島朱美 平澤薫 藤枝しげと 中野瑞枝 村上豊 青木美和 松林淳 菊地和広 清水恵 CindySun 畑尾洋子 宮ア慎二郎 松江利恵 湯川晴美 加藤ノブヤ 小林啓子 くどうさとし


2022_17人展_dm1.jpg

2022_17人展_dm2.jpg


posted by Baian at 09:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2022年06月07日

水張りしたら早めが吉

田んぼの絵が続いております
一ヶ月くらい前に水張りしておいたウォーターフォード紙ですが..
サイジング駄目になっていて参りました(-_-;)
JWSの「透明水彩レシピ5」に水彩紙の執筆をして
水彩紙の保管について描いたばかりなのに
この有り様でお恥ずかしいかぎり。
空気中に晒しておいた訳ではないけれど、この時期描く直前に水張りした方が良さそうです。

教室用に描いたもの。
〈初夏の下菅谷〉
ウォーターフォード ナチュラル C/P 30.5×40.0cm
初夏の下菅谷.JPG
posted by Baian at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩