******************《教室開講のご案内》*****************
実家の喫茶店の空き日(水曜・金曜)を利用して、水彩画教室をやっています。 初心者から経験者まで各々に見合った指導をいたします。水戸市内又は近辺の方で 水彩画を描いてみたいと云う方は是非どうぞ!! 詳しくはこちらをご覧下さい。→《水彩画教室

2017年02月18日

JWS 日本透明水彩会のホームページ

私が所属する

JWS(日本透明水彩会)の新しいホームページが出来ました!!


https://www.jws.in.net/


URL(ウエブサイトのアドレス)も新しくなっております。
旧ホームページをご登録の方は新ホームページへのブックマーク
変更をお願い致します。

4月開催の《第7回日本透明水彩会展》【東京展】、

5月の関西初開催となる【大阪展】のご案内がございます。

ぜひご高覧くださいませ!!


また、同時開催致しますワークショップ、デモ、スケッチ会などの

講座案内もございます。皆様のご参加をお待ちしております。


JWSの最新情報を逸早くお届けするメールマガジン購読のお申込みも
〈ご登録フォーム〉からしていただけます。
今回より展覧会のご案内など、これまでのDMの発送にかわり、
メールマガジンでのお知らせとなりますので是非ご登録をお願い致します。


newhp.JPG

posted by Baian at 14:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2017年02月11日

ボチボチ

先月から手を掛けていた用事がなんとか
目途が付いたので、ボチボチ絵を描いていこうと思います。

こちらは先週合間を見てちょこちょこっと描いたもの
水戸の大塚池公園の一画を切り取った図。
そういえば、ここの鳥インフルどうなったかな〜?
今シーズンはまだハクチョウに会ってないかも。
明日あたり近くの公園に行ってみるとしよう。

アルシュ荒目
34.5 X 23.5cm
O_park.JPG
posted by Baian at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2017年01月24日

懐かしい作品

え〜、お久しぶりでございます。
前回、ざ〜っと新年の出来事をUPしてから
はや2週間は経過しておりますでしょーかあせあせ(飛び散る汗)
はい、今年もやっぱりいーかげんです。
全然進歩しておりませんね<(_ _)>

ここのところ、某お仕事に掛かり切りになってまして・・
とは言っても一銭にもならないものなのですよ(涙
そして...
Wifeがインフルにやられてしまい
1週間、寝込んでおりましたので、
朝、昼、晩とご飯の支度、後片付けなどと
けっこう私なりに忙しかったのであります。

そんなわけで
今年は教室以外では絵は1枚も描いてないのであります。

ここで懐かしい作品を1枚。
今から10年前
絵を初めて2年目の作品ですが、友人夫妻と角館へ
行った際、武家屋敷にあった建物。
江戸末期の下級武士の家..「松本家」
ここは映画「たそがれ清兵衛」の決闘場所の外観として
使われた場所。

5号 ウォーターフォード細目
Matsumotoke.jpg
posted by Baian at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2016年12月26日

朝焼け

クリスマスも終わり、年内のイベントと言えば
大掃除と大晦日くらいになったのでしょうか?

ま〜我が家の場合、大掃除は床張替えの時に
終えてしまった様なものなので、後は年賀状でも書きながら
のんびり正月の準備でもするとします。

絵仲間であり、かつて横浜で2人展をやった相棒の
瀧内秀一さんがイカ釣りに行った際に横浜の八景島付近から
早朝の東京湾を撮ったスナップが美しかったので
それをネタに描かせてもらいました。

その前に締め切り直前で切羽詰まった気持ちで描いてた
絵が終わったので、こちらはかなりリラックスして描きました(笑)

〈朝焼けの東京湾〉
ウォーターフォード ナチュラルC/P 40.0cm×30.0cm
tokyo_bay_hakkeijima.JPG

元写真はこちら
右前方の暗い部分は意識して明るめにしてみた
お日さまの周りの黄色い部分はレンズフレアかな〜?と思い
このまま描くと不自然な気がしたのでもっと柔らかな雰囲気にしました。
メインの舟は少し長体にして奥行き感を出してみた。
Tokyo_bay_takiuchiphoto.jpg
posted by Baian at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2016年12月16日

あと2週間!

今月はクリアしなければならない問題や締切に追われ
気が付けば今年も残り2週間!
やばいです
どれも中途半端です。果たして間に合うのでしょうか(+_+)

そんな中、年賀状用にと描いたのが今回の絵。
来年の干支にちなんでモズですが
何でモズかと言うと
子供の頃、鳥と言えばツバメとモズが好きだったという
ただそれだけの理由です。

「もずが枯れ木で」という歌がありますが、
茨城の民謡だそうですね。知りませんでした
気分が盛り上がってついつい雪を降らしてしまい
新春のご挨拶には不向きな"ひゃっこい"(冷たい)
絵になってしまったのでボツと相成りました(泣)

ファブリアーノ・アルティスティコ トラディショナルホワイトC/P

mozu.JPG
〈もずが枯れ木で〉
【作詞】サトウ ハチロー
【作曲】徳富 繁

もずが枯木で鳴いている
おいらは藁を たたいてる
綿びき車は おばあさん
コットン水車も 廻ってる

みんな去年と 同じだよ
けれども足んねえ ものがある
兄さの薪割る 音がねえ
バッサリ薪割る 音がねえ

兄さは満州に いっただよ
鉄砲が涙で 光っただ
もずよ寒いと 鳴くがよい
兄さはもっと 寒いだろ
posted by Baian at 02:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2016年11月28日

季節外れの

先週、11月だというのに降雪がありましたね〜

首都圏では54年ぶりの事だとか...。

54年前の11月と言えば

なんと私が誕生した時ですよ!
もちろん生まれたての赤ん坊が覚えてるはずもなしですが、
自分がこの世に出てきたその月に
季節外れの雪が降ったんだな〜 などと感慨深いものがあります。

そんなわけで雪景色を1枚

〈11月の雪〉
ウォーターフォード ホワイト荒目 36.0×26.5cm
snowfall_november.JPG
posted by Baian at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2016年11月21日

秋風景

秋らしい絵を2枚

その1
国道293号線を走り、美和の道の駅「北斗星」から
さらに300mくらい行った辺り
橋の手前を小川沿いに入ってみました。
実は気になったのはこの向いにあるレトロ感あふれるこの建物
2016-10-16_12-45-28_s.jpg

良〜く見ると公民館として使っていたようです。
・・で、反対側を見るとこの景色

〈秋の美和村〉
ウォーターフォード ナチュラル 40.0X30.0cm
aki_no_miwamura.JPG

小川は車から降りて土手まで近寄らないと見えません。
秋らしいのはこちらなので描いてみました。
公民館はまたの機会にするとしましょう
現在は常陸大宮市美和地区となってますが、かつての美和村の方が
私は断然好き


その2
福島県南会津にある観音沼森林公園
もう何度も描いてますね〜、ここは。
ただし私が行ったのは5月ごろ
秋の紅葉は見事と聞いてますが、残念ながらまだ行けずじまい
そんな折
生徒さんのお一人がご自宅の塗装の吹付をやり直すので
業者さんが入ってる間、奥様と観音沼方面へ旅行されると聞き、
写真を撮って来てもらいました。
いや〜、ほんとキレイ!
速攻描かせていただきました。

どちらの絵も水面の映り込みがキモですね
ウォーターフォード紙のナチュラルを使用しています。
少し黄味がかった地肌が秋の風景に馴染みます。
ホワイトに比べると乾燥が遅いので水面を描くときは
少し余裕が出来、滲みがやり易い気がします。

こちら元写真
aki_kannonnuma_s.jpg

〈晩秋の観音沼〉
ウォーターフォード ナチュラル 39.5X29.5cm
kannonlake_autumn.JPG
posted by Baian at 13:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 水彩

2016年11月05日

百色山

以前、友人に教えてもらった「百色山」という場所。

ひたちなか市の那珂川に架かる勝倉橋から少し海寄りに
行ったところにある中洲の様なところです。
2016-09-30_17-21-06_s.jpg

何でも水戸黄門こと徳川光圀がここに百種類の木々を植えたことから
そう呼ばれてるそうです。
いつも釣り人が数人いるくらい
緩やかな川の流れに小舟が何艘か停泊していているだけの
静寂感が漂うところ。
車で行けば家から10分くらいなので、時折ネタを探しに行きます。
これまで季節、アングルを替え何度も描いてます。
2016-09-30_17-18-38_s.jpg

今回は小舟が3艘連なってる場所を選びました。
実際は小舟が4艘と少し大きめのボートが2艘あったけど賑やか
すぎるので省略。
何と言ってもこの絵の肝は
木々と立草の水面への反映だと思います。
水彩紙の湿り具合、絵具の濃度、ボカシのタイミング
一発勝負なのでここだけは全神経集中(笑)
水面からの突き出ている竹竿だけマスキングしておきました。
竿の映り込みは後から平筆でリフティング

ひたちなか市三反田
ウォーターフォード ナチュラル中目 30.0cm×40.0cm
mitanda_autumn.JPG
posted by Baian at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2016年10月31日

赤いもの

紅葉の季節ですが...
観に行くとなるとタイミングが難しい〜
時期は場所によっても異なるし
仮に行けたとしても天候に恵まれないこともあります。
でもでも・・
時々、赤いものが無性に描きたくなる事が..。

そんな訳で数年前に裏磐梯で撮った写真から描きました。
湖にそそぐ小さな支流の淵にあったモミジ。
モミジの葉はマスキングしておいて最後に着色します。
こういうのは気長にやるしかありません
毎度のことですが、周りを暗くするのに難儀しますね〜(-_-;)
絵具を濃く溶いて一発で決められれば楽ですが、
枯れ葉の重なりとか表現するとなるとそうもいきません

フェイスブックなどに作品をUPすると割と筆勢を活かしたスピード感のある絵が
ウケる傾向にあります。
自分自身もそういうのが見るのも描くのも好きなので
あまりマスキングを多用してチマチマしたくないのが本音。
マスキング自体あまり得意じゃないし
作業的になりすぎて途中で絵を描く気分が萎えてしまう事があります。
実はこの絵も1年前に下描きまでしてやめてしまいました。

先日YouTubeで大島紬の作業工程をたまたま見たのですが・・
あまりの手間と工程の多さに驚きました。
マスキング如きでめんどくせ〜
などと言っていてはいかんですね(笑)
モチーフとしては好みなので再度描き直しました。


〈小川の淵〉
福島県 北塩原村
アルシュ細目 36.0cm×26.0cm
ogawa_no_huchi.JPG
posted by Baian at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2016年10月28日

見知らぬ道

10月も終わろうとしていて、今年も残るところ2ケ月あまり
となりました。
昨日、一昨日は真夏の様な気温だったのに
今日は冷たい雨、外を歩くにはコートが欲しいくらいの寒さ。
相変わらず不安定な陽気です(-_-;)
ストーブやファンヒーターを清掃し、新しい灯油を買いに行く

先日いつもの水戸からの帰宅コースから外れて
あまり通らない道を帰ってきたのですが、
途中でちょっとした溜め池を見付けたので、車から降りて歩いてみた。

2016-10-12_16-54-16_s.jpg

2016-10-12_17-01-56_s.jpg

農業用の貯水池でしょうか?
手前と奥に池があります。
道には栗やドングリが仰山落っこちてます。
普段人が頻繁に通ってる感じではなさそう。
2016-10-12_17-01-12_s.jpg

反対方向からは何度か車で通ったことあるけれど
気が付かなかったな〜
身近にもまだまだ知らない場所がありそうです♪

1ヶ所、側道を見付けた。左にカーブした坂道
坂の向こうにはどんな景色があるのだろう?
写真を撮っておいたので描いてみました。
2016-10-12_17-00-14_trim_s.jpg

〈見知らぬ道〉

ひたちなか市津田
ウォーターフォードホワイト中目 26.8X36.5cm
aruhino_gogo.JPG
posted by Baian at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2016年10月18日

近所の花壇

我が家から歩いて10分くらいの所に
その付近の自治会が管理してるのだろうと思われる
小さな公園らしきものがあるのですが..
季節ごとの花々を植えた花壇がいくつもあって
特にこの時期は色とりどりの植物が楽しめます♪
次に行った時は正式名称を確かめてくるとしよう!(^^;

一部ですがこんな感じ
2016-09-30_15-04-24_s.jpg

2016-09-30_15-09-46_s.jpg

2016-09-30_15-12-30_s.jpg

2016-09-30_15-14-20_s.jpg

2016-09-30_15-16-56_s.jpg

2016-09-30_15-14-42_s.jpg

2016-09-30_15-25-56_s.jpg


そんな中から
今回はキバナコスモスを描いてみました。

〈空へ〉
紙:ウォーターフォードホワイト荒目/サイズ:36.0cm×26.5cm

kibana_cosmos_kadan.JPG
posted by Baian at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2016年10月06日

稲穂

10月になりました。
やっと涼しくなりますかね?
カラッとした秋晴れの陽気がつづくと嬉しいんですが..

ここ2ヶ月ほど歯医者さんに通ってます。
3年ぶりのメンテ
右上の奥歯を1本抜き、左上のブリッジを全部やり治した。
歯が痛いと憂鬱ですね、
やっと美味しく食事が出来そうです♪

その歯医者さん前の道路の向こう側に稲穂がたわわに実ってました。
今年は天候不順でいつも行く岩間や友部の農作地帯へのロケハンのタイミング
がうまくいかなかったので、ここを描いてみました。

私には珍しく青い空です(笑)
遠くに見えるは世界一の高さを持つ日立製作所のエレベーター研究塔

那珂市後台
Waterford White C/P 33.0X24.0cm
godai_autumn.jpg

posted by Baian at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2016年09月17日

涼しくなってきた

9月も後半に入り
いくらか過ごしやすくなったでしょうか?
暑さ寒さも彼岸まで..とかよく言ったものですね

先日、那珂市にある茨城県植物園に行ってきました。

2016-09-04_13-59-18_s.jpg

2016-09-04_14-01-50_s.jpg

植物を見に行ったわけではなく、地元の水彩画サークルの展示会が
やっていたのです。
数年前にも見た事がありますが、おそらく同じサークルだったと思います。
今回は風景画がメインで10人くらいの方が4点ずつ出展されてました。

芳名帳に名前を記したら
「あら..数日前に似た名前の方がいらっしゃってましたよ!」
と仰るので確認したら叔父でした(笑)
私の名前は叔父から一文字もらっているのです。
叔父も透明水彩を別なグループでやってるらしいのだけれど
作品を見たことはありません。
どんな絵を描いてるんだろうな〜
機会があったら見せてもらおう(^^♪

こちらの立派な建物は熱帯植物館

2016-09-04_13-54-18_s.jpg

東南アジアの熱帯・亜熱帯に生息する約240種、約23,000本の植物
が鑑賞できます。
日曜の昼間でしたが、館内に居たのは私一人だけでした(笑)

2016-09-04_13-47-10_s.jpg

2016-09-04_13-44-28_s.jpg

2016-09-04_13-48-02_s.jpg

2016-09-04_13-48-46_s.jpg

この日、外は猛暑だったがせっかくなので歩いてみた。
熱帯のキレイなお花も良いけれど・・
どちらかというと私はこんな景色が好きかも

2016-09-04_13-24-24_s.jpg

途中にあった苔むした石橋を描いてみました。

〈夏の終わり〉
アルシュ荒目 40.5×29.0cm
Ishibashi_natsunoowari.JPG
posted by Baian at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2016年09月05日

庭の雑草

9月になりましたが、まだまだ暑いですね〜

庭の雑草もまだまだ伸びているようで、
(あ..庭というよりも駐車場ですが)
今年5回目の草取りもぼとぼちやらねばならんかのう?
などと考えながら見回してみるものの
あまりの暑さで全くやる気にはならんのです。

ふと雑草の中に可憐な花びらを見付けました。
淡い瑠璃色の大きな花びら2枚と小粒の黄色い花の組合せ♪
そのまま抜いてしまうのは勿体ないので
描いてみた。

例によって花の名前を知らない私。
写真を撮ってネットで調べたら「露草」でした!
お〜、名前だけは知っていたがコレがそうかいな?
古くは月草とも呼ばれ万葉集の和歌にも沢山出てくるそうです。

〈露草〉
アルシュ荒目 36.5X25.5cm

tsuyukusa_dayflower.JPG
posted by Baian at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2016年08月28日

ジャノメソウ

7月の初旬に近所の空き地に咲いてる花が綺麗だったので
写真を撮っておいた。
夏ってこの辺は緑ばかりになっちゃうからね。
あまり良いネタはないんですが
アジサイが終わった頃咲き出したこの黄色い花が
気になってました。

harushagiku.jpg

そんな特別な花じゃなくて、その辺でよく見る雑草。
私は本当に花の名前には疎いので、調べてみたら
ハルシャギク(波斯菊)、別名ジャノメソウ(蛇目草)
そういや、どちらも聞いたことがある名前。
同じ花だとは知りませんでしたが...個人的にはジャノメソウ
の方が響きが好きかな?

と言う訳で描いてみました。
〈蛇目草〉
ファブリアーノ エキストラホワイトC/P 34.0X23.0cm
janomesou.JPG
posted by Baian at 03:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2016年08月10日

あつ〜あせあせ(飛び散る汗)

暑中お見舞い申し上げます。

皆様いかがお過ごしでしょうか?
兎にも角にもこの暑さ、どうにかならんもんでしょうかね〜
昼は冷房にあたりおとなしくしてるしかありません。
夜は夜でリオ五輪で別な意味で熱いし
寝不足、夏バテ、熱中症、要注意です..(^^;

こちらも生徒さんの写真をお借りして描きました。
長野県は飯山市、菜の花公園近辺の風景だそうです。
菜の花は咲いてないので、秋口らしい
ポイントはやはり右側の橋と遠景の光の反射する家々の屋根でしょうか!

紙:ウォーターフォードナチュラル中目 F6サイズ
iiyama_s.JPG
posted by Baian at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2016年08月04日

水色?

前作に続き、こちらも生徒さんが撮ってきた写真から。

場所はちょっと確認するのを忘れましたが、
ネット仲間によると山上湖でのヘラブナ釣りだとか..。
自分は釣りの事はさっぱり分からないのですよ。
なんせ山上湖と言うのが固有名詞だと思ってたくらいですから(^^;

水と言うと水色と思ってしまいがちですが、
水って無色透明ですよね!
偶々淡く青い空が映りこんでいる時だけそんな風に見えるだけで
夕焼けが映っていれば赤やオレンジに見える訳です。
だから本当はあの色を水色と呼ぶのは無理があるのです。

聞いた話ですが余所の国の子供に太陽を描かせると黄色や白い絵具を
使うそうですが、日本の子はかなりの割合で赤い御日様を描くそうです。
国旗の日の丸が影響してるのではとか?

そんな訳で固定観念は良くないですね!
ここは周りが深い緑で囲まれているので、湖面もそんな色になります。
基本的に樹木のグリーンはレモンイエローとフタロブルー、ウルトラマリンの混色で
作ってますが、水面には一部コバルトグリーンとビリジャンを使いました。

〈釣り人〉
ウォーターフォードホワイト中目 36.5cm×26.5cm
fisherman_prus.jpg
posted by Baian at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2016年07月24日

倉敷美観地区

Wifeは倉敷で生まれ3歳くらいまで過ごしたらしい。
しかしまったく記憶はないらしい(^^;)

私も高校の修学旅行で大原美術館に立ち寄ったくらいで
お目当ては同館所蔵の岸田劉生や佐伯祐三などの作品だったので
この美観地区の風情ある景観には目もくれなかったのかも知れない。
正直あまり覚えてない
ま〜、10代の若造には風情などカンケーねぇだったのかも(笑)

こちらは教室の生徒さんが撮ってきた写真から描きました。
プリントで頂いたのでそれをスキャンしてます。
違う年に訪れ、同じ場所を撮ったとか。
それぞれ良いけど水面に動きがある方を選んでみた。
波紋の一部はマスキングしてます。

〈写真1〉
kurashiki_photo1_s.jpg

〈写真2〉
kurashiki_photo2_s.jpg

〈朝の川面〉
ウォーターフォード ホワイト中目 36.5X27.0cm
kurashiki_bikan.JPG
posted by Baian at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2016年07月17日

透ける木

数年前のロケ写真から描きました。
夕方の傾いた陽光に照らされ木々が半透明に見える時間帯が好きなのです。
逆光なので輪郭がぼやけると言った方が良いかな?
中央の幹はベース色のグレーで塗ったら
乾かないうちに赤、黄、オレンジの透明色を流し込んで光に透けた雰囲気を
出してみました。
空、遠景、中景、近景の順で遠近感を付けながら描くのがミソです!


〈曽原湖畔〉
ウォーターフォードホワイト C/P 31.5X23.0cm
soharako_all_s.jpg
posted by Baian at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2016年07月05日

対比のある風景

季節は少し逆戻り 
生徒さんが撮ってきた安曇野の田園風景の写真から

MBM木炭紙に描いてみた。

遠景の残雪がある山々と裾野の緑の対比が面白い

この辺では拝めない景色です

が・・ちょっとコテコテになってしまいました。


MBM Charcoal Paper 31.0X23.0cm


azumino.jpg

posted by Baian at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩