******************《教室開講のご案内》*****************
実家の喫茶店の空き日(水曜・金曜)を利用して、水彩画教室をやっています。 初心者から経験者まで各々に見合った指導をいたします。水戸市内又は近辺の方で 水彩画を描いてみたいと云う方は是非どうぞ!! 詳しくはこちらをご覧下さい。→《水彩画教室

2022年06月25日

マット

額縁の中に入るマットの話です。
ちょっと気になったので
自分用のメモとしてここへ書いておきます。

自分が最も多く使う額は半切サイズと三々サイズなのですが、
それ用のマット(ワーグマン HB-43 2mm厚、溝付)を
1枚ずつ近所の画材店に注文したところ、その請求額に唖然としました。
前にも頼んだことがあるので、注文時に値段を聞かなかったのも
いけなかったのですが..。
2枚合わせて6,500円オーバー
えらい高いですねと言うと、それでも2割引きとか!?
溝付なのでマットを製造するメーカーにカットを依頼するので
どうしても割高になってしまうとか。
運賃も入ってないので、これ以上どうしようもないとの弁。

実はその前にたまに利用する画材サイトで同じ物で金額を調べて
ありました。ネットでの見積金額を確認した後で電話でも確認したので間違いありません。
半切用が1,402円、三々用が1,485円です。これは税込み金額です。
2枚合わせて2,887円。
その差額は倍以上という事になります。

近所の画材店を利用するのはそれなりにメリットがあります。
色々と相談に乗ってくれるし、ちょっとした無理も聞いてもらえます。
大きな画材サイトと地方の画材店が価格で勝負にならないのは
こちらも承知しているので、少しぐらいの差は気にしていません。
つまり持ちつ持たれつということです。

ですが、これだけの差があるとそういう訳にはいかないので、
次回からはこのマットに関しては画材サイトを利用することにします。
色付きのマットなどは作品と直に合わせてみないと分からない事もあるので、少し遠いですが大きな画材店はマットを常に在庫してるので、そちらを利用したいと思います。
posted by Baian at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 画材
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189623740
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック