******************《教室開講のご案内》*****************
実家の喫茶店の空き日(水曜・金曜)を利用して、水彩画教室をやっています。 初心者から経験者まで各々に見合った指導をいたします。水戸市内又は近辺の方で 水彩画を描いてみたいと云う方は是非どうぞ!! 詳しくはこちらをご覧下さい。→《水彩画教室

2022年04月20日

和紙ベースの水彩紙(アワガミファクトリー)

徳島県の和紙メーカー「アワガミファクトリー」さんから水彩画用のサンプル紙を2種類いただいたので描いてみました。

楮(こうぞ)45%、コットン55%配合の水彩画用紙「白鳳」220g/uと

竹和紙をベースに強サイジング処理をした水彩画用「竹和紙」250g/u。

awagami.JPG

どちらも緩やかに絵具が浸透していき和紙ベースなんだけどとても描きやすい紙です。マスキング液やマスキングテープも使用OK。リフトは描いてすぐなら抜けますが、何層か色を重ねた後だと抜きにくくなる感じ。白鳳は柔らかく、竹和紙は硬質でカッチリと仕上がる印象ですが、どちらも発色は良いと思います。まだ1枚だけなのでまた違ったモチーフで色合いを変えて描いてみたいですね。

アワガミファクトリー www.awagami.or.jp

こちらでサンプラー(有料)、アートパッド15枚入りが販売してます

「白鳳」A4サイズ
silhouette.JPG

「竹和紙」A4サイズ
菜の花_竹和紙.JPG
posted by Baian at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 画材
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189478813
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック