******************《教室開講のご案内》*****************
実家の喫茶店の空き日(水曜・金曜)を利用して、水彩画教室をやっています。 初心者から経験者まで各々に見合った指導をいたします。水戸市内又は近辺の方で 水彩画を描いてみたいと云う方は是非どうぞ!! 詳しくはこちらをご覧下さい。→《水彩画教室

2019年11月21日

展覧会3つ

先週の日曜日に3つの展覧会を観に行ってきました!

最初は今年からJWS(日本透明水彩会)に入会された湯川晴美さんの個展へ。
2019_yukawa_nov.jpg
恵比寿の弘重ギャラリー
DSC_0401.jpg

画家の作品と性格は必ずしも一致しないと私は勝手に思っているのですが・・
この方に限って言えば完全一致と言い切れる自信有り(笑)
優しく清楚で温かみのある画風はご本人そのもの。
迂闊に触れると溶けて消えてしまいそうなデリケートさと芯のしっかりした力強さを併せ持つ素晴らしい作品群。
今回は透明水彩だけではなく、パステルを併用した作品や鉛筆デッサンなど、人物・花・風景と意欲的に取り組んでいらっしゃいました。

この日は個展最終日でした。
湯川晴美さんのホームページはこちら
20191117_harumisan1.JPG


次に向かったのは銀座で開催中の村上ゆたかさんの個展。
村上さんもJWSでご一緒させていただいている人気作家さん!
2019_murakami_nov.jpg
今回は「ノルタルジック猫」がテーマ
懐かしい昭和を感じさせる物と愛らしい猫をコラボさせた滲みのスペシャリスト村上さんが織り成す極上の世界観はただただ見惚れるばかり。
テクニックが凄いのは勿論だけど発想や着眼点が素晴らしい!

来年のカレンダーもゲットしました♪
村上ゆたかさんのインスタグラムはこちら
DSC_0415_trim.jpg

湯川さん、村上さん、どちらも刺激をいただいた
個展でした。
最後は上野で開催中のコートールド美術館展へ!!
courtauld_collection.jpg

上野はけっこうな人出
DSC_1874.jpg

英国の実業家サミュエル・コートールドが収集した印象派・ポスト印象派コレクションが60点も来ています。
現在コートールド美術館が改修工事中のため実現
こんなチャンスは滅多にありません。
前売りのチケットをWifeがゲットしていたのです。
ゴッホ展のチケットもあったのだが、凄い入館待ちの列で今回はやめました。

コートールド美術館展の方は思ったより空いていたのでラッキーでした。
ルノワール、モネ、マネ、セザンヌ、ドガ、ゴッホ、ゴーギャン、モディリアーニ、ロートレック、シスレー、スーラなどなど、印象派好きにはよだれ物の作品が目白押し!

なかでも必見は
マネの《フォリー=ベルジェールのバー》
co1.jpg

ルノワールの《桟敷席》
co2.jpg

セザンヌの《カード遊びをする人々》
co3.jpg

ドガの《舞台の上の二人の踊り子》
co4.jpg

モディリアーニの《裸婦》
co5.jpg

どれも子供の頃から画集で見てた名画ばかり。
12/15まで!!

他にも行きたい展覧会があったのですが、時間的に無理だったので断念。

少し遅めのお昼は回転寿司「大江戸」で。
以前上野に来ると必ず寄っていた店が閉店してしまったのでガッカリしてたのですが、すぐ近くの別な場所で発見!
一皿150円(税別)に値上がりしていたが、やはり美味い♪
ooedo.jpg

夜はハンバーグが食べたくなり検索したら「ハンバーグ ジョージ」という店がヒット。
Google Mapを見ながらたどり着くと昼間の大江戸の真正面2階だった(笑)
jo.jpg

こちらWifeが注文のペッパーハンバーグ
h_p.jpg

こっちは私がたのんだデミグラスソースハンバーグ
店はお洒落とは言えないが手頃な値段で味は良かったです。
h_d.jpg

posted by Baian at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186830192
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック