******************《教室開講のご案内》*****************
実家の喫茶店の空き日(水曜・金曜)を利用して、水彩画教室をやっています。 初心者から経験者まで各々に見合った指導をいたします。水戸市内又は近辺の方で 水彩画を描いてみたいと云う方は是非どうぞ!! 詳しくはこちらをご覧下さい。→《水彩画教室

2019年09月18日

教室デモ アムステルダム中央駅

オランダの首都、アムステルダムの中央駅

東京駅のモデルとも言われていて、両駅は姉妹駅となっています。
ただし建築的にはアムステルダム中央駅はネオゴシック様式、東京駅はビクトリアン様式となっていています。
教室のデモとして2回に分けて見てもらいました。
各1時間ぐらいなので約2時間といったところでしょうか。
細部は省略し、筆のタッチに勢いを出して描いていきます。
ただし、建築物を描く場合、鉛筆の下描きはある程度正確さが求められます。
パースラインがデタラメになってしまうと幼稚な絵になってしまいます。
かと言って定規で引いた様なカチッとした線は面白みに欠け、魅力のない絵になりがちなので注意しなければなりません。
着彩はラフに大胆にいきますが、けして大雑把という訳ではないのです。

【アムステルダム中央駅】
紙:キリマンジャロ・ブライトホワイトCold Press/サイズ:28.5cm×40.0cm

Station_Amsterdam_Centraal.JPG


posted by Baian at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186586925
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック