******************《教室開講のご案内》*****************
実家の喫茶店の空き日(水曜・金曜)を利用して、水彩画教室をやっています。 初心者から経験者まで各々に見合った指導をいたします。水戸市内又は近辺の方で 水彩画を描いてみたいと云う方は是非どうぞ!! 詳しくはこちらをご覧下さい。→《水彩画教室

2019年06月14日

雑仕事

自宅のWC
壁紙が随分と汚れてきた。
考えてみれば引っ越してきてからそのままである。
どうにかしたいと思ってはいたが、全部やるのは大変だ。
なので見切り材を回して腰壁部分のみを貼り替えることにした。

4〜5年前くらい前までは内装の現場監理もしてたので
クロス職人の残していった壁紙を使って
1部追加になった部分を貼ったりしたことも偶にはあった。
という訳で簡易的な道具なら持っている。

kabegami_tool.jpg

ホームセンターで買ってきた化粧見切り材を
トメ切りをして塗装。
壁に墨を付け、見切りから下の部分の古いクロスを剥がす。
見切りの塗装が乾いたら木工ボンドと仮釘で取り付ける。
本当は剥がした部分の下地調整をパテ掛けしなくてはいけないのだが、幸いキレイに剥がれたのでパテは省く。
新しいクロスは汚れが拭けるタイプ。
以前リビングとキッチンを貼り替えたときのものが余ってたのでそれを使う。
リビングの床に養生シートを敷き、クロスにローラーで糊付けをする。
予めジョイントの部分を決めておき、その長さにクロスをカットしておく。

kabegami.jpg

狭いところ、配管の部分など
身体が入りにくく、カッターでジョイントや見切り部分をカットするのに苦労した。
なんだかんだと5〜6時間
かなり久しぶりだったので、終わる頃にコツを思い出す始末(泣)
あまりに根を詰めてやっていたのか、
膝の皮がベロッとむけていたのにも気付かず
腰もかなりやばい状態になってしまった(-_-;)
ま、少しはマシになったので良しとしましょう!

posted by Baian at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186142201
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック