******************《教室開講のご案内》*****************
実家の喫茶店の空き日(水曜・金曜)を利用して、水彩画教室をやっています。 初心者から経験者まで各々に見合った指導をいたします。水戸市内又は近辺の方で 水彩画を描いてみたいと云う方は是非どうぞ!! 詳しくはこちらをご覧下さい。→《水彩画教室

2018年07月08日

ヤドリギのある風景

西日本や北海道で記録的な大雨で甚大な被害が出ていますね(;_:)
ニュース映像を見る度、心が痛みます。
3年前には常総での洪水もあったし、どこにでもあり得ることで
本当に日本は災害の多い国なのだとつくづく思ってしまう。
何らかの備えはしておかなければ...と、毎度思うのですが
いつも後回しにしてしまう自分が情けない(-_-;)

日本中が大変なときに、絵なんて描いてる場合か!
とお叱りを受けそうですが、
フランスのノルマンディーで見た農家の一画。
ヤドリギという丸い寄生木があちらこちらにあって
錆び付いた赤い屋根の家畜小屋?とその周りの緑との
マッチングが美しく
牧畜を主流としたフランスの田舎風景はこんな感じ
のところが多かった気がします。

ファブリアーノ・トラディショナルホワイトC/P
19.5×27.0cm

yadorigi_redroof.jpg


posted by Baian at 12:06| Comment(5) | TrackBack(0) | 水彩
この記事へのコメント
風雪に耐えて朽ちかけた家畜小屋?の
赤錆たトタン屋根と
周辺の緑とが相俟った情景に
魅了されます(・∀・)

ヨーロッパでは宿り木には
様々な伝説があるようですね(*^_^*)
Posted by こうちゃん at 2018年07月09日 09:34
こうちゃんさん

ありがとうございます!
宿り木は日本にも有るようですが、自分はあまり見掛けたことはないんですが、フランスではかなりの頻度で見ることが出来ました。

宿り木にまつわる伝説はロマンチックなものから宗教的、神話的なものまで色々とあるようですね (^^♪
Posted by Baian at 2018年07月09日 11:53
黄緑·白っぽい緑·グレーがかった緑·一番手前の
深い緑!
緑の競演or饗宴!ヽ(^。^)ノ素敵ですね!
フランスの田舎は、どことなくお洒落ですね♪

《宿り木》は、3回位、見た事があります。
初めて見た時は、鳥の巣かと思いました。
丸くて可愛い感じ!一本の木に3個程度。
この様にイッパイ!
本体の木は、お世話好きなんですね♪きっと…。

Posted by みーちゃん at 2018年07月09日 23:07
トホホ(^_^;)
又、文字化けです!m(_ _;)m
Posted by みーちゃん at 2018年07月09日 23:18
みーちゃんさん

いつも素敵なコメントありがとうございます!
文字化け..何でしょうね?
でも意味は通じてますので!(^^)v

ノルマンディーの空気感を出すため、緑の描き分けは今回とても気を使った部分なので、目に留めて頂いて嬉しく思います。
Posted by Baian at 2018年07月10日 00:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183775957
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック