******************《教室開講のご案内》*****************
実家の喫茶店の空き日(水曜・金曜)を利用して、水彩画教室をやっています。 初心者から経験者まで各々に見合った指導をいたします。水戸市内又は近辺の方で 水彩画を描いてみたいと云う方は是非どうぞ!! 詳しくはこちらをご覧下さい。→《水彩画教室

2018年06月29日

OVERDRIVE

暑い日が続くな〜と思っていたら、なんと梅雨明けとか!?
関東甲信地方では6月に梅雨明けは初めてのことらしい。
降雨量は平年の6割程度、水不足にならんと良いのですが..。

学生時代の仲間とバンドをやってますが、ここ数年は間が開くことも多く、場合によっては半年くらいメンバーと顔を合わせない期間も珍しくなくなってきました。
そういう訳で独りで音出して遊んでますが、ギター弾きは足元にオモチャが色々とあるので退屈はしないのですよ。
あ、もうここからはギター弾きにしか関係のない話しでして
ただの記録として記しておくだけなので興味の無い方はスルーしてください。

オモチャって言ってるのはコンパクト・エフェクター
その老舗にBOSS(ボス)という音響メーカーがあります。
その中でも真空管アンプの歪みを小型アンプの小さな音量でも再現できる「オーバードライブ」の登場はセンセーショナルなものでした。

OD3_3.jpg

↑の写真の中央の「OD-1」がまさにその1号機。40年前に買った最初のエフェクター!
大きなアンプで歪みを作れるプロにはソロパート時に音量を上げるブースターとしても人気を博したモデルです。

この黄色いBOX、現在は伝説の名機としてプレミアがついてますが、初期の物はパイロットランプが踏んだ時しか点灯しないので正直ON/OFFが分かりづらい。
その後の後継機種もそれぞれ特徴があり、写真左右の「SD-1」「SD-2」などをもっぱらブースターとして愛用してましたが、ここ10年はピッキングニュアンスが最もOD-1に似ているかなと感じたアイバニーズのチューブスクリーマー「TS9」をつないでおりました。

↓ 右端がアイバニーズのTS9
ts9.jpg

そんな中、「OD-3」はボスのODシリーズとしては私が購入したものとしては一番新しく(..と言っても20年前ですが)OD-1的な倍音と歪みの心地良さを求めていた自分としてはかなり期待外れなものでした。

↓ OD-3
OD3_2.jpg

それ以来まったく使ってなかったのですが、TS9の替わりにこれを入れてみたら
これがチョ〜いい感じ♪
これまでTS9やSD-1はピッキングニュアンスは良かったものの、
ブースターとしての音抜けには少し不満があった。
これはいい!こもる感じがないし音量のレンジも広い
コンプ感のあるBD-2と合わせた倍音もキレイだぁ〜
歪みだけでなくクリーントーンのブーストにも使えそう。
20年前はオーバードライブ単体での比較だったので、この良さが分からなかったのかもしれない。
しばらくはこのOD-3で遊んでみるとしよう!

posted by Baian at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183677331
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック