******************《教室開講のご案内》*****************
実家の喫茶店の空き日(水曜・金曜)を利用して、水彩画教室をやっています。 初心者から経験者まで各々に見合った指導をいたします。水戸市内又は近辺の方で 水彩画を描いてみたいと云う方は是非どうぞ!! 詳しくはこちらをご覧下さい。→《水彩画教室

2018年06月19日

那須の用水路

一昨年、那須方面に行った際、雨上がりに宿の近くを散策。

宿は家族で営んでいるペンションだったが、オーナー夫妻に
近隣の散歩コースを聞き、少し歩いたところに用水路がある
というので行ってみた場所。
本当にこれが用水路なの?と思うくらい風情のある小川が流れていた。
あいにく陽は射さなかったが、しっとりした草木の香りもいいもんだ♪
いずれ描こうと写真を撮っておいた。

2016-10-17_10-03-12s.jpg

水彩紙はラングトンのコットン紙、プレステージの中目を使用。
9年前にブロック紙で購入したものだが、その時描いた感覚としては発色は良いが、ざらつき感があり少し描き辛いと思った。
乾いてしまうと絵具の定着が強く、修正もあまり効かない
結構値段もしたので、使い慣れたアルシュやウォーターフォードと比較してもあまりメリットは感じなかった。

という訳でまだ半分あまっているのですが、水張りして久々に
使ってみました。
アレ?
けっこう描きやすいではないか^_^;
何だったんかな..あの時の使用感は??
以前はブロックのまま描いたが、今回は水張りしたので表面のサイジングが馴染んでざらつきが無くなったのかも知れません。
実はプレステージの荒目のシート紙は英国の画材サイトから購入した事が有り、そちらはとても描きやすかったのでした。

〈ラングトン・プレステージ中目 30.5×39.5cm〉
那須の用水路.JPG



posted by Baian at 16:33| Comment(3) | TrackBack(0) | 水彩
この記事へのコメント
渋いモチーフですが、小川のせせらぎが聴こえてきそうで
私は好きです。
遠い昔、学校の帰り道すがら、笹舟を浮かべて帰ってきた
記憶を思い起こします。


Posted by こうちゃん at 2018年06月20日 09:43
追伸
ところで、昇天したパソコンはどうしましたか?
まだ冥界を彷徨っているのですか?
戻って来てくれるといいですね。
我が家は、マイクロソフト社はok、メーカーは不適合
の状態で、今の所無事ですが余計な事をはしないで欲しいと
思っています。
Posted by こうちゃん at 2018年06月20日 10:01
こうちゃんさん

コメントありがとうございます。
幼少の頃の思い出良いですね!
私も笹舟けっこう流しましたよ〜
今の子はそんな事やらないのでしょうね。

PCはそのまま放置状態ですが、
内部のデータは残っているのですが、起動のプログラムが破損してる感じです。
ノートPC1台だけでは心もとないので、ぼちぼち考えねばいけません(-_-;)
Posted by Baian at 2018年06月20日 12:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183580091
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック