******************《教室開講のご案内》*****************
実家の喫茶店の空き日(水曜・金曜)を利用して、水彩画教室をやっています。 初心者から経験者まで各々に見合った指導をいたします。水戸市内又は近辺の方で 水彩画を描いてみたいと云う方は是非どうぞ!! 詳しくはこちらをご覧下さい。→《水彩画教室
********《横浜講座のご案内》********
横浜で1日講座を行います。 (場所は上大岡駅から徒歩2分、赤坂孝史さんの教室です) 秋の湖畔風景を透明水彩の技法、手順で 空気感を意識しながら描いていただきます。 ご興味のある方、ぜひご参加ください!! 日時:2017年11月12日(日)    11:00〜16:00 場所:横浜市港南区上大岡1-17-26 KTMビル503 〈京急上大岡駅から徒歩2分〉 定員:10名 受講料:6,000円 お申込み、お問い合せはメール又はお電話にて!! メール:sf_watercolor@yahoo.co.jp
yokohama_workshop.jpg

2017年06月29日

キビシ〜

この絵は来週からの展示会に出す予定で制作していましたが、
Wifeに感想を求めたところ
どこを見てよいのか分からない
との厳しいお言葉を賜りあえなく断念しました。

元ネタは教室にいらしてる生徒さんが撮ってきた
秋の観音沼の景色です。
静寂な湖面へ映りこむ秋色を表現したかったのですが、
Wifeには伝わらなかったようです。
まだまだ修行が足りません涙ぽろり

画面上部から垂れ下がる葉っぱと
水面の藻の様なもの、左の水草をマスキングして
水面へ映りこむ様々な色をウェットインウェットで
描き込んでいきます。
こういう場合、必要な色は前もって作っておきます。
一発勝負なので緊張の連続でしたが
まぁまぁの出来ではないでしょうか?

その後マスキングを剥がし、葉の明るい色を入れ
木の枝はドライブラシで描き込んでいます。
枝や幹の映り込みは水面の揺らめきを出しながら
一気に筆を入れます。
最後に平筆に水を付け固く絞った後、水平方向に動かして
リフト(色抜き)してやると、さらに水面らしく見えてきます。

出品できないのは返す返すも残念ですが..(笑)

〈湖畔の彩〉
アルシュ Cold Press 33.0cmX42.0cm

kohan_no_sai.JPG

そしてこちらは先週教室の課題でデモった作品
〈岩間の水車〉
ウォーターフォードホワイトCold Press 39.0cmX30.0cm
iwama_waterwheel.jpg
posted by Baian at 22:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 水彩
この記事へのコメント
何処の奥様も厳しい評価をするものですね。
私個人としては好きです。
我が家の講釈師によれば、恐れ多くも
画面下方の水面部分がもう少し少ない方が
よいのでは、との生意気なコメントを
ほざいていました。
Posted by 皓ちゃん at 2017年07月03日 21:32
皓ちゃん さん

身内と言うものは遠慮がないものです。
すべて鵜呑みにするわけにはいきませんが、雑念がない参考意見として受け入れなくてはならない時もありますね。

講釈師さんは鋭いですね
実は私もそう思って少しカットしたかったのですが、既存のマットにあわせて描いたので今回は間に合いませんでした(笑)
Posted by Baian at 2017年07月04日 15:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180204225
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック