******************《教室開講のご案内》*****************
実家の喫茶店の空き日(水曜・金曜)を利用して、水彩画教室をやっています。 初心者から経験者まで各々に見合った指導をいたします。水戸市内又は近辺の方で 水彩画を描いてみたいと云う方は是非どうぞ!! 詳しくはこちらをご覧下さい。→《水彩画教室

2016年11月05日

百色山

以前、友人に教えてもらった「百色山」という場所。

ひたちなか市の那珂川に架かる勝倉橋から少し海寄りに
行ったところにある中洲の様なところです。
2016-09-30_17-21-06_s.jpg

何でも水戸黄門こと徳川光圀がここに百種類の木々を植えたことから
そう呼ばれてるそうです。
いつも釣り人が数人いるくらい
緩やかな川の流れに小舟が何艘か停泊していているだけの
静寂感が漂うところ。
車で行けば家から10分くらいなので、時折ネタを探しに行きます。
これまで季節、アングルを替え何度も描いてます。
2016-09-30_17-18-38_s.jpg

今回は小舟が3艘連なってる場所を選びました。
実際は小舟が4艘と少し大きめのボートが2艘あったけど賑やか
すぎるので省略。
何と言ってもこの絵の肝は
木々と立草の水面への反映だと思います。
水彩紙の湿り具合、絵具の濃度、ボカシのタイミング
一発勝負なのでここだけは全神経集中(笑)
水面からの突き出ている竹竿だけマスキングしておきました。
竿の映り込みは後から平筆でリフティング

ひたちなか市三反田
ウォーターフォード ナチュラル中目 30.0cm×40.0cm
mitanda_autumn.JPG
posted by Baian at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177591282
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック