******************《教室開講のご案内》*****************
実家の喫茶店の空き日(水曜・金曜)を利用して、水彩画教室をやっています。 初心者から経験者まで各々に見合った指導をいたします。水戸市内又は近辺の方で 水彩画を描いてみたいと云う方は是非どうぞ!! 詳しくはこちらをご覧下さい。→《水彩画教室

2016年10月31日

赤いもの

紅葉の季節ですが...
観に行くとなるとタイミングが難しい〜
時期は場所によっても異なるし
仮に行けたとしても天候に恵まれないこともあります。
でもでも・・
時々、赤いものが無性に描きたくなる事が..。

そんな訳で数年前に裏磐梯で撮った写真から描きました。
湖にそそぐ小さな支流の淵にあったモミジ。
モミジの葉はマスキングしておいて最後に着色します。
こういうのは気長にやるしかありません
毎度のことですが、周りを暗くするのに難儀しますね〜(-_-;)
絵具を濃く溶いて一発で決められれば楽ですが、
枯れ葉の重なりとか表現するとなるとそうもいきません

フェイスブックなどに作品をUPすると割と筆勢を活かしたスピード感のある絵が
ウケる傾向にあります。
自分自身もそういうのが見るのも描くのも好きなので
あまりマスキングを多用してチマチマしたくないのが本音。
マスキング自体あまり得意じゃないし
作業的になりすぎて途中で絵を描く気分が萎えてしまう事があります。
実はこの絵も1年前に下描きまでしてやめてしまいました。

先日YouTubeで大島紬の作業工程をたまたま見たのですが・・
あまりの手間と工程の多さに驚きました。
マスキング如きでめんどくせ〜
などと言っていてはいかんですね(笑)
モチーフとしては好みなので再度描き直しました。


〈小川の淵〉
福島県 北塩原村
アルシュ細目 36.0cm×26.0cm
ogawa_no_huchi.JPG
posted by Baian at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177488499
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック