******************《教室開講のご案内》*****************
実家の喫茶店の空き日(水曜・金曜)を利用して、水彩画教室をやっています。 初心者から経験者まで各々に見合った指導をいたします。水戸市内又は近辺の方で 水彩画を描いてみたいと云う方は是非どうぞ!! 詳しくはこちらをご覧下さい。→《水彩画教室
********《横浜講座のご案内》********
横浜で1日講座を行います。 (場所は上大岡駅から徒歩2分、赤坂孝史さんの教室です) 秋の湖畔風景を透明水彩の技法、手順で 空気感を意識しながら描いていただきます。 ご興味のある方、ぜひご参加ください!! 日時:2017年11月12日(日)    11:00〜16:00 場所:横浜市港南区上大岡1-17-26 KTMビル503 〈京急上大岡駅から徒歩2分〉 定員:10名 受講料:6,000円 お申込み、お問い合せはメール又はお電話にて!! メール:sf_watercolor@yahoo.co.jp
yokohama_workshop.jpg

2016年09月11日

逆玉手箱

先日、実家へ行った時の事。
親父が納戸の整理をしていたら20年前他界した祖母(母方)の遺品の中から
私と妹の幼少の頃描いた絵が出てきたので仕分けしてほしいと言うので持ち帰ってきた。
厚み10pくらいの箱が3つ
中を見ると殆どが私が描いたものであった。

sketchchou.JPG

箱のフタを開けると
1歳半〜6歳に描いた絵、小学校1,2年の作文や答案用紙などが出てきた。
どれも初めて見るものばかり
なので懐かしいというよりは不思議な気分。
およそ半世紀前のものだが、保存状態も良く数百枚のお絵かきがあった。
なぜこんな物を祖母が持っていたのか定かではないが
私が初孫という事もあり大事に取っておいてくれたのかも知れない。

こちらは幼稚園でのものか?
たぶん母の日、父の日に描かされたものだと思います。

chichihaha.JPG

中には祖父が描いた水彩画も4〜5枚あった。
祖父は母が14の時にこの世を去ってしまってるので
私はもちろん会った事がないが絵は好きだったようだ。
以前、聞いた話では祖父は教員で絵も教えていたらしい。
実は父方の身内にも洋画家がいたりして
少なからずDNAを受け継いでいるのかも知れない。

こちら祖父の絵

自画像
granpapa_jigazou.JPG


幼少の母を描いたもの。クレヨンでしょうか
granpapa_mom.JPG


静物
granpapa_seibutu.JPG

鶏小屋
granpapa_koya.JPG
posted by Baian at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176837040
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック