******************《教室開講のご案内》*****************
実家の喫茶店の空き日(水曜・金曜)を利用して、水彩画教室をやっています。 初心者から経験者まで各々に見合った指導をいたします。水戸市内又は近辺の方で 水彩画を描いてみたいと云う方は是非どうぞ!! 詳しくはこちらをご覧下さい。→《水彩画教室
********《横浜講座のご案内》********
横浜で1日講座を行います。 (場所は上大岡駅から徒歩2分、赤坂孝史さんの教室です) 秋の湖畔風景を透明水彩の技法、手順で 空気感を意識しながら描いていただきます。 ご興味のある方、ぜひご参加ください!! 日時:2017年11月12日(日)    11:00〜16:00 場所:横浜市港南区上大岡1-17-26 KTMビル503 〈京急上大岡駅から徒歩2分〉 定員:10名 受講料:6,000円 お申込み、お問い合せはメール又はお電話にて!! メール:sf_watercolor@yahoo.co.jp
yokohama_workshop.jpg

2016年07月12日

ルノワール展

昨日はWifeと国立新美術館で開催中の「ルノワール展」へ行ってきた。
今回はパリのオルセー美術館展とオランジュリー美術館に所蔵されて
いる作品が来ている。
かなりの混雑を予想して覚悟して行ったのだが
意外に空いてて拍子抜け

IMG00048.jpg

renoir1.JPG
8年前にパリに行った際、両方の美術館へ行ったけど
その時見たルノワールの人気作品にまた会えるのは嬉しいね♪
特にオルセー所蔵のは名品揃いでよくこれだけの作品が来たな〜
という感じ。
今、日本に来ている事を知らずにオルセーへ行った人はきっと
がっかりでしょうね。
中でも今回初来日の「ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会」は
ルノワールファンなら絶対見ておきたい作品!
まさかこれが日本で観られるとは思ってもなかった。
renoir3.JPG

renoir4.JPG

こちらは8年前、オルセーで1番乗りで観たムーラン・ド・ラ・ギャレット
周りには誰もいなかった
2008_0507_095427_s.jpg

もう一つ今回の目玉
「田舎のダンス」と「都会のダンス」
この両方が並んで展示されるのは日本では45年ぶりとか!
私も別々にしか見たことがなかったので、チョー感動なのでした。
田舎のダンスの女性モデルは後にルノワールの妻になるアリーヌ・シャリゴ、
都会のダンスは女流画家のシュザンヌ・ヴァラドン。あのモーリス・ユトリロの母

renoir2.JPG

余談ですが、ダンス3部作のもう1枚
米国のボストン美術館にある「ブージヴァルのダンス」も
現在名古屋に来てるそうな〜
Dance-At-Bougival.jpg

その他にも「ぶらんこ」「草原の坂道」「読書する少女」
「ピアノを弾く少女たち」「浴女たち」などなど
名作目白押し
暑さでヘトヘトになりましたが、行って損はなかったのでした(^^♪

帰りに時間つぶしに六本木ヒルズに行ってみた。
人が大勢居て疲れただけでした(笑)
IMG00053.jpg
posted by Baian at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176050472
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック