******************《教室開講のご案内》*****************
実家の喫茶店の空き日(水曜・金曜)を利用して、水彩画教室をやっています。 初心者から経験者まで各々に見合った指導をいたします。水戸市内又は近辺の方で 水彩画を描いてみたいと云う方は是非どうぞ!! 詳しくはこちらをご覧下さい。→《水彩画教室
********《横浜講座のご案内》********
横浜で1日講座を行います。 (場所は上大岡駅から徒歩2分、赤坂孝史さんの教室です) 秋の湖畔風景を透明水彩の技法、手順で 空気感を意識しながら描いていただきます。 ご興味のある方、ぜひご参加ください!! 日時:2017年11月12日(日)    11:00〜16:00 場所:横浜市港南区上大岡1-17-26 KTMビル503 〈京急上大岡駅から徒歩2分〉 定員:10名 受講料:6,000円 お申込み、お問い合せはメール又はお電話にて!! メール:sf_watercolor@yahoo.co.jp
yokohama_workshop.jpg

2014年12月17日

チー逝く

何をどう書けば良いのか言葉も見付かりませんが..
私達に様々な思い出を残して愛するチロンは旅立ちました。
本日午前0時を過ぎた頃でした
18年4ヶ月の生涯でした。

夕方頃まではご飯を何とか与えていたのですが
それ以降はかなり辛そうだったので、無理はやめる事にしました。
夜Wifeが仕事から戻ったので
相談し、以前大好きだった食事を与えました。
ここ1年ほどは味気ない療養食でしたので..。
スポイトにほんの少しでしたが、私達にはちょっと喜んでいる様に見えたのです。
こんな事ならもう少し早くあげればよかったと後悔が残ります。

それから2時間ぐらい伏せてましたが
徐々に呼吸が荒くなってくるのがわかりました。
突然立ち上がり、よたよたと私達の廻りを1周した後バタッと倒れ
見えないはずの目で私達を見つめたのです。
最後に何か言いたかったのでしょうか。
2、3分..いや1分ぐらいだったかも知れませんが
言葉には出来ないほどの苦しみ方をし、力尽きました。
いったいこの子が何をしたというのか
目も耳も声さえも失ったというのに
最後くらい穏やかに逝かせてあげたかった。

でもこれでやっと楽になれたね。
もう辛い思いはしなくていいんだよ
天国でコロンと一緒に思いきり駆け回ってほしい
12月17日..実は今日はコロンの立ち日
本当に仲が良かった2匹
生まれた日と逝った日が同じだなんて・・
もう十分頑張った、こっちへおいでよ
とコロンが呼びにきた気がしてなりません。

チー、長い間お疲れさん..ゆっくりとおやすみ
沢山の思い出と幸せをありがとう

2007_1225_031751_2_s.jpg
posted by Baian at 22:05| Comment(3) | TrackBack(0) | ねこ
この記事へのコメント
チロンちゃんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。
ここしばらくBaianさんがずっとお世話を
していたのを伺っていたので…
Baianさんもチーちゃんも本当にお疲れ様でした。
最後に立ち上がったのはBaianさん達に
大丈夫。ありがとう。って言いたい気持もあったのかと思います。
こんなにも大切に愛情を注ぎ込まれて
最後は大好きな人達に見守られて眠って
チーちゃんはBaianさんのお家で本当に幸せなよい人生だったと思う…
コロンちゃん、ホントに仲良しだったんだね。
今頃天国でまた一緒で見守っていてくれますね。
Baianさんもお疲れが出ませぬよう…ゆっくり休まれて下さいね。
Posted by クラゲ at 2014年12月18日 02:56

Baianさん、チーちゃん、残念でした。
実は昨夜 友人から愛犬の急逝を知らせるメッセージを頂き、動物と暮すことについて、考えていたところでした。
普通に歳を重ねると、どうしても先に逝ってしまう子達。
私は、最期まで面倒をみて、見送ってあげることが出来る事こそ幸せな事だと思っています。
どんな時も100パーセント無条件で愛してくれる子達。
どんなに自信がない惨めな時でも、今の自分でOKなんだと思わせてくれる、奇跡なような子達。
そんな子達にどうやって報いることが出来るんだろうかと不安になることも有ります。
でも、チーちゃんは、間違いなく幸せな子だったと思います
最期の時まで、大好きな家族が立てる日常の音につつまれて、安心して旅立ったことでしょう。
今は、きっと不自由な身体を脱ぎ捨てて、より身近な所で、Baianさんご夫婦に寄り添って<有難う>と言っていますよ。
これから、どんな時でも、力強く支えてくれる存在として。
別れが悲しいから・・とペットと暮すことを嫌がる人がいますが、
私達は、この子達の無邪気な様子に夢中になり、その瞳に勇気づけられ、別れに心引き裂かれ涙した後に、自分だけの掛け替えのない宝物を手に入れるのだと思います。
悲しみは悲しみのまま、決して癒えることはないかもしれませんが、時と共に形を変え、自分に寄り添う力となって、いつでも助けてくれるようになると思います。
Baianさん、奥様、どうぞ ご自身のお身体にお気を付けて。
チーちゃんのご冥福を心からお祈りいたします。
チーちゃん、コロンちゃんと出会ったら、次は しげとみを探してね♪
でっかくてハンサムで結構良い奴なんだよ。
Posted by Yoko-boo at 2014年12月18日 06:28
クラゲさん、Yokoさん

暖かいお言葉本当にありがとうございます。
たった今、火葬を済ませ戻ってきたところです。
小さな入れ物に入ってしまいましたが、2匹仲良く並んでいます

チーの4年間の闘病生活とここ2ヵ月半の付きっ切りの介護を終え
今は心にポッカリ穴が開いた状態ですが、
なるべく元気いっぱいだった頃の姿を思い浮かべ偲んでやりたいと思います。
私達がこの子から与えてもらったものは
何にも代え難いほど大きいものでした。
クラゲさん、Yokoさんが仰ってくださる様に私たちと過ごした日々を幸せだったと思ってくれてる事を願うばかりです。
今頃コロンと再会し、かつてそうであった様に、お互い寄り添って舐めあってる頃かもしれません。
しげとみ君にも会えるといいな!
Posted by Baian at 2014年12月18日 18:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/106945793
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック