******************《教室開講のご案内》*****************
実家の喫茶店の空き日(水曜・金曜)を利用して、水彩画教室をやっています。 初心者から経験者まで各々に見合った指導をいたします。水戸市内又は近辺の方で 水彩画を描いてみたいと云う方は是非どうぞ!! 詳しくはこちらをご覧下さい。→《水彩画教室

2019年07月16日

7/14 横浜Workshop

7/14、日曜日
横浜 上大岡にてワークショップを行いました。
お題は

「ドラマチックな空と煌く水面を描く!」

湘南、江ノ島の夕方の風景でコントラストのある画題です。

教室MAXの10名の方に受講いただきましが、今回は時間内に仕上がった方が多かった様です。
なかなか一度では納得行く仕上がりにならなかった方も
お配りしたレジュメを参考にご自分のペースで描いてみてください

迂闊にも当日の写真を1枚も撮らないでしまいました(-_-;)

こちらは私のデモ
アルシュ荒目 35.0×25.0cm

2019-07-14_yokohama_ws_s.JPG

今回は3連休の半ばという事もあり
宿泊の予約が取れなかったので(無い事も無いですが、どえりゃ〜お高いのばかりで)講座の時間を午後からとして、日帰りしました。
「ひたち」が品川まで行く様になってから初めて利用しました。
水戸〜上野 間がノンストップの便ならば、品川から京急線の特快に乗換え、上大岡まで約2時間で着きます。
帰りは高速バスでのんびり帰ってきました(笑)
次回は秋を予定しております♪
posted by Baian at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2019年07月12日

白鷺さん

前回、教室でのデモが途中になってたものを仕上げた
と書きましたが、もう1枚がこちら。
捨てるつもりでいたのにフェイスブックにUPしたらちらほら反応あったので、一応とっておきます(笑)
なんてことはない風景に生き物がポンと現れるだけで絵になってしまう典型的な例。

岩間の土師へロケしたネタから

【白鷺と水田】
紙:ホワイトアイビス Cold Press/サイズ:40.0cm×30.0cm
sirasagi_to_suiden.jpg
posted by Baian at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2019年07月08日

晴れてるうちに

ひっさびさに晴れてます晴れ

今週末の横浜のワークショップ用に水張りせねば!!

..と思ったのですが、ベニヤが無いではないか。
教室のデモ用に何枚か描き掛けのものがある。
違う曜日の生徒さんが振り替えで来たり、
都合で休まれた生徒さんが前の課題をやってたりとかで
場合によっては1回の授業で3パターンくらいデモをやる時があります。

そんな時はとても全部は描いてられないので、ポイントだけデモします。
なので途中のデモがそのままの画板が数枚あるのです。
新しい紙を水張りするには、それらを剥がさねばならんのですが、少し描き足せば作品になりそうなものも。
そんなものを2枚大急ぎで仕上げてから水張り実行(汗

そのうちの1枚
水戸の八幡宮
【初夏の境内】紙:ファブリアーノ・エクストラホワイトCold Press/サイズ:26.5cm×34.5cm
shoka_no_hachimanguu.jpg
posted by Baian at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2019年07月07日

七夕ですね。

ふと気がついたら今日は七夕なんですね。
子供の頃、笹の葉に願い事を書いた短冊を掛けて飾ったものです。
とても懐かしい遠き思い出..今時のご家庭はそんなことするのでしょうか?

七夕というと織姫と彦星が年に一度天の川で会えるんでしたっけ?
ただし雨が降ると水かさが増して会えないとか。
7月7日っていつも天気悪いですよね。
今夜も星空は見えそうもない
今年も会えないかもね(涙

織姫はこと座の「ベガ」
彦星はわし座の「アルタイル」
そして白鳥座の「デネブ」
この三つの1等星を結んでできた三角形を「夏の大三角」といい
北東から東の夏の空を彩る代表的な星となっています。

夏の大三角形.jpg

ベガとアルタイルは視覚的には近くにあるけれど、実際は16光年、距離で言うと150兆キロも離れています。二つの星を行き来するには時速3万キロメートルのスペースシャトルでも30万年掛かるとか。
もう訳が分かりません(笑)
デネブに至っては地球から1400光年彼方にあり、スペースシャトルで5000万年以上必要とか。
私はこういった星の話が大好きなのですが、
Wifeに話すとものの数秒で意識が遠のく様です(^^;

そういえば以前デネブというコスパに優れた水彩紙があったけど、なくなってしまって残念。
posted by Baian at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年07月06日

キリマン Vol.2

先日、米国の画材サイトCheap Joe's Art stuffのオリジナル水彩紙「キリマンジャロ」を購入した記事を載せましたが、

そのナチュラルホワイトの方に1枚描いてみました。

高萩市の国道461号線に沿った用水路がある辺り

朝ドラ「ひよっこ」に出てきた奥茨城という地名は架空ですが、ロケ地はここから5キロくらいのところ。


どこかの画材サイトのブログに吸い込みが強く「吸い取り紙」などと揶揄されているなどの記述がありましたが、実際にこの紙を使用してレビューを書いているのは私の他には同じJWSのくどうさとしさんくらいしか見当たらないので、そんな揶揄をしているのは外国の方なのかもしれません。

実際は吸い込みが強いというよりは乾きが幾分早い気もしますが、それほど気になるレベルではありません。

まーそこは手早く描けばいいわけで、慣れればどうって事はないです。

すでにブロック紙を2冊分消費してますが、私的には同じ米国製コットン100%のストラスモア水彩紙と比較すると、こちらの方が断然好きです。


ただし日本で販売してないので、人に奨めるわけにもいきませんけど(笑)


  Takahagi city Ibaraki Japan
Kilimanjaro Natural White C/P 26.0×34.0cm

2019_okuibaraki.JPG

posted by Baian at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 画材

2019年07月01日

渓谷

7月になりました。
毎日よく降りますね〜

教室でやっている課題です。
何年か前、Wifeが青森の奥入瀬渓谷へ行った際
私のために撮ってきてくれた写真を参考に描いてます。
生徒さんはどうやら仕上げてしまったみたいなので、
私も教室でのデモの続きをやってみました。

ポイントは見えてるものをいかに省略しながら描くかですが、
主題と言っても何かコレといった物体があるわけでもないので
渓谷のマイナスイオンと川面の透明感が表現できれば!
といったところでしょうか。
画面中央に倒木があるのがミソですね!
手前の水面の光の反射と暗部の木の葉だけマスキングしました。

使った紙はセザンヌ水彩紙の中目 F4
2019_oirase_photo.JPG

元写真はこちら
奥入瀬.JPG
posted by Baian at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩