******************《教室開講のご案内》*****************
実家の喫茶店の空き日(水曜・金曜)を利用して、水彩画教室をやっています。 初心者から経験者まで各々に見合った指導をいたします。水戸市内又は近辺の方で 水彩画を描いてみたいと云う方は是非どうぞ!! 詳しくはこちらをご覧下さい。→《水彩画教室

2018年01月21日

いつもと違う紙

一枚目は「ストラスモア」
米国のコットン紙です。
Strathmore.jpg


過去にブロックを買って何度か使用した事があるけれど、
一向に減らないので、どんな紙だったか思い出す意味も含め
もう一度描いてみる。
紙の地色はかなり白い方ですね。持っているのは中目ですが、
他のコットン紙の中目と比較するとサラッとスムースな肌合い。
ちょっと筆がすべる感じですかね
絵具が乾いた時に少し薄くなる印象でしょうか。自分には合わないかも〜
やはり同じ値段ならウォータフォードを選んでしまいますね。
(ストラスモアとウォータフォードのブロック紙は同価格でホルベインから出ている)

〈坂道〉
Strathmore C/P 33.3×24.2cm

sakamichi.jpg



引き続き試したのは「クレスター」日本製
ホルベインが販売するコットンとパルプの混合紙。
ブロックは厚み210g/uで24枚綴り

Clester.jpg
実は私が初めて買った水彩紙はこれが最初でした。
少し落ち着いた色味のあって安価な紙。
久しぶりに使った印象としては
下層の絵具が動いてしまうので重ね塗りは難儀するが、
リフトは面白いくらい抜ける。
マスキングなんて必要ない紙ですね。
初心者には修正が楽だし
これはこれで割り切って使えば良いと思います。

〈水路〉
Clester C/P 33.3×24.2cm
suiro_haru.JPG
posted by Baian at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 画材

2018年01月16日

小さいサイズは

小さなサイズを水張りする時は(A4サイズ以下)
画板に4方を5cm間隔でホチキス止めして、乾かした後
1cmくらいマスキングテープを貼って描くことが多いです。

季節外れですが..
秋に描いた小さなスケッチ〈鷲子の赤い橋〉

Sketch 16.0×23.5cm Fabriano Ex-white C/P
Hitachiomiya city Ibaraki Japan
torinoko_redbridge_sirohuchi.JPG


posted by Baian at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2018年01月10日

2月の横浜講座

昨年11月に引き続き横浜での講座案内です!
まだ3席ほど空きがありますので、お近くの方は是非!!

2018年、2月11日(日)に横浜(上大岡)にて講座をやります。
透明水彩らしい滲みやスパッタリングを使った技法で
「梅のある景色」を描いてみませんか!

お問い合せ・お申し込みはメールまたはお電話にて!!
メール:sf_watercolor@yahoo.co.jp
電話:090-3248-5930


※クリックするとおおきくなります!
DM_yokohama_2018feb.jpg
posted by Baian at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2018年01月06日

謹賀新年 2018

新年あけましておめでとうございます。門松
本年もよろしくお願い致します!!

平成30年、西暦2018年となりました。

元旦、二日はこの10年、毎年同じ行事です

元旦は私の実家で、
二日はWifeの実家で新年会、
三日はゆっくりして四日に初詣がお決まりのパターン
唯一の変化は甥っ子や姪っ子が年々でかくなっていったという事でしょうか?(^^;

元旦 水戸
osechi_5.jpg

二日 鹿嶋
osechi_6.jpg

三日まではほぼお節とお餅
右はWife特製、甘さひかえめの伊達巻
osechi_4.jpg

そして飯村ストアーのお煮しめ
osechi_3.jpg

私は何気に珍味やオードブルが好きですねん♪
osechi_1.jpg

osechi_2.jpg

四日 常盤神社
三が日過ぎるとわりと空いてますが、今年は特にがらがらですね〜
2018_tokiwa1.jpg

2018_tokiwa2.jpg

恒例のおみくじ
中吉と小吉、ま〜悪くはない、平穏に過ごせます様に!
2018_tokiwa3.jpg


偕楽園の早咲き梅
2018-ume-white.jpg
2018-ume-beni.jpg

posted by Baian at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記