******************《教室開講のご案内》*****************
実家の喫茶店の空き日(水曜・金曜)を利用して、水彩画教室をやっています。 初心者から経験者まで各々に見合った指導をいたします。水戸市内又は近辺の方で 水彩画を描いてみたいと云う方は是非どうぞ!! 詳しくはこちらをご覧下さい。→《水彩画教室

2017年08月04日

路地裏

前回に引き続きこちらも神戸。
北野異人館、デンマーク館の裏側辺りの路地

kobe_ijinkan_uradoori.JPG

ひっさびさにワットマンに描いてみたが、
濃い色が思うように乗せられないな〜
水彩の場合、乾くと2〜3割薄くなるので、そこを予測して
少し濃いめに塗りますが、この紙はその差がさらに大きく感じる。

ワットマンと言うのは英国の水彩紙
英国王室認定とかの由緒ある紙でしたが、4〜5年前に製造中止となり
廃盤になりました。

whatman.jpg

白く柔らい紙肌でにじみ等の発色が綺麗に出る特徴があり
そこそこ人気の水彩紙でしたが、サイジングがきつく最初のウォッシュは
弾いてしまう癖のある紙で、マスキングも出来ないので
海外ではアルシュなんかは日本とは比較にならないほど安いですから
徐々に需要がなくなってしまったのでしょうか?

元々得意でもないのに、そんな紙をブロックで5冊も
買いだめしてしまったものだから大変
たま〜に使わないと(^^;
posted by Baian at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記