******************《教室開講のご案内》*****************
実家の喫茶店の空き日(水曜・金曜)を利用して、水彩画教室をやっています。 初心者から経験者まで各々に見合った指導をいたします。水戸市内又は近辺の方で 水彩画を描いてみたいと云う方は是非どうぞ!! 詳しくはこちらをご覧下さい。→《水彩画教室
********《横浜講座のご案内》********
横浜で1日講座を行います。 (場所は上大岡駅から徒歩2分、赤坂孝史さんの教室です) 秋の湖畔風景を透明水彩の技法、手順で 空気感を意識しながら描いていただきます。 ご興味のある方、ぜひご参加ください!! 日時:2017年11月12日(日)    11:00〜16:00 場所:横浜市港南区上大岡1-17-26 KTMビル503 〈京急上大岡駅から徒歩2分〉 定員:10名 受講料:6,000円 お申込み、お問い合せはメール又はお電話にて!! メール:sf_watercolor@yahoo.co.jp
yokohama_workshop.jpg

2016年12月26日

朝焼け

クリスマスも終わり、年内のイベントと言えば
大掃除と大晦日くらいになったのでしょうか?

ま〜我が家の場合、大掃除は床張替えの時に
終えてしまった様なものなので、後は年賀状でも書きながら
のんびり正月の準備でもするとします。

絵仲間であり、かつて横浜で2人展をやった相棒の
瀧内秀一さんがイカ釣りに行った際に横浜の八景島付近から
早朝の東京湾を撮ったスナップが美しかったので
それをネタに描かせてもらいました。

その前に締め切り直前で切羽詰まった気持ちで描いてた
絵が終わったので、こちらはかなりリラックスして描きました(笑)

〈朝焼けの東京湾〉
ウォーターフォード ナチュラルC/P 40.0cm×30.0cm
tokyo_bay_hakkeijima.JPG

元写真はこちら
右前方の暗い部分は意識して明るめにしてみた
お日さまの周りの黄色い部分はレンズフレアかな〜?と思い
このまま描くと不自然な気がしたのでもっと柔らかな雰囲気にしました。
メインの舟は少し長体にして奥行き感を出してみた。
Tokyo_bay_takiuchiphoto.jpg
posted by Baian at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2016年12月17日

チロコロDAY

今日12/17は仲良し姉妹の旅立った日。
いつもはドライフードだったが、偶にパウチや缶詰をあげた時は
大狂乱だった二ひき(笑)
今日は特別だぞ〜! 大好きだった”かにかま入りマグロ”
思う存分食べとくれ♪(=^・^=)(=^・^=)

20161217_chirokoro.JPG

チーは2年、コロちゃんは8年になります。
時の経つのは早いですが
愛しい思いは募るばかりです
会いたいな〜
I LOVE YOU~, I MISS YOU~

かにかまマグロに無我夢中のチロコロ
kanikamamaguro.JPG

このふにゃふにゃ感が忘れられないのだ〜
with_chiron2.JPG

posted by Baian at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ねこ

2016年12月16日

あと2週間!

今月はクリアしなければならない問題や締切に追われ
気が付けば今年も残り2週間!
やばいです
どれも中途半端です。果たして間に合うのでしょうか(+_+)

そんな中、年賀状用にと描いたのが今回の絵。
来年の干支にちなんでモズですが
何でモズかと言うと
子供の頃、鳥と言えばツバメとモズが好きだったという
ただそれだけの理由です。

「もずが枯れ木で」という歌がありますが、
茨城の民謡だそうですね。知りませんでした
気分が盛り上がってついつい雪を降らしてしまい
新春のご挨拶には不向きな"ひゃっこい"(冷たい)
絵になってしまったのでボツと相成りました(泣)

ファブリアーノ・アルティスティコ トラディショナルホワイトC/P

mozu.JPG
〈もずが枯れ木で〉
【作詞】サトウ ハチロー
【作曲】徳富 繁

もずが枯木で鳴いている
おいらは藁を たたいてる
綿びき車は おばあさん
コットン水車も 廻ってる

みんな去年と 同じだよ
けれども足んねえ ものがある
兄さの薪割る 音がねえ
バッサリ薪割る 音がねえ

兄さは満州に いっただよ
鉄砲が涙で 光っただ
もずよ寒いと 鳴くがよい
兄さはもっと 寒いだろ
posted by Baian at 02:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2016年12月09日

少し早い大掃除

いよいよ師走に入りました。

この1週間、我が家は大忙し!
というのも冬場は結露がひどく、去年あたりから床がしけて
場所によっては踏み抜けてしまうのでは?..という有り様。
もう20年以上住んでる木造アパートですから
あちこち痛んできております。

夏場に不動産屋に床が抜けそうだぞ!と連絡してあったのですが、
いつまでも放置状態なので
かなりきつ〜く催促したところ
この年末の忙しい最中、工事の運びとなった訳であります。

まずは職人さんが床下に潜り込み、垂木で要所要所を補強。
その後、新しいフロアを増し張りするという3日間の工程です!

何が大変って物の移動ですよ
こんな仕事に職方が何人もくるはずがなく、おそらく一人
私を入れて二人。
二人で物が移動できる様に軽くしておかねばなりません。
居間とキッチンで14帖
オーディオ、PC、楽器、食器、etc・・
とにかく全て中身を段ボールにしまい、関係のない部屋や
外へ移動しました。
そもそも、お客さんを人工として使おうという腹積もりが間違いなのですが・・。
案の定、来たのは大工がたった一人でした。

2016-12-03_16-23-34_s.jpg

2016-12-03_17-31-02_s.jpg
築30年なので、床下はコンクリートではなく土のまま。
床根太の補修時に判明したのは断熱材が入っていない事。
寒いわけだよ〜(-_-;)
1枚分、床材が厚くなるので少しは違うでしょうか?
工事は私の段取りが良かったおかげで2日で終了(笑)
この際なので、外部の物置も含め色々と断捨離しました。
燃えるゴミが45Lの袋で18個、不燃物が8個になりました。
今年の暮れは大掃除はせずに済みそうです(^^♪
posted by Baian at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記