******************《教室開講のご案内》*****************
実家の喫茶店の空き日(水曜・金曜)を利用して、水彩画教室をやっています。 初心者から経験者まで各々に見合った指導をいたします。水戸市内又は近辺の方で 水彩画を描いてみたいと云う方は是非どうぞ!! 詳しくはこちらをご覧下さい。→《水彩画教室
********《横浜講座のご案内》********
横浜で1日講座を行います。 (場所は上大岡駅から徒歩2分、赤坂孝史さんの教室です) 秋の湖畔風景を透明水彩の技法、手順で 空気感を意識しながら描いていただきます。 ご興味のある方、ぜひご参加ください!! 日時:2017年11月12日(日)    11:00〜16:00 場所:横浜市港南区上大岡1-17-26 KTMビル503 〈京急上大岡駅から徒歩2分〉 定員:10名 受講料:6,000円 お申込み、お問い合せはメール又はお電話にて!! メール:sf_watercolor@yahoo.co.jp
yokohama_workshop.jpg

2014年12月25日

Merry X'mas!!

メリークリスマス!!

ツリーは飾らなかったけど

それっぽくやりました〜。

巻き寿司やチキンもあったけど写真取り忘れた

今年もあと6日です

2014_1224_223847_s.jpg

2014_1225_202112_s.jpg

2014_1225_202125_s.jpg

2014_1224_205421_s.jpg

2014_1225_202136_s.jpg
posted by Baian at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年12月24日

ありがとうございます!!

今日はクリスマス・イヴですね!
我家では今年はツリーを飾りませんでした。
面倒というのもあるけれど
場所がないというのもありますし
そんな気分でもないというのもあります。
でもチキンとケーキは食べたいかな(笑)

リビングには(ってほどのもんではないですが・・)
ダンボールに毛布を巻いただけの即席の祭壇
いつもは隣の部屋のシェルフの最上段にしてますが、
ここしばらくは私達の声が聞こえる場所においてあげたいと思います。
人間で言えば
チロンは初七日、コロンは七回忌にあたります。
ま〜そんな事はどーでもいいですが・・
同じ命日で、一緒に偲んでやれるので
ある意味親孝行な娘たちです..。

resize0156.jpg

今朝、きれいなお花が届きました!!
このブログを見てくださったSさんが送ってくださいました。
暖かいお気持ち、とても嬉しいです
本当にありがとうございました<(_ _)>
posted by Baian at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ねこ

2014年12月22日

雪景色

先週の件で
正直まだまだ尾を引いておりますが・・

それでも日常は流れて行く

昨日はバンドの連中と忘年会
夏のライブ以来の顔合わせでしたが
久しぶりに笑った笑った
やはり仲間はいいもんです♪

そう言えば、先週描いた絵をアップするのを忘れてました。
日に日に気温も下がり
日本海側はかなりの大雪の様子
そんなニュースを聞きながら描いてました。
今日は冬至だとか?
夕食にカボチャを食べたよ
ゆず湯にも入らないとね!

〈Snowing..〉
紙:ラングトン・プレステージ荒目 1/4シート
snowing.jpg


posted by Baian at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2014年12月19日

チロコロとの出会い

チーが逝って3日が経とうとしています。
丸1日家に置いてやり、昨日荼毘に付しました。
今は手製の祭壇に小さな骨壷が二つ並んでいます
あんな小さな生き物でも、居ないとこんなにも静かで寂しいなんて・・
改めてその存在の大きさを感じずにはいられません。
遺影の写真をどれにしようかとめくっていましたが
かなりの枚数あるので、けっこう悩んでしまいます。
そんな中..幼少の頃のもでてきたりして
当時はデジカメじゃないので枚数は少ないのですが..。
それを見ながら出会った頃を思い出してしまいました。


チロンとコロンは18年前の夏、実家の近くにある建設会社の産廃置場で拾いました。
コンクリートの瓦礫の中、ダンボールに入れられていました。
同じ柄が2匹ずつ、計4匹いて生後2〜3週間ぐらいだったでしょうか?
親猫から引き離し誰かが捨てたのでしょう。
私が通りかかった時はどこかの女の子がミルクをあげていました。
一度その場はやり過ごし、家に戻ったのですが
その日の夜には台風が直撃する予報が出ており
そのまま放置すれば生き延びる事が難しいのは明らかでした。
とにかく、一時的に保護しようとその場に戻り
ダンボールから飛び出し、瓦礫の中にてんでバラバラなった子猫たちを
ミャーミャー鳴く声をたよりにかき集めました。

残念ながら、その内2匹は小さすぎ体力もなく1週間以内に死んでしまいました。
そして柄違いのやたら食欲旺盛の2匹が残りました。
私は貸家に住んでるので、動物は飼えない規約になってます
なのでしばらくは里親を探していたのです
実際欲しいという方は数名いらっしゃいましたが
トラ柄の方しか人気がなく、白ブチが欲しいという人は一人も現れませんでした。
当時アメショーが流行ってたからかも知れません。
しかし、仲睦まじく寄り添う2匹を引き離すのがしのびなくなり、
情も湧いてしまった事もあり、大家には内緒で飼う決意を固めました。
実は実家では、これまで20匹以上の猫を飼った経験があるので
多少育てる自信はあったのです。

産まれて間もない子猫は母親の母乳から免疫体をもらいます。
でも私にはどんな母猫から産まれ、いつ引き離されたのかも分かりません
最初はとにかく薄汚れていて、異臭があり健康状態が気になったので
獣医に診せ栄養剤をあげたり、ノミ取りの処置を行いました。
2、3時間おきにミルクを与えなければならないので、日中は仕事場にも
連れていきました。
哺乳瓶の乳首をすぐに噛み切られて弱りました(笑)

そんなこんなで1ヶ月が経ち、すくすくと成長してきたので
もう大丈夫と思い、正式に名前を付けてやる事にしました。
それまで白ブチの方を「シロ」、トラ柄の方を「クロ」と呼んでいたので
「チロン」と「コロン」にしました。
なんとなく響きが気に入ったのです。
後々、実際に呼ぶときは「チー」と「コロちゃん」でしたが..。
その方が呼びやすく反応も良かったのです。

それ以後、私にとってかけがえのない宝物になったのです

拾ってから1週間くらい 小さかった
tirokoro1_s.jpg


4ヶ月 美人さんになってきました(^^
tirokoro2_s.jpg

6ヶ月 脚がしっかりしてきた、おてんばでした。
1996_1216_s.jpg

生後1年、すっかり大人の体格になった 何見てんのかな〜?
1997_s.jpg




posted by Baian at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ねこ

2014年12月17日

チー逝く

何をどう書けば良いのか言葉も見付かりませんが..
私達に様々な思い出を残して愛するチロンは旅立ちました。
本日午前0時を過ぎた頃でした
18年4ヶ月の生涯でした。

夕方頃まではご飯を何とか与えていたのですが
それ以降はかなり辛そうだったので、無理はやめる事にしました。
夜Wifeが仕事から戻ったので
相談し、以前大好きだった食事を与えました。
ここ1年ほどは味気ない療養食でしたので..。
スポイトにほんの少しでしたが、私達にはちょっと喜んでいる様に見えたのです。
こんな事ならもう少し早くあげればよかったと後悔が残ります。

それから2時間ぐらい伏せてましたが
徐々に呼吸が荒くなってくるのがわかりました。
突然立ち上がり、よたよたと私達の廻りを1周した後バタッと倒れ
見えないはずの目で私達を見つめたのです。
最後に何か言いたかったのでしょうか。
2、3分..いや1分ぐらいだったかも知れませんが
言葉には出来ないほどの苦しみ方をし、力尽きました。
いったいこの子が何をしたというのか
目も耳も声さえも失ったというのに
最後くらい穏やかに逝かせてあげたかった。

でもこれでやっと楽になれたね。
もう辛い思いはしなくていいんだよ
天国でコロンと一緒に思いきり駆け回ってほしい
12月17日..実は今日はコロンの立ち日
本当に仲が良かった2匹
生まれた日と逝った日が同じだなんて・・
もう十分頑張った、こっちへおいでよ
とコロンが呼びにきた気がしてなりません。

チー、長い間お疲れさん..ゆっくりとおやすみ
沢山の思い出と幸せをありがとう

2007_1225_031751_2_s.jpg
posted by Baian at 22:05| Comment(3) | TrackBack(0) | ねこ

2014年12月11日

頑張ってます

先々月の末から食事を取らなくなってしまったチロン。
流動食を日に4度作り、それを注射器のピストンを使って1時間おきに与えます。
水分はポカリスエットを水で倍に薄め、ほんの少しシロップを加え
食事の合間に与え、ゼリー状のビタミン剤は指で上あごになすりつけて
やります。
それに加え、吐き止めや甲状腺の錠剤も飲ませなければならず
私の指は穴だらけ
1日おきに病院に点滴もしに行きます。

それでも体重は1日20gぐらい減っていき
かなり限界に近づいてきました。
おそらく年を越す事はできないでしょう
寝床に入る度、一緒に眠るのは今日が最後になるかもと..
朝動いてるとホッとする毎日
目も見えず、耳も聞こえず、声さえも失いながらも
必死に生きようとする姿
見ているのは本当に辛いけど私達も頑張らねば。。

8〜9年前くらい、10才頃の元気なチー

2006_02040023_s.jpg

2006_02110001_s.jpg


太ってた!!
2006_03240068_s.jpg


TV(当時ブラウン管)の上でお得意のポーズ
2006_1007_162058_s.jpg


いつも一緒だったコロンと..。
2008_0408_005742_s.jpg
posted by Baian at 18:17| Comment(2) | TrackBack(0) | ねこ

2014年12月03日

今年もあとわずか

いよいよ師走に入りました。
来年は未年? ぼちぼち年賀状も考えなければなりません
印刷面倒なので印刷屋さんに頼んでしまおうかな〜

猫の介護でほとんど外出できない日々が続いております。
仕事その他の業務は自宅PCで間に合うのでいいのですが..。
合間を見て近くの公園をロケハン
だいぶ落葉してきましたね〜

前回に続き、七ツ洞公園から
<Good bye Autumn>
アルシュ荒目 1/4sheet
goodbye_autumn.jpg
posted by Baian at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩