******************《教室開講のご案内》*****************
実家の喫茶店の空き日(水曜・金曜)を利用して、水彩画教室をやっています。 初心者から経験者まで各々に見合った指導をいたします。水戸市内又は近辺の方で 水彩画を描いてみたいと云う方は是非どうぞ!! 詳しくはこちらをご覧下さい。→《水彩画教室

2013年12月31日

大晦日です

いよいよ大晦日
あと数時間で今年もお仕舞い

あっと言う間の1年

今年は何をやって過ごしたかな〜?
今ひとつ思い出せないのが情けないですが・・・
後でブログを振り返ってみるとしよう (^_^;

ここ数年、晦日はお決まりのパターン
正月の買い出し〜母の墓参り〜ソバ屋で年越し蕎麦
あとは家でのんびり正月を迎えます
皆さんはどんな年末年始を過ごされるのでしょうか?

そうそう、最近お気に入りのスーパーがあります。
どこか昭和の香りがする小さなお店ですが・・
大島陸橋を渡った郵便局のお隣にあります。
お総菜とお魚が美味しいんです♪
今日はお煮染めを調達
ひたちなか市の方でまだ行った事無い方は是非!!

2013_1231_114044_s.jpg


年内もう1枚、絵を描くつもりでしたが、時間がなくて無理でした。
なので、画材が乗ったワゴンを少し片付け

一応掃除したつもり(笑)
2013_1231_173615_s.jpg


この1年、こちらを訪れてくれた皆様に厚く御礼申し上げます<(_ _)>
あまり更新出来ませんでしたが、偶に思い出したら見てやって下さい
(^_^;

それでは皆さん、良いお年をお迎えくださませ〜!!
posted by Baian at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年12月25日

最近の絵3点

Merry X'mas!!

昨夜のイブは巻き寿司、Wife特製のオードブル、フライドチキン、
頂き物のケーキとシャンパンでささやかに..いや、ゴージャスに楽しみました(笑)

ここ最近の絵を3点UP!!

【大塚池公園】アルシュC/P 39.0×29.0cm
水戸市大塚町
Ohtsukaike_Park_s.jpg


【青柳の小道】
百円ショップで買った12色セットの絵具で描いてみました!!
キリマンジャロホワイト A4サイズ
100kin_paint_s.jpg

【白い社】
アルシュC/P 31.5×46.0cm
福島県会津若松市

原画は背景こんなに青っぽくないんですが、補正できませんね〜
White_shrine_s.jpg
posted by Baian at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2013年12月19日

JWS 11人展

今年も残すところ十日あまりとなりました。
何かと気ぜわしい時期ですね〜、年賀状作らなくては!!^_^;

上にも表示してますが...
来年の1/22(水)〜1/28(火)、横浜SOGO 9F
の〈ギャラリーダダ〉にて
”冬の日本透明水彩会11人展”が開催されます。
私を含め11人の水彩作家さんが約4点ずつ展示します。
最寄りの方、透明水彩にご興味のある方は是非ご観覧下さいませ♪

それに合わせ1/26(日)にワークショップをやります。
・・が、こちらはお陰様で満席となりました。
お申込みは締め切らせていただきました。
間に合わなかった方、ゴメンなさい。次の機会には是非!!
当日はスケッチが活き活きと見えるテクニックや画材の使い方を
紹介する予定です!!

JWS11.jpg


posted by Baian at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2013年12月14日

くどうさとしさんの本

先月末、JWSでご一緒のくどうさとしさんが本を出されました。

タイトルは「失敗しない水彩の画材選び」

2013_1214_115612_s.jpg

透明水彩画に必要な用具が丁寧に解説されてます!
「水彩の画材」にスポットを当てた本はこれまで無かった気がします。
用具の使い方から技法まで分かりやすく書いてあるので、
とても為になりますよ!!

こちらはAmazonでも入手出来ます。

・・で、この中に
くどうさんの作品はもちろんですが、
青木美和さん、赤坂孝史さん、阿部としゆきさんと共に
私の作品も作例として1枚紹介されてます!!

了解は取ってませんが、ここだけは見せてもいいかな?(笑)
依頼を受けた時の条件がアルシュとウォーターフォード以外でとの事でした
はて、困った?
だって最近はアルシュとウォーターフォードしか使ってないからね(^_^;
何枚か送って、選んで頂いたのがコレ
MBM木炭紙に描いたスケッチ
簡単な手順も載ってます(^^

クリックすると大きくなります。
2013_1214_115648_s.jpg
posted by Baian at 12:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 水彩

2013年12月08日

忘れた

自分でも訳の分からん事を書いていたら
絵を貼るのを忘れてしまった^_^;

青柳〜柳河にかけての田園地帯は最近お気に入りのスポット!
特に夕方、日が暮れる直前は美しい
ここは四季を通じて描いてみたい

《青柳のネギ畑》
アルシュC/P 1/4sheet

negibatake_s.jpg
posted by Baian at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

無題

ホームページ更新。
最近は月に1、2回のペースでの更新になっております。
ソフトが重いのか、PCが古いのか、絵が増えすぎたのか
多分そのどれもだと思いますが、
あまりのレスポンスの悪さに参ってしまっている。
なので、ついつい億劫になりがち

いずれ新しいPC買ったらHPの整理をしよう
数えたら340枚あった
正直、今見るとはずかしいのも随分ある。
でもその時は一生懸命だったはず
だから私は削除していない
せめてその時の自分に敬意を表したい
今描いてるのも1年後ははずかしい..かも?
多分これは永遠に続くんだね

最初の1枚目は2005年の3月、その年はわずか2枚しか描いてない(笑)
ホントにお気楽な趣味だったんです
いつから?
こんなに本気で描き出したのは...?
自分でも分からない
手帳も付けられない自分がここまで続けてるなんてね(笑)
ましてや他人に教えるなんて考えもしなかった。
今だって教えてほしいぐらいなのに^_^;

何を書いてるのか分からなくなってきたので、
これからも宜しくって事で...おしまいですm(__)m
posted by Baian at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

お気軽タイプ

先週の事ですが、夜ぼや〜っと部屋を眺めていたら
棚の隅っこに小さな三脚を発見!
以前、旅行用に買ったものです。

何かコレで作れないかな〜?
そう思ったら居ても立ってもいられない性格(笑)
コンパクトなイーゼルをこさえる事にした♪
スケッチにはじっくりタイプとお気軽タイプの2パターンがあって
それぞれに持って行く用具も異なります。

お気軽タイプは軽量な用具をA4サイズのバッグに収めてます。
モレスキンというイタリアの手帳メーカーの水彩ブックを主に使ってましたが、
ちょっと乾きが早いんですよね、この紙
なのでA4のシナベニヤに三脚に合うナットを付けて
画板にすれば水彩紙A4,F3,1/8シートが使えます。

2013_1208_154707_s.jpg

パレットテーブルも作りました。
これまでスケッチブックを手に持ち、筆やパレットはその辺に置いて
描いてましたが、足場の良い所ばかりではないですから・・
道具が転がって大変なんです。
でもコレがあれば安心(^^

同じくシナベニヤを加工して作りました。
A4の鞄に収めたいので、2分割にしてマジックテープで固定します。

2013_1208_154800_s.jpg

2013_1208_154821_s.jpg

2013_1208_154948_s.jpg

用具1式この鞄に入ります
easel2.jpg

こ〜んな感じに出来ました!!
easel3.jpg
posted by Baian at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 画材

2013年12月02日

アナログ好き

昨日は月一のスタジオ

メンバーは10代からの仲間が多い
この歳になっても続いてるのは奇跡か?
はたまたリハビリか(笑)

足下にあるのはエフェクターというもの。
音を歪ませたり、揺らしたり、遅らせてエコーの様な効果を出したりするもの。
最近のデジタルを使えば、数十種類のエフェクトが内蔵されてるので
何百種類もの組み合わせをパッチ(記憶)できるのですが・・
私も持ってはいるけど、家でしか使わない。

ほんの数台しか繋げませんがアナログが好き。
ツマミや針があって、今この辺ってのが視覚で分かるのがいい
劣化やノイズがあるかも知れないけど
かえってそれがデジタルにはない暖かみを作ってる気がする。
人間くさいっていうか...そんな音が出る気がする
気のせいかも知れないけど(笑)
見た目も好きだな♪

studio.jpg

posted by Baian at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2013年12月01日

実家の喫茶店にあるサボテンを描いてみました。

通称〈カニサボテン〉というらしいです。
そう言えばそんな形してますね
花を描くのは何年ぶりでしょうか?
花だけというのは何故か描く気が湧きません
風景の1部として、又は風景の主役としてならいいかなと思ってます。

〈窓辺のサボテン〉アルシュ荒目
Cactus_of_the_window_scan_s.jpg
posted by Baian at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩