******************《教室開講のご案内》*****************
実家の喫茶店の空き日(水曜・金曜)を利用して、水彩画教室をやっています。 初心者から経験者まで各々に見合った指導をいたします。水戸市内又は近辺の方で 水彩画を描いてみたいと云う方は是非どうぞ!! 詳しくはこちらをご覧下さい。→《水彩画教室

2018年07月16日

無題

めっちゃ暑いですね〜( ;´Д`)
家の中でエアコン付けていても利きが今ひとつです。
十分水分取って熱中症に注意ですね!

週末に描いた絵ですが、
ねらった効果とは程遠いものとなり、
残念な仕上がりと相成りました。
これも暑さのせい?

さすがにフェイスブックには投稿できないけど
記録としてここにはUP。
水戸の大塚池公園で夕刻間近
なんて言うんですかね、水面の遊歩道みたいなやつ?
画面を上下に分断した構図も面白いです
鴨のツガイや水面からの木杭もいい感じ♪
奥の住宅も逆光で細部は不明ですが、フレアを含んだ光の道筋が
綺麗だったので描いてみました。

全体的に筆数が多くなりうるさくなってしまった気がします。
光の粒はマスキングですが、はがした後のエッジ処理が
意図した様にはいきませんでした。
要するに光を感じない
A4サイズの紙にコテコテ描き過ぎたか?
原画はそうでもないが、画像にするとメリハリも今ひとつな感じです。
自分の目で見て、良し悪しの判断がつかない時など
写真に撮ってみると一発で分かります。
修正が効く場合は良いですが、時既に遅しってことが多いので、その時は潔く諦めましょう(笑)
失敗の原因を見きわめ、次につなげるのが大事かと!
題材は悪くはないと思うのでいずれリベンジしたいと思います。

ファブリアーノ・アルティスティコ エクストラホワイト
C/P 28.0×20.0cm

otsukaike_sparkle2.jpg
posted by Baian at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2018年07月08日

ヤドリギのある風景

西日本や北海道で記録的な大雨で甚大な被害が出ていますね(;_:)
ニュース映像を見る度、心が痛みます。
3年前には常総での洪水もあったし、どこにでもあり得ることで
本当に日本は災害の多い国なのだとつくづく思ってしまう。
何らかの備えはしておかなければ...と、毎度思うのですが
いつも後回しにしてしまう自分が情けない(-_-;)

日本中が大変なときに、絵なんて描いてる場合か!
とお叱りを受けそうですが、
フランスのノルマンディーで見た農家の一画。
ヤドリギという丸い寄生木があちらこちらにあって
錆び付いた赤い屋根の家畜小屋?とその周りの緑との
マッチングが美しく
牧畜を主流としたフランスの田舎風景はこんな感じ
のところが多かった気がします。

ファブリアーノ・トラディショナルホワイトC/P
19.5×27.0cm

yadorigi_redroof.jpg


posted by Baian at 12:06| Comment(5) | TrackBack(0) | 水彩

2018年07月03日

朝焼け

梅雨明けたと同時に猛暑でとろけそうです(ノ´Д`)

絵を描いてる部屋はエアコンなしなので、
となりのエアコン付きの部屋と開けっ放しで
何とかしてますが、やはり完全には冷えません。
絵も大きなサイズはやる気になりません。
なのでA4のボードに水張りして、このくらいならと
短期決戦でやっております(^_^;)

こちらはわりと近くの名所
知ってる人は知ってる
知らない人はまったく知らない
その昔、水戸黄門こと水戸光圀が百種類の木を
植えたので「百色山」と呼ばれている
那珂川の中州のような場所。
もう何度も描いている場所ですが・・
今回は生徒さんが早朝に撮ってきてくれた写真から
多少アレンジして1枚

ファブリアーノ・トラディショナルホワイト C/P
19.0×28.0cm
hyakuiroyama_morn_ship3.jpg

posted by Baian at 00:14| Comment(6) | TrackBack(0) | 水彩

2018年06月29日

OVERDRIVE

暑い日が続くな〜と思っていたら、なんと梅雨明けとか!?
関東甲信地方では6月に梅雨明けは初めてのことらしい。
降雨量は平年の6割程度、水不足にならんと良いのですが..。

学生時代の仲間とバンドをやってますが、ここ数年は間が開くことも多く、場合によっては半年くらいメンバーと顔を合わせない期間も珍しくなくなってきました。
そういう訳で独りで音出して遊んでますが、ギター弾きは足元にオモチャが色々とあるので退屈はしないのですよ。
あ、もうここからはギター弾きにしか関係のない話しでして
ただの記録として記しておくだけなので興味の無い方はスルーしてください。

オモチャって言ってるのはコンパクト・エフェクター
その老舗にBOSS(ボス)という音響メーカーがあります。
その中でも真空管アンプの歪みを小型アンプの小さな音量でも再現できる「オーバードライブ」の登場はセンセーショナルなものでした。

OD3_3.jpg

↑の写真の中央の「OD-1」がまさにその1号機。40年前に買った最初のエフェクター!
大きなアンプで歪みを作れるプロにはソロパート時に音量を上げるブースターとしても人気を博したモデルです。

この黄色いBOX、現在は伝説の名機としてプレミアがついてますが、初期の物はパイロットランプが踏んだ時しか点灯しないので正直ON/OFFが分かりづらい。
その後の後継機種もそれぞれ特徴があり、写真左右の「SD-1」「SD-2」などをもっぱらブースターとして愛用してましたが、ここ10年はピッキングニュアンスが最もOD-1に似ているかなと感じたアイバニーズのチューブスクリーマー「TS9」をつないでおりました。

↓ 右端がアイバニーズのTS9
ts9.jpg

そんな中、「OD-3」はボスのODシリーズとしては私が購入したものとしては一番新しく(..と言っても20年前ですが)OD-1的な倍音と歪みの心地良さを求めていた自分としてはかなり期待外れなものでした。

↓ OD-3
OD3_2.jpg

それ以来まったく使ってなかったのですが、TS9の替わりにこれを入れてみたら
これがチョ〜いい感じ♪
これまでTS9やSD-1はピッキングニュアンスは良かったものの、
ブースターとしての音抜けには少し不満があった。
これはいい!こもる感じがないし音量のレンジも広い
コンプ感のあるBD-2と合わせた倍音もキレイだぁ〜
歪みだけでなくクリーントーンのブーストにも使えそう。
20年前はオーバードライブ単体での比較だったので、この良さが分からなかったのかもしれない。
しばらくはこのOD-3で遊んでみるとしよう!

posted by Baian at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2018年06月25日

庭の雑草

今年は実家のアジサイは今一つの感じです。
例年よりも随分と数が少ない気が・・
もしかしたら親父が切ってしまったのかも知れません。

先月くらいまで実家の庭を賑せていたのは「紫花菜」という雑草
通称「ハナダイコン」ですが、以前親が”大根の花”と呼んでいたものです。
当時は花などに興味はなかったので、我家は庭で大根を作っているのか?
などど漠然と思っていたものですが、当然のことながらいわゆる大根とはまったく違うアブラナ科の植物。

薄紫色の4弁の花びらが可憐ですな〜
あまり花は描きませんが、描く時はその辺に生えてる雑草に興味を引かれることが多いのです。

〈紫花菜〉
アルシュ Cold Pressed 19.0×26.0cm
hanadaikon.jpg
posted by Baian at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2018年06月23日

偶には淡彩

教室に来ている生徒さんのなかでも最古参の方から
ペンで描画し、淡彩で描いてみたいとの要望有り。

当教室ではそんな描き方では教えていないのですが、
たまには気分を変えてもらうのいいかもと思い
耐水性のボールペンと
淡彩なのでいつもとは違う安価な紙を水張りしていく。
・・が、いざ始めようとすると
やっぱり嫌だと言い出した^^;
ペンだと修正が効かないので気後れした模様。

仕方がないので、鉛筆で淡彩に変更
モチーフはウクライナのカフェ。
曇りで影は殆どなかったが、強めに入れてみました。
窓の飾り格子は白のゲルインク顔料のボールペンを使用
どうせならもう少し鉛筆の調子を出した方が良かったですね..反省

〈カフェ〉
クレスター水彩紙 22.5×31.5cm
cafe_Uklaine.JPG
posted by Baian at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩

2018年06月19日

那須の用水路

一昨年、那須方面に行った際、雨上がりに宿の近くを散策。

宿は家族で営んでいるペンションだったが、オーナー夫妻に
近隣の散歩コースを聞き、少し歩いたところに用水路がある
というので行ってみた場所。
本当にこれが用水路なの?と思うくらい風情のある小川が流れていた。
あいにく陽は射さなかったが、しっとりした草木の香りもいいもんだ♪
いずれ描こうと写真を撮っておいた。

2016-10-17_10-03-12s.jpg

水彩紙はラングトンのコットン紙、プレステージの中目を使用。
9年前にブロック紙で購入したものだが、その時描いた感覚としては発色は良いが、ざらつき感があり少し描き辛いと思った。
乾いてしまうと絵具の定着が強く、修正もあまり効かない
結構値段もしたので、使い慣れたアルシュやウォーターフォードと比較してもあまりメリットは感じなかった。

という訳でまだ半分あまっているのですが、水張りして久々に
使ってみました。
アレ?
けっこう描きやすいではないか^_^;
何だったんかな..あの時の使用感は??
以前はブロックのまま描いたが、今回は水張りしたので表面のサイジングが馴染んでざらつきが無くなったのかも知れません。
実はプレステージの荒目のシート紙は英国の画材サイトから購入した事が有り、そちらはとても描きやすかったのでした。

〈ラングトン・プレステージ中目 30.5×39.5cm〉
那須の用水路.JPG



posted by Baian at 16:33| Comment(3) | TrackBack(0) | 水彩

2018年06月17日

Father's Day

Father's Day

本日は父の日。
正月以来、家族が集合
東海村の「魚住」さんでささやかですが食事会

2018-06-17_19-48-12_trims.jpg

ここは魚屋さんがやってる食堂なのでお刺身は最高!
2018-06-17_19-47-00s.jpg

フライや天ぷらも美味しい♪
2018-06-17_19-44-02s.jpg

親父も83歳、足腰がだいぶ弱ってきたらしい。
行きつけの飲み屋がやめてしまったので、
外でのアルコール摂取は久しぶりらしく酔いが回るのが早かった様だ。
2018-06-17_19-16-02ss.jpg

外にも可愛いお客さん
まだ1歳未満の猫ちゃん
2018-06-17_20-31-28s.jpg

ガラス越しだが、かなり人に慣れてる様子。
2018-06-17_20-34-16s.jpg
いや、もしかしたらここで飼っているのかな?
栄養状態は良さそう
いつも美味い魚をもらっているのかもね(=^・^=)
posted by Baian at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年06月16日

PC昇天

メインのパソコンがWin10の更新プログラムを自動実行した。
6時間経過したが、あまりに終わらないのでそのまま寝る事に..
目覚めて確認したらそのまま先に進まずフリーズ状態!
12時間はいくらなんでも異常でしょ?
仕方なしに強制終了し再起動した結果..やっぱダメでした。
今まで使えていたのに酷い話しです。
こんな大量の更新プログラムを勝手に書き換えるのはやめて欲しい

この2日間、あれやこれや試したが私の知識では修復出来そうもない
ので、諦めてサブのWin7のノートPCを使うことにするが、
画面が小さい上に老眼も急激に進み見づらいので、
以前使ってた液晶モニターもつないでみる。
幸い重要なデータはバックアップしている(つもり)
当面はこれで何とかなると良いのですが(-_-;)

note-pc.jpg
posted by Baian at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年06月06日

6月6日

いよいよ梅雨入りか?
今日は6月6日か〜
と思ったら何気に思い出したのがこちら


これを懐かしいと感じるのはうちらの年代だけか??
posted by Baian at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽